2013
09
15

神さまのいない日曜日 第11話 「三年四組 II」 感想

神ない #11

恋する女の子のディーが可愛い。

アリスとディーの過去話、そして本当に救われるべきなのは誰?…と思った回でした。


神ない #11
神ない #11
神ない #11

ディーが可愛かった。ディーはアリスと一緒にいられる世界を必死に守ろうとして、アイに嫉妬もして、ディーは本当にアリスのことが好きなんだと分かって、そんな普通の女の子のディーがとても可愛かった。

だからそのままディーがこのループ世界の原因だとは思えなくなったんですよね。それはかなり主観なのだけど、いきなりアヴァンタイトルからはじまったディーの語りがいかにも元凶っぽくなってたのが逆に怪しいし、ほかにはアイが外の世界の手掛かりとなる新聞記事を見つけて、でも死亡した生徒の名前を読む前に取り上げられてしまったというのが大きな伏線のような気がする。前回でディーが死んだと思ったのですが(^^;、そのミスリードがあるからアイ(=視聴者)は名前を知ることが出来なかったんじゃないかな。


神ない #11

そうなると「願いは叶っちゃいけないんだ」というアリスの台詞も意味深に聞こえる。アリスが本当に3年4組のみんなの解放を願っているのなら、犠牲にしてもいいのは自分自身で、壊したい世界は自分の世界…? つまり本当はアリスが死んでいて、この世界はアリスを生かすために作られた世界…?

でもディーはこの3年4組の世界が開放されるときは自分がアリスに切り捨てられると思っているし、それはディーが自分自身がこのループ世界を望んだ死者だと分かっているように思えるし、…どっちなのだろう?(^^; 話としてはアリスが死者のほうがより物語性が増すと思うのだけど。


ディーがガラス窓に何度も体をぶつけては傷付く虫を眺めていたのが印象的でした。ディーの願いは外の世界を壊すこと。外の世界がなくなれば、アリスが外に出ることもない。それはアリスのためだと思ってしていることなのですよね。アリスとディーのどちらが死者なのか分からなくなったけれど、1つ言えることは、ディーの愛が深くて重い。


神ない #11

そして窓を開けて虫を解放したのがアイでした。それはそのままこの後に起こる出来事になるのですよね。アイがこのループする3年4組の世界をどうやって救うのか、真実はどうなっているのか、楽しみです。




神ない #11
神ない #11
神ない #11

フトモモとお尻(*´д`*)



神さまのいない日曜日 カテゴリの記事

神さまのいない日曜日 第01話 「死の谷 I」 感想
神さまのいない日曜日 第02話 「死の谷 II」 感想
神さまのいない日曜日 第03話 「死の谷 III」 感想
神さまのいない日曜日 第04話 「オルタス I」 感想
神さまのいない日曜日 第05話 「オルタス II」 感想
神さまのいない日曜日 第06話 「オルタス III」 感想
神さまのいない日曜日 第07話 「ゴーラ学園 I」 感想
神さまのいない日曜日 第08話 「ゴーラ学園 II」 感想
神さまのいない日曜日 第09話 「墓守が生まれる場所」 感想
神さまのいない日曜日 第10話 「三年四組 I」 感想
神さまのいない日曜日 第11話 「三年四組 II」 感想
神さまのいない日曜日 第12話 「三年四組 III」(最終話) 感想
神さまのいない日曜日 第13話 OVA 「記憶」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*神さまのいない日曜日 #11 「三年四組 〓」[ 戯れ言ちゃんねる ]
2013/09/16(Mon) 16:27

世界を救うための犠牲  どうも、管理人です。台風が来るとか言われて、大分焦ってたものの、何か昼くらいまででおよそ収束してる流れで肩透かし@東京都民。とりあえず、これ終

*神様のいない日曜日 TokyoMX(9/14)#11[ ぬる~くまったりと ]
2013/09/17(Tue) 10:10

第11話 三年四組II 諦めなよ、傷つくよ。アイは7月28日、文化祭の前日に三年四組が何を 臨んだか探していた。実はディーが証拠を全て消していた。 1か月後はアイの13歳の誕生日。シャ...

*神さまのいない日曜日 第11話「三年四組 II」[ 妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン) ]
2013/09/19(Thu) 23:05

『三年四組』の時間が止まったのは、文化祭の準備中に起きたディーの事故死が原因だった。 アリスが三年四組を解放すれば、ディーは死んでしまう。ディーはアリスと一緒にいることだけを望み、密かにアリスの妨害を続けてきたのだが…。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ