2013
09
18

翠星のガルガンティア 第14話 OVA 「廃墟船団」 感想

翠の星 #14

『翠星のガルガンティア』特別篇の第14話は本編の途中のエピソード。ガルガンティアに接近した廃墟船のお話。

翠の星 #14
翠の星 #14
翠の星 #14
翠の星 #14
翠の星 #14
翠の星 #14

レドの言葉が翻訳機を通すカタコトで、チェインバーが健在な状況的に、第14話は最終回の後日談ではなく途中のエピソードでした。

廃墟船が舞台となるのがホラーテイストで、船内を調査するレドとエイミーの距離が少しばかり縮まる回でしたが、メインはリジットの過去話。かつて幼いリジットと親友のストーリアが出逢った若いギルド長のリトナー、リジットに訪れるストーリアとの別れと淡い失恋と、そして想い出を胸に人は生きていくという切なくもいいお話でした。



翠の星 #14

ピニオンとサーヤとメルティが結託して2人組になっているレドとエイミーを怖がらせようとしましたが、レドには冗談が通じないことは分かってた(笑)。むしろピニオンがレドに撃たれそうだと逆の意味でヒヤヒヤするというホラーだったよね(^^;


翠の星 #14
翠の星 #14

久しぶりに観てもやっぱりガルガンティアの3人娘は可愛い( ̄▽ ̄*) みんなそれぞれに魅力があっていい。それにしてもサーヤの胸がおっきいなとあらためて思った。


翠の星 #14

エイミーは悪ノリして怪談話までするのに実は幽霊が苦手な超怖がりという可愛い一面が見れた。



翠の星 #14

ロリリジットがリトナーに「責任を負う人間にとって経験は何よりも大切」と諭されたことはリジットのその後にとって大きくて、それからリジットはずっと頑張っていろんなことを学んでたのだろうなぁ。融通が利かないところや仲間を頼らないのはあったけれど、レドと出逢う頃にはすでにリジットは船団長の有能な補佐だったしね。


翠の星 #14
翠の星 #14

廃墟船団はヒカリムシにエンジンを侵食されただけで住人たちは動ける船に移ったと分かり、ピニオンが宝はなかったと嘆いたけれど、リジットにとっての思い出という"宝物"が見つかったのがいい話でした。
出逢いも別れもあるのが人生で、それはまるで連結器でつながれては離れていく船団のようで、だから人はそのときどきを大切に、出逢った新しい縁を大切にして生きていくのも分かる気がした。

そしてそうやってカタチのないものを懐かしんだり大事にしたりするのも、幽霊という見えないものを怖がったりするのも、あるいは人の本質的には同じものなのかもしれない。



関連する記事

翠星のガルガンティア エンドカード

翠星のガルガンティア カテゴリの記事

翠星のガルガンティア 第01話 「漂流者」 感想
翠星のガルガンティア 第02話 「始まりの惑星」 感想
翠星のガルガンティア 第03話 「無頼の女帝」 感想
翠星のガルガンティア 第04話 「追憶の笛」 感想
翠星のガルガンティア 第05話 「凪の日」 感想
翠星のガルガンティア 第06話 「謝肉祭」 感想
翠星のガルガンティア 第07話 「兵士のさだめ」 感想
翠星のガルガンティア 第08話 「離別」 感想
翠星のガルガンティア 第09話 「深海の秘密」 感想
翠星のガルガンティア 第10話 「野望の島」 感想
翠星のガルガンティア 第11話 「恐怖の覇王」 感想
翠星のガルガンティア 第12話 「決断のとき」 感想
翠星のガルガンティア 第13話 「翠の星の伝説」(最終話) 感想
翠星のガルガンティア 第14話 OVA 「廃墟船団」 感想
翠星のガルガンティア 第15話 OVA 「まれびとの祭壇」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ