レインボーライヴ #33

あんとわかなとカヅキ、恋の三角関係の波乱の幕開け。

レインボーライヴ #33

あんとわかなとカヅキの恋愛劇が本格的にはじまって面白くなってきたのだけど、今回はあんの気持ちが動いたのが大きかったと思う。

あんは映画館にわかなとカヅキが一緒にいてもそれほど気にした様子もなく、デートのようなカタチなのに本当に映画を楽しんでた。わかながカヅキといることを「偶然だにゃ」と強調したり、スクリーンよりもカヅキとあんのほうを気にしてちらちらと見てばかりだったのとは対照的です。


レインボーライヴ #33
レインボーライヴ #33

でもあんもカヅキのことを好きなことに変わりはなくて、それがカヅキとわかなが抱き合っているところを目撃したことで、あんが自分の気持ちや恋心に向き合いはじめることになるんじゃないかな。やはりライバルの存在や嫉妬心が恋の大きな原動力になるものです。というか正直にいうとカヅキがわかなを慰めるところにあんが居合わせる予想通りの展開にキター!(゚∀゚) となりました。恋愛劇はこうでないとね。


レインボーライヴ #33

わかなのほうも揺れ動く恋の話と重ねるかのような上げて落とされる展開でした。わかなパパの海外転勤でまた友だちと別れることになったけれど、べるとおとはと出逢えて変われた自分を父親にも見てほしかった、約束もした、だけど父親はショーを見に来ていなかった…。
嬉しさのあまりにエスニを抱いてベッドで悶えていたわかなの姿を見ているだけに、この落差が胸に痛い。かつて家族とぶつかって分かり合えたあんとの対比が切ない。


レインボーライヴ #33

でもわかなが思い切って父親とぶつかったことは決して無駄ではないはず。わかなが前に進めたことにはきっと意味がある。わかなパパの海外転勤までの1ヶ月の間に、もう一度家族の絆を結ぶドラマがあるんじゃないかな。と信じてる。




レインボーライヴ #33
レインボーライヴ #33
レインボーライヴ #33

普段は悪戯猫な態度を取るわかなの本心や純情さが見えるのが可愛い。


レインボーライヴ #33

ようやく再びあんにスポットが当たる話が来た。あんちゃんももっと可愛くなるはず。



レインボーライヴ #33

みおんさまはこっちの世界でもマジカルみおんをやってるのん…?( ̄▽ ̄;)




Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ