リトルバスターズ! Refrain #04

2人のつながる想いがチカラになる。

リトルバスターズ! Refrain #04

なるほど、鈴(や理樹)の性格的に、とりあえず2人で付き合ってみるカタチから本当の恋に気付くことになるのですね。とはいえ理樹と鈴の反応を見るともうすでにお互いに好きなのは間違いない。その意味で理樹と鈴にそれぞれ告白される相手が現れたことは大きかった、というか恭介がそれを仕組んでいたような気がしますね。これまでのミッションと小人の話や消えていった唯湖や美魚たちのことを考えると、この世界は理樹と鈴のために用意された世界で、"何でも知っている"恭介の関わりが大きいはず。ほかのメンバーも真実や状況を知ってる。今回のお話でそれがはっきりと見えてきたように思う。


リトルバスターズ! Refrain #04
リトルバスターズ! Refrain #04

付き合いはじめた理樹と鈴を祝福するみんなの笑顔が切ない…。喜びよりも安堵が伝わってくるんですよね…。世界が変わったと感じた理樹の気持ちはよく分かる。想う人がいる、想う人と結ばれて一緒にいられることがチカラをくれる。でもリトルバスターズのみんなが理樹たちを見守ってることを考えるとどうにも切ない。

あとは理樹と鈴が世界の謎を知り、2人で一緒に乗り越えて前に進むという試練が残されているのかな。そのための最後のミッションがいよいよスタートです。



リトルバスターズ! Refrain #04
リトルバスターズ! Refrain #04

理樹の反応や思考がまるで乙女だった…( ̄▽ ̄;) くっ、理樹が可愛い。


リトルバスターズ! Refrain #04
リトルバスターズ! Refrain #04

理樹のことを意識しはじめて乙女の部分が見えてくる鈴も可愛い。いや鈴はずっと可愛かったけど。



関連する記事

リトルバスターズ! 感想

リトルバスターズ! ~Refrain~ カテゴリの記事

リトルバスターズ! ~Refrain~ 第01話 「それは突然やってきた」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第02話 「そのときも雨が降っていた」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第03話 「ずっとここにいたかった」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第04話 「理樹と鈴」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第05話 「最後の課題」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第06話 「逃亡の果てに」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第07話 「5月13日」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第08話 「最強の証明」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第09話 「親友(とも)の涙」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第10話 「そして俺は繰り返す」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第12話 「お願いごとひとつ」 感想
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第13話 「リトルバスターズ」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*リトルバスターズ!~Refrain~ 第4話「理樹と鈴」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/10/27(Sun) 17:10

理樹と鈴がとうとう付き合うことに。 祝福するリトバスメンバーたち。 だがその裏で物語の終わりが始まる…。 二人を見守って来たみんなはこれで消えてしまうのでしょうか。 一気に物語は終章へ。  

*リトバス Rf 第4話「理樹と鈴」[ Old Dancer's BLOG ]
2013/10/27(Sun) 22:25

 今週のまとめ:  恭介ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ...

*リトルバスターズ!~Refrain~ 第4話「理樹と鈴」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/10/28(Mon) 20:41

理樹と鈴、それぞれが思いもよらぬ人から告白されて断ったことがわかり、ならばいっそ・・・ということで鈴の提案で改めて互いの好きという気持ちを確かめた上で付き合おうということに。恋愛宣言したはいいけど、いざとなると男女を意識して初々しいリアクションをとる2人に対して、リトルバスターズの面々は一同に彼らを少し大げさなくらいに祝福する・・・でも、その場からすでに姉御の姿はなく・・・そしてからかわれて...

*リトルバスターズ Refrain TokyoMX(10/26)#04[ ぬる~くまったりと ]
2013/10/28(Mon) 21:43

第4話 理樹と鈴 公式サイトから 理樹は夢の中に何か忘れ物をしたような、不思議な朝を迎えた。ぼんやりと歩いていた理樹は、突然ある女子生徒から告白をされる。その後、告白の話を聞いた恭介に、鈴も以前3年生の男子から告白されていたと聞かされ、理樹はなぜか言い知れないショックを受けるのだった。それから鈴と話していてもなんとなく意識してしまうようになった理樹。思い切って鈴に告白のことを聞いてみたところ...

*最高の仲間たちからの祝福と―【アニメ リトルバスターズ! Refrain #4】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2013/10/28(Mon) 22:33

リトルバスターズ! 9 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray](2013/08/28)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第4話 理樹と鈴 終わりの始まり

*リトルバスターズ!~Refrain~第4話[ 二次元世界を追い駆ける日々 ]
2013/10/29(Tue) 05:04

感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/10/27/073337 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...

*リトルバスターズ! ~Refrain~ 第4話 「理樹と鈴」 感想[ wendyの旅路 ]
2013/10/29(Tue) 21:01

嬉しい時は笑い、悲しい時は泣く―

*『リトルバスターズ!〜Refrain〜』 第4話 観ました[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]
2013/10/30(Wed) 03:11

なんかね、こう新しい話しに突入して、しかも鈴と恋人関係になったのを明かしたのだけれどもね、不吉な予感しかしないのがね、ちょっと不思議なんですよ。コレは原作ゲーム未プレイでも判ってしまう予感なんです。で、その予感させるようにストーリーを組み立て直したアニ...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ