2013
10
20

キルラキル KILL la KILL 第3話 「純潔」 感想

キルラキル #03

黒と白の激突。毎回濃厚すぎて観てると変な汗が出そう( ̄▽ ̄;)

キルラキル #03

今回は神衣を着ることの意味を知った流子の覚醒と、神衣を纏う者同士の激突、そして父親の真実を掴むために流子が襲い来る敵を倒して皐月のもとへと辿り着くという構図が出来上がり、物語の導入部が終わった回でした。


もう毎回のことですが作劇がいろいろと凄い。戦闘パートも日常のコメディパートも濃ゆくて懐かしくて楽しい。

キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03

流子 vs 皐月のバトルがとにかく凄かった。絵に勢いがあって言葉遊びも含めて面白すぎる。これを早くも第3話で見せるのはもちろん計算の内で、今後にもっとすごい戦いや展開が待ってると思うと楽しみすぎる。
ただし神衣は露出の多い衣装ですがエロい意味での興奮は個人的にはあまりありません。エロさがシュールな笑いになってるレベル(笑)。


キルラキル #03
キルラキル #03

極制服を着なかった皐月が流子と鮮血と出会うことで"純潔"を着る、そして目的のために羞恥心すら些細なことだと捨て置くのはさすが皐月さまだった。皐月はプライドも人の器も覚悟もデカい。
皐月はラスボスに相応しいのだけど、王道展開としては最後には流子と皐月が仲間となって何かを成し遂げるのでは、と思ってしまうのですが、それは今後のお楽しみということで。生命繊維と神衣の秘密、皐月が流子を配下の者たちと戦わせる真意もこれからの話。



キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03

回想がサイドを塗りつぶして 4:3 の画面になってたのが何とも懐かしい雰囲気を出す演出でした。


キルラキル #03
キルラキル #03
キルラキル #03

愛九郎がマコの背中にメッセージを仕込んでたり、マコの家庭の就寝風景とか、どこか変で笑える描写が散りばめられてるのが楽しくていい。



キルラキル #03

覚悟と神衣を纏った流子の血に染まる激闘の学園生活がはじまったのだ…!(笑)、と(笑)を付けるしかない作風が楽しくていい。



キルラキル カテゴリの記事
キルラキル KILL la KILL 第01話 「あざみのごとく棘あれば」 感想
キルラキル KILL la KILL 第02話 「気絶するほど悩ましい」 感想
キルラキル KILL la KILL 第03話 「純潔」 感想
キルラキル KILL la KILL 第04話 「とても不幸な朝が来た」 感想
キルラキル KILL la KILL 第05話 「銃爪(ヒキガネ)」 感想
キルラキル KILL la KILL 第06話 「気分次第で責めないで」 感想
キルラキル KILL la KILL 第07話 「憎みきれないろくでなし」 感想
キルラキル KILL la KILL 第08話 「俺の涙は俺が拭く」 感想
キルラキル KILL la KILL 第09話 「チャンスは一度」 感想
キルラキル KILL la KILL 第10話 「あなたを・もっと・知りたくて」 感想
キルラキル KILL la KILL 第11話 「可愛い女と呼ばないで」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*キルラキル 第3話 『純潔』 まるで最終回!?流子と皐月、神衣同士が激突!![ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2013/10/20(Sun) 20:47

極制服とか神衣の仕組みが分かってきた。流子が敵を戦維喪失させると何やら糸を回収してる。これが生命戦維という超パワーの源みたいです。この含有率によって極制服の強さが決まる。一ツ星極制服は含有率10%。二ツ星極制服は含有率20%。三ツ星極制服は含有率30%。そして100%生命戦維で織られたのが神衣、つまり流子の「鮮血」。量産できるなら全部100%でよくね?ところが含有率を上げると人間のほうが耐え...

*キルラキル KILL la KILL 第3話 「純潔」 感想[ wendyの旅路 ]
2013/10/21(Mon) 19:13

両雄並び立たず―

*キルラキル 第3話「純潔」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/10/22(Tue) 15:02

なんでも極制服や神衣に織り込まれている特殊な繊維・・・あの赤い糸のようなのかな?・・・は “生命繊維” というのだそうで、それが10%含まれている極制服が‘一つ星’で20%なら‘二つ星’と・・・その生命繊維100%ってのが神衣、纏一身が生前に作った“鮮血”や鬼龍院皐月の父親が 「これがお前の花嫁衣装だ」 と幼い頃の娘にそう言い残して保管させておいた“純血”がそれに当たるのだそうな。ただ誰でも...

*全然くだらなかねえよ/キルラキル3話他2013/10/19感想[ Wisp-Blog ]
2013/10/22(Tue) 21:56

<記事内アンカー> キルラキル 第3話「純潔」 漫画感想(「リューシカ・リューシカ」7巻)  本日も不動産屋へ。良さげな物件は1つあったけど契約するとしても少し先の話なので、その間に取られてしまうかも。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ