2013
11
03

ログ ホライズン 第5話 「アキバへの帰還」 感想

エルダーテイルの世界 #05

アキバへの帰路の途中でシロエたちが出会った大地人と、再会した姉弟と次の冒険のはじまり。

エルダーテイルの世界 #05
エルダーテイルの世界 #05

"大地人"と呼ばれる NPC には名前も思い出も感情もあってすごく人間っぽかった。宿屋の主人のお爺さんはシロエたちとごく普通に会話してるし、子供たちの様子を見ても AI というよりもまるで人間に見えた。むしろ「何度でも生き返る僕らのほうがこの世界では異質な存在かも」というシロエの台詞がとても興味深い。これは確実に何かの仕込みがあるよね。世界の謎に関わるこの先の展開が楽しみだ。



肉うめー!( ̄▽ ̄*) とシステムメニューを介さずに適正なスキルを持った者が素材から実際に作れば美味しい食べものが出来上がることが判明です。これも謎解きの布石かな。あとお腹が空くのはどう解釈すればいいのでしょうか。ゲーム的発想から離れれば見えてくるものがあることはシロエには大きなヒントになりそう。


エルダーテイルの世界 #05
エルダーテイルの世界 #05

いままで味のない食べものばかりだったからシロエと直継が肉にがっつくのも分かる。分かるわぁ。アカツキちゃんも一緒になって必死に肉を頬張りながらしゃべってるのが可愛かった。等身大の、というか人間らしいところが見えるのがいいよね。

でもアカツキは直継の働きも認めてあげればいいと思うんだ…(笑)。



エルダーテイルの世界 #05

セララは今週もロリ可愛い。幼女ヴォイスに萌える。にゃん太にベタ惚れ、分かりやすい。ちょっと太めのセララちゃん、いい!(*´д`*)



エルダーテイルの世界 #05
エルダーテイルの世界 #05
エルダーテイルの世界 #05

そしてアキバへと戻ってきたシロエは過去にゲームの世界をレクチャーしてあげた姉弟のミノリとトウヤと再会、というか発見。
トウヤが会いたがってたシロエに会えたのに声を掛けることができなかったのは頼ることや迷惑をかけることしか出来ないという思いがあったからなのかな。あるいは無駄と思ったからなのかも。状況的に後悔や自責の念ばかりに陥ってしまうこともあるし、初心者にはどうしていいか分からないことだらけの世界なのだろうし。


エルダーテイルの世界 #05

けれどシロエが2人の姿に気付いたときは、きた!と思った。シロエならきっと姉弟のことを何としてくれる、助けてくれる、と期待で胸が踊りました。こうゆうときに知略と技と仲間を使って事態を切り拓く主人公ならではの話の面白さがありますね。


今回の話を観終わってエンディング映像にずっとミノリもトウヤもいたことに気付いた。それと合わせてミノリのキャラデザインを考えると、ミノリたち姉弟は今後もシロエたちと行動を共にしそうですよね。可愛い子が増えるね。ロリっ子ばんじゃい。



ログホライズン カテゴリの記事

ログ ホライズン 第01話 「大災害」 感想
ログ ホライズン 第02話 「ロカの遭遇戦」 感想
ログ ホライズン 第03話 「パルムの深き場所」 感想
ログ ホライズン 第04話 「脱出」 感想
ログ ホライズン 第05話 「アキバへの帰還」 感想
ログ ホライズン 第06話 「決意」 感想
ログ ホライズン 第07話 「クレセントムーン」 感想
ログ ホライズン 第08話 「腹ぐろ眼鏡」 感想
ログ ホライズン 第09話 「円卓会議」 感想
ログ ホライズン 第10話 「その手につかみとれ」 感想
ログ ホライズン 第11話 「イースタルからの招待状」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ