レインボーライヴ #34

チャリティーショーへの出演を依頼されたなる。みんなで手をつなげば何も怖くない。

レインボーライヴ #34

今週はなる回。物語の中のなるの立ち位置と可愛さと魅力をあらためて描いたお話だったと思う。

あんの揺れる恋心、わかなの転勤、失意のヒロ、そしてりんねとジュネ。みんな何かを抱えて悩んでる。だけどきっとみんなで手をつないで心をつなげば乗り越えられる、みんなでハッピーになる。それを子供たちに向けたなるのステージで重ねて示してみせた。


レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34

印象的だったのはなるの心のキラメキに反応してあんやべるたちのセヴンスコーデが発動したこと。ここまで直接的だったり間接的なきっかけだったり、なるがみんなの心の架け橋になってることが多かった、そしてなるはこれからもみんなの心をハッピーにしてつなげていく。なるのハピなるになりたい、したいという純粋な気持ち、その無垢ゆえの大きなチカラと輝きが眩しい。


レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34

でも物語としては同時に悲劇もはじまっているのでしょうか。りんねとジュネのことが気になります。プリズムの輝きを受けてりんねが少しずつ自分や記憶を取り戻しはじめてる、だけどそれに合わせるようにジュネの表情が曇っていくのです。まるでりんねとジュネが裏表で1つになっているように…。プリズムワールドに戻らなければいけないりんねと、ずっと聖のそばにいたいと願うジュネ。そして「ずっと一緒だよ」というなるとりんねの約束。切なさが見える今後の展開が楽しみです。



レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34

敵は自分の中の壁、友だちだから何でも話して、と言ったベルがオトナになってた。最初の頃の高飛車キャラを思うとちょっとばかり残念な気もしますが(^^;、べるの成長が素直に嬉しい。「友だち」という言葉にまだ少し照れのためらいを見せるべるが可愛い。



レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34
レインボーライヴ #34

なるとりんねのデュオステージが良かった、可愛かった! ハピなる全開のなるが4連続ジャンプを跳んでも驚かない。


レインボーライヴ #34

わたしはなるとりんねが好きなので、なるとりんねの百合ップルが最高です。( ̄▽ ̄*) はぁーん!
だからこそ「ずっと一緒」の約束に切なくもなるのだけど。それがまた良いのです。掴めなかった手が再びお互いの手を取り合う展開が楽しみ。




Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ