2013
08
11

神さまのいない日曜日 第6話 「オルタス III」 感想

神ない #6

ウッラちゃんが死ぬほど可愛い。

神ない #6

アイが正しいのかウッラが正しいのか、そこに答えはあるのかどうか、その答えをこれからアイが旅の中で見つけていく、という話の流れとテーマの示し方がいいね。人生や人の生死や本質という作品のテーマは続くのだから、そのときどきで視聴者がいろいろと考えていけばいい。誰も死ななくなったこの歪んだ世界の中で、アイは"生きる死者"をあるべき死に還す、ウッラは"死者"を肯定する、どちらもが人を救おうとしているのに違っている、その対比がこの作品の大きなテーマを浮き彫りにして今後へとつなげていく。それが旅の最初に辿り着いたこの死者の国にして今回のエピソードの目的だったように思いました。


神ない #6

わたしは(普通に?)アイちゃん派かなぁ。生を生きて、周りと一緒に歳を取って、当たり前のように死んでいく、たとえツライ現実の中でもそうやって生きていくのが人なのかな、と。別に倫理とか何かを主張したい訳でもないのだけど、あるいはそう思いたいだけなのかもしれないけど。


神ない #6

でも、自分に何かのチカラがあることに気付いていてもそのチカラで人がみんな解放されていくのをあえてそのまま受け入れていたウッラの気持ちも分かる。ウッラはキリコたちの嘘で守られていたけれど、ウッラも優しい子だからいろいろなものを守りたかったんだと思う。たとえそれが人として間違っているとしても。

でも…と思ってループするあたりに、やっぱり答えなんて出ないのかもしれない。あるいはそうやって答えの出ない旅を果てしなく続けていくのが人生なのかも。と、それっぽく書いて感想を締めてみる。




神ない #6
神ない #6
神ない #6
神ない #6
神ない #6
神ない #6

ウッラが可愛かった。衣装がエロかった(*´д`*) ロリウッラも可愛かった。
ま、登場した次の回に OP 映像に見える可愛い子がウッラだと気付いたのですが、というか初回登場時に公式サイトのキャラ紹介のページをチェックしたらあっさり素顔が載ってたのだけどね。でも作中で実際に動くウッラを見たらもっと可愛かったので良し。


神ない #6
神ない #6

キリコ越しにアイに触れるウッラが可愛くて切なくてイイ…、とゆーか美少女ふたりに抱きしめられるキリコが羨ましいぞ。このロリコンめー!ヽ( ̄▽ ̄;)ノ ←



神ない #6
神ない #6

スカーがいきなり母になった( ̄▽ ̄;)。「人よ どうか死ね」という母親の呪いを受け入れたのがウッラで、呪いを拒んだのがもう1人の双子の姉のセリカだというなら、セリカが持っていると思う"生きるチカラ"に関わる何かの能力は今後のキーになるのかな。そして赤ちゃんと出逢うべくして出逢って母親になったスカーはどう変わっていくのか。スカーとユリーにはナニかあったのか。今後の展開の楽しみが増えた。


神ない #6

そして次回予告を観ると来週は学園篇に突入? 可愛い子が登場していて、しかもお風呂サービスとな!? 来週も楽しみ。



神さまのいない日曜日 カテゴリの記事

神さまのいない日曜日 第01話 「死の谷 I」 感想
神さまのいない日曜日 第02話 「死の谷 II」 感想
神さまのいない日曜日 第03話 「死の谷 III」 感想
神さまのいない日曜日 第04話 「オルタス I」 感想
神さまのいない日曜日 第05話 「オルタス II」 感想
神さまのいない日曜日 第06話 「オルタス III」 感想
神さまのいない日曜日 第07話 「ゴーラ学園 I」 感想
神さまのいない日曜日 第08話 「ゴーラ学園 II」 感想
神さまのいない日曜日 第09話 「墓守が生まれる場所」 感想
神さまのいない日曜日 第10話 「三年四組 I」 感想
神さまのいない日曜日 第11話 「三年四組 II」 感想
神さまのいない日曜日 第12話 「三年四組 III」(最終話) 感想
神さまのいない日曜日 第13話 OVA 「記憶」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. 2013/08/12(Mon)  00:57-  #- [] [編集]

    尺の都合で原作をかなり端折ってるのでイマイチ分かり難いですけど、今回はアイが挫折した話なんですよね
    母親と父親の夢や思想、生まれ育った村の裏に隠されていた闇を知ったアイは、世界を幸せにするという無謀な夢を抱きました
    アイは漠然と元の世界のようになれば生者も死者も救われると思っていたのですが、しかしオルタスの民は既に充分幸せで、アイが救うべき死者は存在しなかったわけです
    おまけに、ウッラに自分の考えを否定されなかったけれど、相手の考えを否定も出来ませんでした
    これにより、アイは自分の夢の形を軌道修正する必要に迫らせます
    そして、今後も世界を知っていく度に挫折しては答えを探すという物語なのですよね
    そんな彼女がもし完全に夢に破れてどうしようもなくなった時、傍にいてやるためにユリーは保護者をやってるのですが……

    ちなみに、スカーが想像妊娠したのはセリカを育てるためですが、流石に授乳シーンはカットされてました(笑)



  3. Re:

    2013/08/12(Mon)  17:55Chel  #uWMNODuI [] [編集]

    挫折までは感じることが出来なかったのですが、たしかに旅に出たアイがいきなり自分の漠然とした夢と決意が心許ない、正しいのかどうか分からない、と突き付けられた話だと思いました。それだけ歪んだ世界だということなのかも、ですが。
    これから悩みながら道を見つけるアイの苦難と成長が楽しみです。なぜ次が学園篇なのか分からなかったのですが、その説明は来週にあるのかな。

    授乳シーンもあったとは。スカーとセリカの出逢いの運命をより印象付けるためにも必要なことだと思ったのですが、尺的なものなのか規制なのか(^^;



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*神さまのいない日曜日 #06 「オルタス 〓」[ 戯れ言ちゃんねる ]
2013/08/12(Mon) 23:16

背中越しの2人(+1人)  どうも、管理人です。昨日は、結局客が帰った後、少しだけ仮眠を取ろうと思ったら、そのまま3時間くらいガッツリ寝てしまったでござる…。そのおか

*神さまのいない日曜日 第6話「オルタス III」[ 妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン) ]
2013/08/15(Thu) 00:30

ウッラは、自分が見た者、自分の声を聞いた者を殺す力を持つ『コロシオハケ』だった。 ウッラは自らが持つ能力のことも、周囲の人間が死者であることも知らないのではないか…。そ

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ