たまゆら もあ #9

竹灯りの中で触れた父親の面影、なので。

たまゆら もあ #9
たまゆら もあ #9
たまゆら もあ #9

今期の憧憬の路のお話も良かった。いつもながらに今回もまたホロリときました。
今週は以前にマエストロが語っていた楓の父親の高校時代の友人の夏目望が登場。その夏目が予想外に気難しくて少し怖そうな男の人だったのですが、話が進むにつれて夏目の不器用な優しさ、そして和馬の面影や想いやいろんなものが見えてくるというお話が良かったです。


月日が経てば人も街も変わっていく、だけど少しずつカタチを変えながらも変わらないものもあるのですよね。変わらないソースの美味しいお好み焼き。一緒に歳を取っていくマエストロたち。そしていつでも被写体を真ん中にして好きという気持ちそのままに写真を撮っていた和馬の想いは愛娘へと受け継がれてた。それは宝物のように眩しくて、心にあったかくて。そんないろんなものが竹原の街に帰ってきた夏目に「おかえりなさい」と言ってくれたのだと思います。


たまゆら もあ #9

「ひねりがない」という夏目の厳しい言葉の意味が最後に分かってくるのも良かったです。
楓は、写真には技術も大事、だけど自分のやりたいことも大切で、大好きな父親のカメラで好きなものをまっすぐな想いで撮る、そうやって誰かの心に届く写真もあることを知ることができたと思う。いまはそれでいいのですよね。楓が本当に撮りたいものややりたいことはそうやっていろんな想いを育てるうちに自分の道として見えてくるものだと思う。楓の進む道も目指す写真もまだ決まってはいない、いろんな可能性が待っているのだから。




たまゆら もあ #9

ぽって部長の写真には技術よりももっと大切なドキドキがある!と主張したかなえちゃんが可愛かった。好きなもののために自分の意見をはっきり言えたのはかなえの成長かな。


たまゆら もあ #9
たまゆら もあ #9
たまゆら もあ #9

というか両手で竹を押さえるかなえの腰のラインにエロスを感じてもうたまらん、ので。



過去の記事と次の記事
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第01話 「おかえりなさいの一年に、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第02話 「どきどきの新しい一歩、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第03話 「写真部 本格始動、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第04話 「特別な場所、特別な想い、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第05話 「明日のためにレッツフォト、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第06話 「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第07話 「ついに、みんなで来たよ!なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第08話 「あの日の遠い約束、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第09話 「心に灯す竹あかり、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第10話 「いつかくるその日まで、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第11話 「今年もありがとう、なので」 感想
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第12話 「そして…旅立ちの季節、なので」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*聞かせてください/たまゆら9話他2013/8/29感想[ Wisp-Blog ]
2013/08/30(Fri) 23:17

<記事内アンカー> たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」 Free! 8Fr「逆襲のメドレー!」 エロゲー感想(真剣で私に恋しなさい!A-2 葉桜清楚ルート)  

*たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」 感想[ ひえんきゃく ]
2013/08/30(Fri) 23:32

今回もいい話でしたね。 2期で一番いい話だったんではないでしょうか。 夏目とマエストロのやり取りにはウルッときてしまいましたよ。 写真が大好きな沢渡楓。 高校入学を機に、

*たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/08/30(Fri) 23:52

楓の父と写真仲間だった夏目が竹原にやって来る。 夏目は楓の写真を和馬と同じひねりのない写真と酷評。 かなえが堪らずに抗議するのですが…。 ツンデレで口の悪い夏目は不器用

*たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」[ いま、お茶いれますね ]
2013/08/31(Sat) 01:40

第9話「心に灯す竹あかり、なので」 お父さんの友達はツンデレ、なので ぽってパパがカメラを始めるきっかけとなった夏目さんが竹原にやって来ました(グリリバとはw) たま...

*アニメ感想 13/08/28(水) たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜 #9[ ニコパクブログ7号館 ]
2013/08/31(Sat) 03:14

たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜 第9話『心に灯す竹あかり、なので』今回は・・・お父さんの学生時代の友達が登場しました。とっつきにくそうな感じの人でしたが・・・悪い人ではな ...

*たまゆら〜もあぐれっしぶ〜 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」[ つれづれ ]
2013/08/31(Sat) 09:28

 ひねりのないやつで頼む。

*たまゆら〜もあぐれっしぶ〜 第9話 心に灯す竹あかり、なので[ ゲーム漬け ]
2013/08/31(Sat) 15:04

今年もやって来る竹まつり。 今年は楓も見る側から見てもらう側になり準備。 そんな中で撮った写真は、現像してみると1枚の失敗もない快挙。 出来上がるま ...

*たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」[ のらりんすけっち ]
2013/08/31(Sat) 17:32

夏目さんが損な性格でしたね^^; 口は悪いけど心は… 不器用一徹、これも男の人生なり。 緑川くんも渋い役やるようになったなー ということで、お父さんの思い出回収編高校生時代

*たまゆら~もあぐれっしぶ~ #9[ 日々の記録 ]
2013/08/31(Sat) 18:20

お父さんの友人の、夏目さんが竹原へやって来るお話でした。竹原の街は、憧憬の路の準備で大忙しです。楓たちも竹を細工して、自分たちの竹筒を作ったのでした。楓やかなえ

*たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」 感想[ wendyの旅路 ]
2013/08/31(Sat) 20:21

心に優しさを届けよう―

*たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」感想[ かて日記-あにめな生活- ]
2013/09/01(Sun) 10:22

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」感想 灯りかりかりのぞむおじ様。

*たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/09/01(Sun) 18:01

2期では「憧憬の路」イベントでどういうエピソードにするのかと思いながら見てましたが、あぁ、こうきたか、と・・・。 ※ちなみに、今年の「~たけはら憧憬の路~」は2013年10月26日

*たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」[ 北十字星 ]
2013/09/02(Mon) 21:21

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第1巻 [Blu-ray](2013/10/30)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る 沢渡楓の家にやってきたのは、父親の友達だった夏目望。 かなり怖そうな印象の人ですね...

*たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」[ 無限回廊幻想記譚 ]
2013/09/04(Wed) 21:29

憧憬の路が近づき、準備で忙しくなる竹原の人々。今年は沢渡楓も見る側から、見て貰う

*たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」感想![ くろくろDictionary ]
2013/09/06(Fri) 00:36

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」 一番大切な事。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ