レインボーライヴ #32

ハートビートセッションが開催。天羽ジュネが魅せた美麗で心を打つ圧巻のステージ!!

レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32

ジュネが踊りました!(゚∀゚) ジュネのプリズムショーはしっとり系の曲とダンスだったけれど、バレエを思わせるダンスが美しくて、3DCG が素晴らしくて、魅入ってた。注目してたツインドリル髪も違和感ありませんでした。むしろちゃんと髪の毛を巻いたように中が空洞になってたのが良かった。ジュネの肩出し衣装と腋もイイ。ジュネが可愛い。


レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32

ジュネのプリズムライヴは楽器ではなくタクト(指揮棒)でした。そうきたか。オーケストラというのがスケールが大きいね。そのままレベルの違いのようなものを感じる。


レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32

そしてそこから跳ぶ5連続ジャンプがまた凄かった。3つ目にオーロラライジングを跳び、4つ目は無限ハグ エターナル、羽を生やしてからの最後の5連続目は生命の誕生というか愛の結晶だよね…。

とにかく凄いと言うしかないジュネのプリズムショーでした。踊り終わった後の静寂が余韻を残してたのもいい。ジュネのステージを観たなるたちが泣いてたけれど、わたしもなぜか涙目になってた。あ、泣いてていいんだ、なるたちも泣いたのだからわたしが泣いているのもおかしくないんだ、と思った。とにかく凄いステージを観てしまったと胸がいっぱいになってた。



レインボーライヴ #32

ジュネはいま聖と一緒にいることが本当に幸せなんだと分かるステージだったと思う。今回のジュネと聖の出逢いの話を観て、ジュネは聖が愛して失ったプリズムショーを聖のために跳び、そして聖のそばにいることを選んでいる、と思えた。ジュネが何者なのかはまだ分からないけれど、りんねの反応からもジュネにも何か秘密があると思うけれど、たぶんジュネは世界よりも聖への愛を選んだ、そんなふうに思った。

だけどジュネは変えなきゃとも思ってる。そのための今回の5連続ジャンプで、新たなステージに進むべきプリズムライヴとともになるたちとりんねがプリズムのキラメキを取り戻す、それが世界とたくさんの人の夢を守ることになる、それがこの先の物語が迎える結末かな。



レインボーライヴ #32

氷室聖と法月仁の確執も深い、というか仁の一方的な逆恨みなのですが(^^;、仁は何もかも手に入れたいというような男なのですね。そのためには何でもするような性格だけれど、たぶん仁も愛を知らない、愛に裏切られたと思ってたりするのでしょうから、誰かが手を差し伸べて救ってくれるはず。


レインボーライヴ #32
レインボーライヴ #32

聖と仁の間に割って入るように会場のエントランスホールを横切って行った DJ.Coo はやっぱりかつて3人でプリズムキングの座を争った REI だと確信した。あと5連続に挑戦して失敗したべるを助けた行動からも。
ちなみに台詞を聞くと実力は REI がいちばん上なの…?(^^;

涼野家と神浜家が事故の因縁でつながっているのも間違いないですね。



まだまだ濃ゆいドラマが続く『レインボーライブ』が面白すぎる、そして来週はいよいよあんとわかなの恋のトライアングルエピソード。あんちゃんの見せ場が久しぶりに来る、と期待してます。

レインボーライヴ #32 次回予告




Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*[アニメ]「プリティーリズム」3期 32話[ 懐柔する怪獣 ]
2013/11/24(Sun) 10:44

↑21:35 ジュネ回 前回は神回*1だったが、今回は劇場版ぽい。 前回リンク 六大芸術とは絵画・彫刻・詩・音楽・舞踏・建築だそうだが、舞踏シーンが見せ場になるほどアニメは進化したのだな。多分、3D CGアニメの本場ピクサーでも実現してないぞ。 ↑今回のハイライト 特筆

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ