--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
11
17

リトルバスターズ! ~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想

リトルバスターズ! Refrain #07

繰り返される世界、壊れていく日常、物語のリスタート。

リトルバスターズ! Refrain #07

世界が再び巻き戻り、5月13日へ。だけど恭介の様子がおかしくなってるからなのか、鈴の人見知りが激しくなっていて、リトルバスターズのみんなの心もバラバラになったままです。


リトルバスターズ! Refrain #07
リトルバスターズ! Refrain #07

でも恭介が引きこもってしまったことで、代わりに理樹が自分で踏み出して成長することにつながってる。世界の秘密を解き、みんなの絆を取り戻そうと決意する理樹のその強さは、みんなが理樹にくれたものなのですよね。次々と切り替わる場面カットにこれまでの日々の友情と楽しさが思い出されてグッときた。

生きることは失うこと、確かにそうだと思う、でも同時にきっと生きることは作り上げていくことでもあると思う。友情も、絆も、居場所も、想い出も、作っていけばいい。


リトルバスターズ! Refrain #07

ここからもう一度、今度は理樹と鈴が自分たちのチカラでみんなとの絆を取り戻すことで、本当に強くなれる。本当のあるべき世界へと踏み出していける。それがこの話が辿り着く結末で、2人をずっと見守ってきたリトルバスターズのみんなの願い。

リフレインにしてリスタート。ここから最後の、そしていよいよ本当のエピソードがはじまった、という感じですね。みんなの心が再び1つになっていくのが、そして最後には切なさと感動が待っていると分かるのが、楽しみだ。




リトルバスターズ! Refrain #07

恭介の様子がおかしいのが気になりますが…、恭介も間違ったことをして悩む人間だということか、これも恭介の思惑通りなのか、それとも以前に唯湖のときに感じたように恭介自身に何かが起こってる…?


リトルバスターズ! Refrain #07
リトルバスターズ! Refrain #07

鈴のものすごいノーコン投球を久しぶりに見れて懐かしくて、笑えて、そしてちょっと切なくなった。みんなの絆は1つに結ばれるはず、でもみんな一緒の世界にはもう戻れないんだ…と思えてきて。


リトルバスターズ! Refrain #07

でもラストの鈴の笑顔に希望が持てる。青く澄み渡る空を背景として大きく映し込む演出がいいね。すべてを乗り越えて辿り着いた答えの向こうにはきっとこんな青空が広がっているんだ。



関連する記事

リトルバスターズ! 感想

リトルバスターズ! ~Refrain~ カテゴリの記事

リトルバスターズ! ~Refrain~ 第01話 「それは突然やってきた」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第02話 「そのときも雨が降っていた」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第03話 「ずっとここにいたかった」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第04話 「理樹と鈴」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第05話 「最後の課題」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第06話 「逃亡の果てに」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第07話 「5月13日」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第08話 「最強の証明」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第09話 「親友(とも)の涙」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第10話 「そして俺は繰り返す」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第12話 「お願いごとひとつ」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第13話 「リトルバスターズ」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/11/17(Sun) 17:27

恭介も頼れない、リトルバスターズの仲間もいない。 理樹一人での戦いが始まります。 鈴を助け出して、世界の謎を解くことが出来るのか? 鈴はいつからか、変わってしまった。 人を怖がるようになった鈴は、もう理樹や子どもたちにしか笑顔を向けなくなってしまった。 恭介もまた、変わってしまった。 真っ暗な部屋に閉じこもり、授業にも出ていないようだ。 いつも恭介の手に引かれて、笑...

*リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想[ ひえんきゃく ]
2013/11/17(Sun) 17:43

鈴と恭介の変りようが悲しいですね。 真人が凄くイケメンになっていてビックリです。 他のヒロインたちはもう出てこないんですかね。 鈴はいつからか、変わってしまった。 人を怖がるようになった鈴は、もう理樹や子どもたちにしか笑顔を 向けなくなってしまった。 恭介もまた、変わってしまった。 真っ暗な部屋に閉じこもり、授業にも出ていないようだ。 いつも恭介の手に引かれて、笑い合って...

*リトバス Rf 第7話「5月13日」[ Old Dancer's BLOG ]
2013/11/17(Sun) 19:41

 今週のまとめ:  「リフレイン」のスタートとしては、  もーカンペキじゃないっすかね?!  コンパクトな構成に落とし込むことを基本にしつつ、初見の方でも分かるような絶妙なコントロールの良さは、一期の頃から感じていたことではありますが……ホント上手いな!!それでいて、ツボを外さないと言いますか、ゲームのファンに対しても「おお…」って思っちゃうような殺しポイントが...

*リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」感想[ かて日記-あにめな生活- ]
2013/11/17(Sun) 20:21

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」感想   リトルバスターズ最高。

*リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」[ 明善的な見方 ]
2013/11/17(Sun) 21:34

君とのなくしもの / 涙色の翼『僕はこの世界の秘密を解かなければならないんだ』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三枝葉留佳:すずきけいこ  能美クドリャフカ...

*そして誰も居なくなった リトルバスターズ!Refrain 第7話「5月13日」感想[ アニメ色の株主優待 ]
2013/11/18(Mon) 00:08

5月13日、恭介が戻ってきた事を合図に始まってしまう真人と謙吾の決闘。 本来なら仲裁する筈の恭介は姿を見せず、代わりに理樹が間に割って入るも二人を止める事が出来ないで終わる。 決闘を続けた結果、右腕を負傷して試合に出る事が出来なくなってしまった謙吾は以前と違う力強さを見せる理樹に対し何か別の楽しい事を提案するよう求める。 折りしも、他人との関わりを恐れずっと引篭...

*アニメ感想 13/11/16(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #7[ ニコパクブログ7号館 ]
2013/11/18(Mon) 03:03

リトルバスターズ!〜Refrain〜 第7話『5月13日』今回は・・・なんか時間が戻ってました。世界も、なんか前とは違う感じです。今度はこの世界で頑張れってことなのか。理樹は恭介の ...

*リトルバスターズ!~Refrain~第7話[ 二次元世界を追い駆ける日々 ]
2013/11/18(Mon) 06:08

感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/11/18/041435 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...

*リトルバスターズ!~Refrain~ 第07話 感想[ 荒野の出来事 ]
2013/11/18(Mon) 19:10

 リトルバスターズ!~Refrain~  第07話 『5月13日』 感想  次のページへ

*アニメ感想 リトルバスターズ!~Refrain 第7話「5月13日」[ 往く先は風に訊け ]
2013/11/18(Mon) 20:38

あの日を取り戻す為に出来る事は・・・

*リトルバスターズ!〜Refrain〜 #07 「5月13日」[ 戯れ言ちゃんねる ]
2013/11/18(Mon) 21:26

終わるため、始めるためのスタート  どうも、管理人です。最近捗ってるのが明らかに本来手をつけないといけない方でないやつなのは果たして如何なものか。しかも、完全なるアナログ出力(=手書き)なので、分量が全く読めないというオマケ付き。なぜこうなった…。 恭介:「そんな答えはな……“この世界”のどこにも存在しねぇよ」  今回の話は、Refrain編開幕を描いた話。とは言っても...

*顔を上げて、前を向いて【アニメ リトルバスターズ! Refrain #7】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2013/11/18(Mon) 21:33

リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第7話 5月13日 塗り潰されていく世界の中で 胸に灯る熱いモノ 確かめるために 僕は―

*リトルバスターズ! ~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想[ wendyの旅路 ]
2013/11/19(Tue) 21:03

リスタート―

*『リトルバスターズ!〜Refrain〜』 第7話 観ました[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]
2013/11/20(Wed) 03:01

なんか思った以上に過酷な状況で時間がループしているようです。 これまで鈴の成長のためのループのような感覚で見ていたのですが、どうにもこれは理樹の成長を促すためのループだったみたいな気がしますね。 でも、まだ理樹は何故、そう言う時間のループに突入している...

*リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/11/23(Sat) 15:40

逃亡先を見つかってしまった理樹と鈴。彼と彼女の繋がりを引き裂くようなイメージシーンで 「生きることは、失うことだったんだ」 と呟いて意識が途切れたところまでがアバン。そしてAパート、真夜中に 「恭介が帰って来たぞー!」 と響きわたった叫び声で理樹は目が覚め、同部屋の真人は勢いよく部屋を出て食堂に向かい謙吾とケンカを始めて・・・でもすでにここから先が1期とは全く違う流れ。帰ってきたはずの恭介が...

*リトルバスターズ Refrain TokyoMX(11/16)#07[ ぬる~くまったりと ]
2013/11/23(Sat) 17:11

第7話 5月13日 公式サイトから鈴はいつからか、変わってしまった。人を怖がるようになった鈴は、もう理樹や子どもたちにしか笑顔を向けなくなってしまった。恭介もまた、変わってしまった。真っ暗な部屋に閉じこもり、授業にも出ていないようだ。いつも恭介の手に引かれて、笑い合っていた幼い頃のリトルバスターズ。あの頃にはもう戻れないのだろうか。「もし、あの日をとり戻すために、僕にできることがあるなら……...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (47)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (27)
2011年12月 (12)
2011年11月 (2)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (73)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。