2013
12
23

翠星のガルガンティア 第15話 OVA 「まれびとの祭壇」 感想

翠の星 #15

地球に流れ着いたクーゲル中佐と船団の巫女リナリアとの出会いの過去話。

翠の星 #15

第1話の裏、クーゲル中佐が地球に降り立ってからのお話で、レドと再会したときにはすでに死亡していたクーゲル中佐とマシンキャリバー ストライカーがどういう経緯で船団と地球の人々の啓蒙活動を行っていたかが分かる補完エピソードでした。


クーゲルは海賊船団の姉妹たちの抗争に遭遇し、地球の情報を得る代わりに船団の安定を願うリナリアに協力、神の御使いとして崇められる立場を演じることになったのですが、クーゲルは普通に上官としても人としてもいい人だったのですね。クーゲルは弱者を切り捨てる銀河同盟の規定に囚われずに、地球の人びとを導き、救おうとしていました。病に犯されていたリナリアが死んでしまうまでは……。


翠の星 #15

リナリアが病気でなければ、またストライカーがチェインバーだったら、クーゲルの救済のやり方も人生も変わっていたかもしれない。そう思うと人と人との出会いやめぐり合わせの運命というものを感じずにはいられません。同じように地球に降り立った銀河同盟軍の兵士のレドとクーゲルは違う生き方をしたんだなぁ…、と。

ストライカーがリナリアの遺言の映像を使ってクーゲルをそそのかしたように見えますが、あくまでもストライカーはパイロット支援啓蒙システムなんですよね。行き過ぎ感はありますがストライカーは銀河同盟の思想を優先する職務と使命に従っただけで…。クーゲルもリナリアを失うまではこの地で同盟の思想に縛られることはなかったのにね。

という訳で、常識人でいい人だったクーゲルが強硬的手段で人類を啓蒙することになった経緯のお話でした。クーゲルが死んだのもおそらくリナリアと同じ病に感染したからなのでしょうね。本編で語られなかった裏の話を観られて面白かったです。



翠の星 #15
翠の星 #15

海賊船団の姉妹の末っ娘 リナリアが可愛かった。リナリアは船団のことを考えていて、優しくて、献身的ないい子でした。だからこそその死がクーゲルに大きな影を落としたのが何とも言えず悲しい。



翠星のガルガンティア カテゴリの記事

翠星のガルガンティア 第01話 「漂流者」 感想
翠星のガルガンティア 第02話 「始まりの惑星」 感想
翠星のガルガンティア 第03話 「無頼の女帝」 感想
翠星のガルガンティア 第04話 「追憶の笛」 感想
翠星のガルガンティア 第05話 「凪の日」 感想
翠星のガルガンティア 第06話 「謝肉祭」 感想
翠星のガルガンティア 第07話 「兵士のさだめ」 感想
翠星のガルガンティア 第08話 「離別」 感想
翠星のガルガンティア 第09話 「深海の秘密」 感想
翠星のガルガンティア 第10話 「野望の島」 感想
翠星のガルガンティア 第11話 「恐怖の覇王」 感想
翠星のガルガンティア 第12話 「決断のとき」 感想
翠星のガルガンティア 第13話 「翠の星の伝説」(最終話) 感想
翠星のガルガンティア 第14話 OVA 「廃墟船団」 感想
翠星のガルガンティア 第15話 OVA 「まれびとの祭壇」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ