2013
09
08

幻影ヲ駆ケル太陽 第10話 「燃え尽きるような」 感想

幻影太陽 #10

あかりの心が燃え尽きそう…。

セフィロフィオーレ側の、というかあかりの追い込まれっぷりが凄いわぁ( ̄▽ ̄;) ぎんかを失って、るなを助けられなくて、せいらが能力を失ってしまったことであかりがたった独りでダエモニアと戦わないといけなくて…、そんな状況の中、さらにケルブレムの扇動による魔女狩りで学園が焼き討ちに。上層部のレグザリオはその本当の目的すらよく分からないし、そもそも敵か味方かさえ怪しいし。それにエティアたちにはあかりに伝えなければいけない重大な秘密があるらしく。
あかりの身体と精神の疲弊がヒドイ。救いの光が見えない。

だけどここまで話としては王道で来ているから、最後には救いや希望の光が見える結末だとやっぱり思うのです。それを信じたい。ぎんかはどこかへ行っただけだし、るなもせいらもまだ生きてる。プリシラたちも対のカードから逃げることが出来た。きっとだいじょうぶ、いろんなものを乗り越えたあかりがその太陽のチカラで何とかしてくれる。と信じてる。


幻影太陽 #10
幻影太陽 #10
幻影太陽 ED

王道展開だとぎんかが助けてくれたりするのだけどなぁ。せいらがぎんかたちと過ごした街の足跡を辿るように歩いてたのが切なかった。みんなの役に立てなくなったせいらの胸の内を思うと苦しい。エンディング映像の中のぎんかを見るたびに切なくなる。ぎんかちゃーん!・゚・(ノД`)・゚・
というかぎんかが復活してあかりたちを助けてくれたら泣きそう。たぶん泣く。むしろもう泣かせてほしい。



幻影太陽 #10

アヴァンタイトルのるなは雨の雫がまるで涙のようでした(´・ω・)


幻影太陽 #10
幻影太陽 #10
幻影太陽 #10
幻影太陽 #10
幻影太陽 #10

これでもかと重い展開が続くお話でしたが今週はおっぱい回だったかもしれない。ダエモニアを身体に宿したるなは狼のような姿になってしまったけど、おっぱいも下半身も丸出しです。エロい。そうか、このためにるなちゃんだけおムネがあったのだ、それはまさに運命…!( ̄▽ ̄*)
いやぺったん娘のぎんかちゃんも可愛いけど!



幻影太陽 #10
幻影太陽 #10

ケルブレムがロリ姿であかりに近付いて堕とそうとしたときはドキドキした。これまでのことがあったから見覚えのある髪の色のロリが登場したときに嫌な予感がしてた。あかりが堕ちる寸前に天道三姉妹から電話がなったときは GJ (゚∀゚)!ってなった。
これってご都合とかじゃないんですよね。きっとあかりは独りじゃない、独りで戦ってる訳じゃない、ということなんだと思う。いまは辛いことばかりで前が見えないけれど、あかりには仲間がいるし、何のために戦っているのかをもう一度見つめ直せるときが来るはず。この世界を明るく照らして希望を与えてくれるのは太陽なのです。


幻影太陽 #10
幻影太陽 #10



幻影ヲ駆ケル太陽 カテゴリの記事

幻影ヲ駆ケル太陽 第01話 「太陽の黒点」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第02話 「血塗られた未来」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第03話 「とむらいの声」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第04話 「これは絵なのだろうか?」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第05話 「ああ、金、金!この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか!」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第06話 「星とともの果てに」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第07話 「華麗なる休暇」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第08話 「こぼれおちる水」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第09話 「月の光、太陽の陰」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第10話 「燃え尽きるような」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第11話 「君のみち」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第12話 「運命の選択」 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第13話 「太陽の微笑み」(最終話) 感想
幻影ヲ駆ケル太陽 第14話 番外編 「踏み込めない心」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. 最終回に期待します

    2013/09/10(Tue)  22:34ED大好き  #mQop/nM. [] [編集]

    いつもつたないコメント掲載ありがとうございます。

    私の予想はことごとくはずれています。

    管理人様のぎんか復活の希望が叶うといいですね。
    天道三姉妹の働きに期待です。もうこうなると
    ダエモニアとの戦闘で対消滅したほうが復活の
    可能性が高いような気がします。

    ところで、本日発売のNewtypeを読みました。
    最終話のタイトルは「太陽の微笑み」
    大団円になればいいですね。

    今期一番大好きなアニメです。CDは購入しま
    した。DVDは購入すると思います。

    ブログの更新楽しみにしています。

    最終話での4人復活を祈りましょう。



  3. Re:

    2013/09/14(Sat)  20:24Chel  #400P5mpc [] [編集]

    ▼ ED大好き さま
    コメントに拙いも何もなくて、書いた記事の内容に反応してちゃんと書いてくれるコメントはいつでもありがたいです。ただ最近ずっとわたしのレスの反応が遅いどころか、コメントに対して返信できてないのが申し訳ないのですが。

    オリジナル作品はあーだこーだといろいろと考えるのが楽しいですよね。わたしも予想していろいろ書きますが、いつも当たらないし間違ったこともよく書きます。それでもそれが楽しい。だから記事を読んでもらえたり反応があると嬉しいです。

    ぎんかはもう王道でもベタでも何でも復活してほしい。と思います。

    > 最終話のタイトルは「太陽の微笑み」

    期待できるサブタイトルですね。悲しみを背負いつつ希望が見えるという結末でも合うようなサブタイトルですが(^^;、何にしても答えを出して締めてくれて、大団円か希望が残るエンドならいいなぁ、と。

    OP/ED もいいですよね。面白くていい作品なので、最後まで応援しましょうー。



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*お兄ちゃんまで!/サーバント×サービス10話他2013/9/7感想[ Wisp-Blog ]
2013/09/08(Sun) 15:45

<記事内アンカー> サーバント×サービス 第10話「あとで良い ついでで良いは 大きな後悔」 ふたりはミルキィホームズ 第9話「じぶんのちから」 幻影ヲ駆ケル太陽 episodio Ⅹ「燃え尽

*幻影ヲ駆ケル太陽 TokyoMX(9/07)#10[ ぬる~くまったりと ]
2013/09/08(Sun) 17:14

episodeⅩ 燃え尽きるような 公式サイトからケルブレムに操られ、体内にダエモニアを宿してしまったるなは、狼の姿となり、セフィロ・フィオーレに向かってくる。るなの容赦ない攻撃

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ