2013
10
20

ログ ホライズン 第3話 「パルムの深き場所」 感想

エルダーテイルの世界 #03

再びはじまった仲間との冒険の日々、きっとその先にシロエが取り戻すべき何かが待ってる。

エルダーテイルの世界 #03
エルダーテイルの世界 #03

今週はエッゾ帝国のススキノを目指して旅をするシロエたちの道中で、世界観やキャラを深めていくお話。シロエたちがパルムの洞窟を抜けて、かつてデヴォーチェリティーパーティとの出逢いで感じた"仲間とのわくわくするような冒険"のはじまりをシロエがもう一度この世界で感じられたのが印象的でした。誰よりも先に目にした美しい景色と、そばには直継とアカツキの2人の素晴らしい仲間。過去にいろいろと傷を抱えたままのシロエが、これから彼らとの冒険の日々を通してもう一度変われるんじゃないか、大切な何かを取り戻せるんじゃないか、そんな希望が見えてくるお話で、とても良かったです。



そして今週は女の子キャラが追加された回でした。

エルダーテイルの世界 #03
エルダーテイルの世界 #03
エルダーテイルの世界 #03

姿だけはすでに見えていたセララがまるで幼な妻、というか幼女妻だった。にゃん太(猫人族)の帰りを待って家を守ってるような幼な妻っぷりが可愛い。サブ職業の家政婦のほうがレベル高くなったというのもあざと可愛いぞー。相手のにゃん太が人間じゃないのもファンタジーっぽくてポイント高い。中年オヤジと幼女のコンビと同じくらい惹かれる組み合わせかも。


エルダーテイルの世界 #03
エルダーテイルの世界 #03

あとシロエの回想の中にいた、かつてのデヴォーチェリティーパーティのカナミも物語やシロエにとって重要そうな子でしたね。


エルダーテイルの世界 #03
エルダーテイルの世界 #03
エルダーテイルの世界 #03

と、今回でヒロイン候補のような子が追加されましたがそれでもアカツキが可愛かったのだ。アカツキとシロエの初々しいやり取りに萌えるし、そしてアカツキが実は大学生で 合法ロリ だと発覚。決まったな(何が)。


エルダーテイルの世界 #03

アカツキちゃんがちっちゃ可愛くて、カッコイイ。



エルダーテイルの世界 #03

話が進むに連れて世界観が浸透してきていますが、死んでも生き返る、素材以外の食べものの味がしない、高いところから落ちても身体にダメージがない、かなり歩いても疲れない、とほぼ VRMMO の条件が揃ってるような感じですが、それでも冒険者がこのエルダーテイルの世界でやけにリアルなものを感じたり、"大地人"と呼ばれる NPC が NPC っぽくなかったり、と何か謎や仕掛けが絡んでいるのでしょうね。またそうでないと面白くない。知略が加味されたファンタジーな冒険とキャラのドラマも面白そうなのですが、明かされていく世界の謎にも期待したい。




エンディングテーマ : 「Your song*」 Yun*chi

エルダーテイルの世界 ED
エルダーテイルの世界 ED
エルダーテイルの世界 ED
エルダーテイルの世界 ED
エルダーテイルの世界 ED
エルダーテイルの世界 ED
エルダーテイルの世界 ED

エンディングテーマが曲も映像もいいね。可愛いアカツキちゃんをずっと眺めることが出来て、傘が映える雨からやがて青空に変わる風景と雰囲気にも何だか癒される。いい。



ログホライズン カテゴリの記事

ログ ホライズン 第01話 「大災害」 感想
ログ ホライズン 第02話 「ロカの遭遇戦」 感想
ログ ホライズン 第03話 「パルムの深き場所」 感想
ログ ホライズン 第04話 「脱出」 感想
ログ ホライズン 第05話 「アキバへの帰還」 感想
ログ ホライズン 第06話 「決意」 感想
ログ ホライズン 第07話 「クレセントムーン」 感想
ログ ホライズン 第08話 「腹ぐろ眼鏡」 感想
ログ ホライズン 第09話 「円卓会議」 感想
ログ ホライズン 第10話 「その手につかみとれ」 感想
ログ ホライズン 第11話 「イースタルからの招待状」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*メガネくんの足跡【アニメ ログ・ホライズン #3】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2013/10/20(Sun) 10:04

ログ・ホライズン 1 [Blu-ray](2014/01/29)寺島拓篤、前野智昭 他商品詳細を見る アニメ ログ・ホライゾン 第3話 パルムの深き場所 GO!GO!地下遺跡 セララ救出のためススキノに向かうシロエたち ゲームだった頃の違いを噛み締めながら進む 彼の脳裏を過ったモノは…

*ログ・ホライズン 第3話 「パルムの深き場所」 感想[ ひえんきゃく ]
2013/10/20(Sun) 16:14

アカツキが可愛いですね。 そして合法ロリだったことにビックリ(笑) ギルド「三日月同盟」に所属する少女セララは、謎の男にかくまわれ、 北の都市「ススキノ」で救出を待っていた。 一方、セララを救うため、旅を続けるシロエたち。 ゲームの世界特有の味がしない食べものにウンザリしながら北へと向かう。 そして、3人が潜入したのは、崩れ落ちそうな古代の坑道が交差する 地下迷宮「パルムの...

*ログ・ホライズン NHK(10/19)#03[ ぬる~くまったりと ]
2013/10/20(Sun) 18:08

第3話 パルムの深き場所 公式サイトからギルド「三日月同盟」に所属する少女セララは、謎の男にかくまわれ、北の都市「ススキノ」で救出を待っていた。一方、セララを救うため、旅を続けるシロエたち。ゲームの世界特有の味がしない食べものにウンザリしながら北へと向かう。そして、3人が潜入したのは、崩れ落ちそうな古代の坑道が交差する地下迷宮 「パルムの深き場所」。この迷宮で、シロエたちを出迎えたのは、不気...

*ログ・ホライズン 第3話[ 刹那的虹色世界 ]
2013/10/20(Sun) 22:51

ログ・ホライズン 第3話 『パルムの深き場所』 ≪あらすじ≫ ギルド「三日月同盟」に所属する少女セララは、謎の男にかくまわれ、北の都市「ススキノ」で救出を待っていた。一方、セララを救うため、旅を続けるシロエたち。ゲームの世界特有の味がしない食べものにウンザリしながら北へと向かう。そして、3人が潜入したのは、崩れ落ちそうな古代の坑道が交差する地下迷宮「パルムの深き場所」。この迷宮で、...

*『ログ・ホライズン』 3話 パルムの深き場所[ アニメ感想ブログ ほろあに ]
2013/10/22(Tue) 00:03

グリフォンを使用したことよって短時間でパルムの深き場所まで到達できたシロエ達。どんな展開で伝説のパーティーやシロエの過去が聞けるのだろうかと思いきや…!?

*ログ・ホライズン 第3話 感想 - いかにも冒険な展開に高揚した[ ひそか日記 ]
2013/10/22(Tue) 14:03

ログ・ホライズン 第3話 「パルムの深き場所」の感想です。 そびえたつ山脈 → いかにもなダンジョン入口 → 暗闇に多数光る赤い目 → 高くて細い石の橋から落ちる → ボス戦 → 絶景 こういう展開はいいですね。気分が高揚しました。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ