2013
11
18

幻影ヲ駆ケル太陽 第14話 番外編 「踏み込めない心」 感想

幻影太陽 #14

太陽に照らされて廻り出す2つの運命の歯車。

幻影太陽 #14

第14話の特別篇は冬菜とるなの過去エピソード。それぞれの過去と出逢いとすべてのつながりが明かされて、ほんのちょっとした巡り合わせが運命を決めるのだと思わずにはいられない、そして本編を観終わった後だからこそ逃れられない運命の残酷さに胸が締め付けられる、キャラと物語の掘り下げ回としてとてもいいお話でした。


幻影太陽 #14
幻影太陽 #14

この話のテーマは"対比"から浮かび上がる"運命"だったと思う。眩しすぎる太陽から目を逸らしてしまった冬菜と、逃げることをやめて前を向き太陽を守ろうとしたるな。2人とも"太陽"のあかりと出逢っていたのですね。けれど同じ太陽からそれぞれが選び取った運命はまるで光と影のように対照的なものに。


幻影太陽 #14
幻影太陽 #14
幻影太陽 #14

るなが前に進もうとするきっかけになったのは冬菜が置き忘れた自作小説を読んだからですよね。でももしるなが冬菜のノートを見つけなかったら…? もし冬菜がもう少しだけ早く図書館へ戻ってるなから感想を聞けていたら…? どちらもが違う選択に転ぶ可能性はあった。それを分けたのは心の弱さではなく、運命の気まぐれと呼ぶほかありません。…何だか運命の残酷さ、運命の深淵を覗いた気がした。

今回あかりが冬菜に選んであげたノートは本編の最後にあかりが冬菜の想いを知ることになったものですね。確かに通じ合っていた2人の心を感じられるのがまた切ない。




幻影太陽 #14
幻影太陽 #14
幻影太陽 #14
幻影太陽 #14

プリシラとメルティナのシャワーのサービスシーンとともに2人の過去話も少し語られましたが、「戦えるのは仲間がいてくれるから」という台詞が良かった。その言葉はそのまま後輩のあかりやせいらたちの物語につながってた。


幻影太陽 #14
幻影太陽 #14
幻影太陽 #14

またぎんかちゃんと逢えた。ぎんかがやっぱりカワイイ。ぎんかがいつものようにたこ焼きを食べてるのが見えてほっこりした。



幻影太陽 #14

この番外編は『幻影ヲ駆ケル太陽』という作品に相応しい、運命というものを感じさせるエピソードが面白かったです。特別篇でよくあるきゃっきゃうふふやコミカルなお話ではなかったけれど、物語の前日譚が観れて良かったし、このまま本編の悲劇の話に続いていくのを知っている切ない気持ち込みで面白かったです。

スタッフとキャストのみなさま、とても良いエピソードをどうもありがとうございました!



幻影ヲ駆ケル太陽 カテゴリの記事

幻影ヲ駆ケル太陽 第01話 「太陽の黒点」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第02話 「血塗られた未来」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第03話 「とむらいの声」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第04話 「これは絵なのだろうか?」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第05話 「ああ、金、金!この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか!」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第06話 「星とともの果てに」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第07話 「華麗なる休暇」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第08話 「こぼれおちる水」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第09話 「月の光、太陽の陰」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第10話 「燃え尽きるような」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第11話 「君のみち」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第12話 「運命の選択」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第13話 「太陽の微笑み」(最終話) 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第14話 番外編 「踏み込めない心」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ