アウトブレイク カンパニー #11 ミュセル

知らされた日本政府の思惑。慎一の対抗策とエルダント帝国の運命は…!?

アウトブレイク カンパニー #11
アウトブレイク カンパニー #11
アウトブレイク カンパニー #11

慎一が甚三郎から聞かされた日本政府の陰謀。経済も違えば魔法も使う未知の相手国に対して、自衛隊も動かせない状況で、日本政府が取った方法は文化的侵略。オタク文化を使ってエルダント帝国を絶対的影響下に置き、すべての外交を有利に進める。それは手軽な可能性の1つに過ぎず、慎一はどうとでも処理できる都合の良い捨て駒だった。
深く考えずに見ればなかなか理に叶ってるし、こういう物語の裏も見えていたし、何よりオタク文化とファンタジー世界が作品のモチーフなのだから、面白い展開です。


アウトブレイク カンパニー #11 ミュセル
アウトブレイク カンパニー #11 ミュセル

働き振りを褒められてさらにやる気を出していた慎一が利用されていたことを知ってまた引きこもってしまったけれど、慎一が自分の思いを信じて、エルダントのために自分に出来ることをすると立ち直ったのが良かった。それを支えたのがミュセルの言葉で、ミュセルがヒロインでした。わたしはミュセルもペトラルカも好きなのでちょっと複雑な気持ち。


アウトブレイク カンパニー #11 ミュセル

しかし純真な女の子の想いと涙にはグッときますね…( ̄▽ ̄*) ミュセルかわいい。



アウトブレイク カンパニー #11

エルダントでオタク文化を自給自足すればよその国の支配を受けないというのは確かにそうなのですが、このエピソードとしては落としどころをどう持ってくるのかな。まだ物語が続くなら慎一は日本政府の意向を何とかしていかないといけないのだけど、その前にこのアニメに一区切りつけるにあたって作風的にも慎一が日本と敵対したままでは話を締められないよね。

オタク文化の功罪という布石が最後にも活きてくるのでしょうか。オタク文化には悪影響もあるけれど素晴らしいものがある、人びとがそれを選び取ってお互いに理解し合えばきっと世界はいいものになる、というようなメッセージで締めれば作品的にも相応しいかなと思ったのだけど。



アウトブレイク カンパニー #11
アウトブレイク カンパニー #11

官僚としての甚三郎の言動は理解できる、だけど甚三郎の真意はどうなのかな。政府の傀儡で終わるのか、それとも黒いと見せかけていい人なのか? 細目キャラはやはり裏があるのか? 甚三郎の細目が開眼したのがちょっと怖いよ(^^;



アウトブレイク カンパニー #11

来週はとうとう最終回。終わってしまうのは寂しいけれど、この作品らしく爽やかに、オタク魂を忘れずに、物語を締めてほしいな。



アウトブレイクカンパニー カテゴリの記事
アウトブレイク カンパニー 第01話 「気が付けば異世界」 感想
アウトブレイク カンパニー 第02話 「萌えるお世話係」 感想
アウトブレイク カンパニー 第03話 「汝の名は侵略者」 感想
アウトブレイク カンパニー 第04話 「ケモノなスパイ」 感想
アウトブレイク カンパニー 第05話 「やっぱり異世界」 感想
アウトブレイク カンパニー 第06話 「サッカー…サッカー?」 感想
アウトブレイク カンパニー 第07話 「メイド イン ジャパン」 感想
アウトブレイク カンパニー 第08話 「皇帝陛下の憂鬱」 感想
アウトブレイク カンパニー 第09話 「水着の黙示録」 感想
アウトブレイク カンパニー 第10話 「魔法少女ペトラルカ」 感想
アウトブレイク カンパニー 第11話 「深く静かに陰謀せよ」 感想
アウトブレイク カンパニー 第12話 「侵略者を撃て!」(最終話) 感想

関連する記事
アウトブレイク カンパニー エンドカード

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*アウトブレイク・カンパニー TBS(12/12)#11[ ぬる~くまったりと ]
2013/12/13(Fri) 21:37

第11話 深く静かに陰謀せよ 公式サイトから日本政府の持ち込んだオタク文化が浸透し、ついに自らライトノベルを書き出す生徒が現れたり、日本から輸入された新作を生徒が奪い合う事態にまで発展していた。需要と供給のバランスが崩れてしまっている、もっと多くの作品を仕入れて欲しいと的場に依頼する慎一。しかし的場からこの計画の真実が明かされる。 ラノベ翻訳の合間にオリジナルを書いたエドアルド。上手い、良く...

*アウトブレイク・カンパニー 第11話「深く静かに陰謀せよ」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/12/13(Fri) 21:56

神聖エルダント帝国にもすっかり根付いてきたオタク文化。 的場にその功績を誉られる慎一だったが… 政府の真の目的が、オタク文化での侵略であったと知ることに! 正体を現した的場さんの目が怖すぎます(^^; 元ヒッキーの慎一に抵抗する方法はあるのでしょうか?

*侵略者の憂鬱と【アニメ アウトブレイク・カンパニー#11】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2013/12/13(Fri) 23:08

TVアニメ「アウトブレイク・カンパニー」エンディングテーマ 『私の宝石箱』(2013/11/06)ペトラルカ・アン・エルダント三世(CV 渕上舞)商品詳細を見る アニメ アウトブレイク・カンパニー 第11話 深く静かに陰謀せよ 暗転、そして…

*アウトブレイク・カンパニー 第11話 『深く静かに陰謀せよ』 日本政府の真意は侵略!ミュセルの励ましは最高だった。[ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2013/12/14(Sat) 09:31

オタク文化は麻薬。慎一の布教活動により過剰とも言えるほどエルダントに受け入れられたオタク文化。文化の爆発的感染拡大、タイトルにある「アウトブレイク」の体現です。新しい漫画は奪い合いになり、あるものは模倣に熱中し、またあるものは続きが気になって仕事が手に付かないありさま。これは弊害が出てきたパターンかな、と思ったら問題は更に大きかった。 慎一の注文に対し供給不足にしていたのは政府の意図。オタク...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ