2013
09
01

神さまのいない日曜日 第9話 「墓守が生まれる場所」 感想

神ない #9

変わる人、変えられる世界。

神ない #9

分かるようで分からない話だったのだけど、この複雑で歪んだ世界の中でも希望はあるということなのかな。人も墓守も変われる。なら世界だってきっと変えられる。


神ない #9

スカーは墓守としての立場と母親の想いの間で揺れてた、そして逃げ出してしまった、けれど最後にスカーは母親として生きていくことを選んだのですよね。感情がない、泣かないはずのスカーがセリカを抱きしめて泣いた。ユリーの愛を受け入れた。

ユリーは家族の復讐のために死のうとしてたのに、スカーとセリカと出逢って変われた。新しい家族を手に入れました。


神ない #9

そのユリーとスカーの二人に生きる道ときっかけをくれたのはアイだと思う。今回もスカーを探そうと必死になっていたのはアイでした。
アリスの誕生日の話もそうですよね。こんな世界だけれど、アイは人と人とのつながりや想いをとても大切にする。それは父親のキヅナと死に別れた経験もあって、いなくなってからでは遅いという思いもあると思いますが、アイはそういう子です。思い返すとゴーラ学園を脱出するときもアイはターニャを置いていけなかった。
そういう人としてのまっすぐな想いがアイのチカラになってる。そしてこの世界を救うカギとなっていく。と、そんなことを感じました。



神ない #9
神ない #9

そんなアイに興味を持ってアイに可能性を見出すアリスですが、一方のディーはそのことを快くは思っていないようですね。嫉妬? アイに何かを感じているのでしょうか?
触れられないけれどアイの頬を引っ叩こうとしたディーには強い何かを感じました。ディーのアイに対する何かの感情、そして今後の波乱のような予感。



神ない #9
神ない #9

数体どころかときには数千もの同じ個体で生まれる墓守が並ぶのは不気味でシュール…( ̄▽ ̄;) 世界の歪みっぷりがよく分かるようでした。



神さまのいない日曜日 カテゴリの記事

神さまのいない日曜日 第01話 「死の谷 I」 感想
神さまのいない日曜日 第02話 「死の谷 II」 感想
神さまのいない日曜日 第03話 「死の谷 III」 感想
神さまのいない日曜日 第04話 「オルタス I」 感想
神さまのいない日曜日 第05話 「オルタス II」 感想
神さまのいない日曜日 第06話 「オルタス III」 感想
神さまのいない日曜日 第07話 「ゴーラ学園 I」 感想
神さまのいない日曜日 第08話 「ゴーラ学園 II」 感想
神さまのいない日曜日 第09話 「墓守が生まれる場所」 感想
神さまのいない日曜日 第10話 「三年四組 I」 感想
神さまのいない日曜日 第11話 「三年四組 II」 感想
神さまのいない日曜日 第12話 「三年四組 III」(最終話) 感想
神さまのいない日曜日 第13話 OVA 「記憶」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*神さまのいない日曜日 #09 「墓守が生まれる場所」[ 戯れ言ちゃんねる ]
2013/09/02(Mon) 22:19

選択と未来  どうも、管理人です。例の如く忙しいかもしれないので、早めに書き始め。最近の余裕なさは冗談抜きで笑えない。 アイ:「それが世界を救うことならば」  今回の...

*神さまのいない日曜日 第9話「墓守が生まれる場所」[ 妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン) ]
2013/09/04(Wed) 23:45

ターニャたちと別れ、アイたち一向はスカーを探す旅に出る。 セリカに案内されて辿り着いた場所は、墓守が生まれる場所『ストーリーサークル』。そこでアイが見たものは…?

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ