--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
08
07

BROTHERS CONFLICT 第6話 「写真」 感想

BROTHERS CONFLICT #6

写真を通して見えたこと、感じる温かさ、そして衝突の火種。

BROTHERS CONFLICT #6

絵麻は兄弟たちの写真をたくさん手にして寝付けないほど嬉しくて、たくさんの家族に囲まれたいまの生活が幸せで、絵麻にとっては兄弟みんなは当然に家族なんですよね。これまで絵麻は兄弟のうちの何人かに言い寄られるどころかキスまでされていて、それでも絵麻が困惑しつつもわりといつも通りなのは自分たちは家族だからという思いがあると思う。そうやって心の安定を保ってたり、絵麻の受身過ぎる性格も、物語上の都合もあると思いますが。…しかし絵麻ちゃんはいつもされるがままだよなー(^^;


BROTHERS CONFLICT #6
BROTHERS CONFLICT #6
BROTHERS CONFLICT #6
BROTHERS CONFLICT #6

そんな絵麻に対して兄弟たちの恋の矢印があちこちから何本もはっきり見えてきました。絵麻のことが気になりはじめると周りも家族で一緒に住んでいて近いものだから、嫉妬や焦燥感が増幅するし加速するのでしょうね。
とくに今回はいつも一緒で仲良しの椿と梓が絵麻をめぐって衝突したのが、うん、正直に何だかわくわくしてきた。いいよいいよー、女の子を取り合ってもっと争え、みたいな? ようやくこの作品のタイトルに相応しくなってきた、みたいな。

椿も梓も、棗と昴の対立も面白い。この組み合わせは奇しくもどれも仲が良かった者同士なのです。昴は小さい頃は棗にべったりだったらしいことが今回の写真で分かりましたし。あるいは関係が近しいからこそ対立も深まるのかな。

ま、作品のカテゴリ的に人間の本質を描くようなドロドロした恋愛劇にはならない、というのもあるのだけどね。ちゃんと乙女向け作品としての恋愛や友情の物語になってるはず。そのあたりで安心して兄弟たちの衝突を楽しめるというものです。



BROTHERS CONFLICT #6

しかし何となく分かってたとは言え根は真面目っぽい椿がかなり強気に出る男だったなぁ。絵麻と梓の様子に何かを感じたのが大きいかな。思い入れの作品のキャストに選ばれなかったことはもう吹っ切れてると思いますが、好きになった絵麻まで梓に取られたくないという想いもどこかにあるのかもしれない。


BROTHERS CONFLICT #6

赤髪ガンバレ。純情で弱気な侑介がこの先に絵麻に想いを伝える出来事や成長になるきっかけってやっぱり同じ高校に入学してきたアイドル男なのでしょうね。年齢も近くて、しかもアイドル男のほうが侑介の年下の弟だという…。なにこれ面白そう。



BROTHERS CONFLICT #6

絵麻は可愛い。うなじとか、あとときどき艶っぽい表情や仕草をする( ̄▽ ̄*)



関連する記事
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト エンドカード

「BROTHERS CONFLICT」カテゴリの記事
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第01話 「兄弟」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第02話 「混乱」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第03話 「約束」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第04話 「嫉妬」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第05話 「浸水」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第06話 「写真」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第07話 「限界」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第08話 「悪夢」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第09話 「夢幻」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第10話 「彼岸」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第11話 「愛憎」 感想
BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第12話 「恋愛」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*BROTHERS CONFLICT 6話「写真」感想[ 気の向くままに ]
2013/08/07(Wed) 02:36

BROTHERS CONFLICT 6話 「写真」

*BROTHERS CONFLICT  ~ 第6話  写真[ 動画共有アニメニュース ]
2013/08/07(Wed) 04:31

BROTHERS CONFLICT (ブラザーズコンフリクト) 第1話 ~ 第6話  写真 主人公の女子高生は父親の再婚で、上は30代、下は小学生の13人の男ばかりの兄弟を抱える朝日奈家の一員となる。...

*BROTHERS CONFLICT 06[ 烏飛兎走 ]
2013/08/07(Wed) 06:17

十一男:オメェと昴兄ちょっと変なカンジっつーか・・・                         どうかしたのか?        長女: う・・ ううん////  ...

*BROTHERS CONFLICT 第6話「写真」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/08/07(Wed) 11:44

今回のアバン担当は、長男&末っ子ちゃん。 梶さんのショタは違和感ありすぎです(^^; そのギャップが狙いなのかな?w 本編はキスシーンのバーゲンですわ(笑)  

*BROTHERS CONFLICT 第六衝突「写真」 感想[ 書き手の部屋 ]
2013/08/07(Wed) 18:15

あらすじ  高校3年生に進級した絵麻と侑介。ところが新1年生の入学式で彼女たちの前に意外な人物が現れる。  一方では、椿と梓の関係性に変化が――。口では否定しながらも特

*BROTHERS CONFLICT #6「写真」感想[ おぼろ二次元日記2 ]
2013/08/07(Wed) 18:27

彼女の事は譲らない。 双子の間に亀裂が!? 「写真」 あらすじは公式からです。 高校3年生に進級した絵麻と侑介。 ところが新1年生の入学式で彼女たちの前に意外な人物

*「BROTHERS CONFLICT ♯6 写真」[ 同調率0パーセント。Ver.2 ]
2013/08/08(Thu) 18:04

花見があって、二十六日に試合があって、今回入学式って季節感可笑しくないですか? 仮にこれが三月だったとしたら桜が咲くには早いし。 桜はもう散り始めていたのに…… 高校の入

*BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第6話「写真」[ SOLILOQUY別館 ]
2013/08/09(Fri) 00:41

BROTHERS CONFLICT ブラザーズ コンフリクト 第6話「写真」

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。