ドキドキ! #21

愛を知ったチカラの覚醒! これは5人目の輝き…?

ドキドキ! #21

今週はプリキュアがジコチューからアン王女を取り戻し、同時にレジーナが親であるキングジコチューのもとを離れてマナたちの許に身を寄せることになったお話でした。


ドキドキ! #21

マナとレジーナのやり取りにキュンキュンきた。そしてちょっと泣けた。
ベールの罠にかかって溶岩の落とし穴に落ちたマナとレジーナはいわゆる"蜘蛛の糸"で試されたのだけど、それぞれの性格と成長が見えてとても良かった。胸が熱くなった。


ドキドキ! #21
ドキドキ! #21
ドキドキ! #21

あんなにわがままで自己中で人の痛みを知らなかったレジーナがマナを助けるために自ら手を離してマグマへと…。「マナに逢ってから、おかしくなっちゃった…」の語りからすでにキュンキュンしはじめてたのですが、「マナ、大好き…」と言い残して手を離したときは感動しつつレジーナちゃんが可愛い、可愛い!と悶えてた。


ドキドキ! #21

一方のマナはそんなレジーナを見捨てる訳もなく、ただどこまでもポジティヴに諦めないで、一緒に頑張ろうとする。これがマナだよね。
ここまで積み重なった話の上でマナとレジーナが見せた答えだから、観ていて思わずグッとくる。でもマナがカッコイイのに脚で挟んでホールドするとか「お断りです!」とか、ちょっとくすっとくるのが面白い。


ドキドキ! #21

そして本当の友情も優しさも愛も知ったレジーナが愛と希望の光を胸に覚醒!
「ドキドキが、高鳴る!」と叫ぶレジーナにわたしの胸が高鳴ります! キュンキュンが止まりません! はぁん、レジーナちゃんが可愛いよー!


ドキドキ! #21

これでレジーナが封じられたチカラを取り戻してマナとともにピンチを脱したのですが、まだプリキュアには変身せず。せつなもそうだったし、やっぱり変身はもう少し後なのかな?とドキドキしながら思ってたのだけど…。


ドキドキ! #21

予告映像で衝撃が。誰!?Σ( ̄□ ̄;) え?王女さま? 王女さまがプリキュアなん? 俺のレジーナちゃんは…? え? もしかしてレジーナは『Splash Star』の満と薫の立ち位置なん? ちなみに『SS』もわたしのかなり好きなシリーズなのですがそれはいまはいいです。それともこの赤いプリキュアは前振りで、油断させてレジーナちゃんがくるー? あるいは王女に似ているというのがすでに布石?

とにかくレジーナがこれから自分のやるべきことを求めてさらに成長する展開になりました。今回でレジーナはようやくマナと手をつなぎ合えたのだけど、マナの手を握り返したレジーナの手には迷いが見えました。その描写も今後につながっていくものだと思います。
この先にレジーナが本当にプリキュアになるのかならないのかも含めて、いろいろと楽しみです。




ドキドキ!プリキュア カテゴリの記事

ドキドキ!プリキュア 第14話 「夢か約束か!六花おおいに悩む!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第15話 「大いそがし!真琴のアイドルな日々!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第16話 「レジーナ猛アタック!マナはあたしのモノ!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第17話 「ショック!奪われたクリスタル!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第18話 「出現!さいごのロイヤルクリスタル!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第19話 「クリスタルをかけて!ジコチューのゲーム!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第20話 「クリスタルの導き!王女様のもとへ!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第21話 「トランプ王国へ!王女さまを救え!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第22話 「ピンチに登場!新たな戦士キュアエース!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第23話 「愛を取り戻せ!プリキュア5つの誓い!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第24話 「衝撃!まこぴーアイドル引退宣言!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第25話 「華麗な変身!ニューヒロイン登場!?」 感想
ドキドキ!プリキュア 第26話 「ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第27話 「バレちゃった!? キュアエースの弱点!」 感想
ドキドキ!プリキュア 第28話 「胸がドキドキ!亜久里の夏休み!」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ドキドキ!プリキュア 第21話「トランプ王国へ!王女様を救え」[ MAGI☆の日記 ]
2013/06/23(Sun) 23:38

ドキドキ!プリキュアの第21話を見ました。 第21話 トランプ王国へ!王女様を救え! 「王女は頂いていく。行きましょう、お父様がお待ちです」 氷の中で眠ったままのアン王女...

*ドキドキ!プリキュア #21[ 日々の記録 ]
2013/06/24(Mon) 00:20

奪われた王女を取り返すために、マナたちがトランプ王国へと向かうお話でした。 マナたちの目の前で、氷づけになった王女はイーラたちに奪われてしまいました。そして、ようやく

*ドキドキ!プリキュア 第21話「トランプ王国へ!王女様を救え!」[ のらりんすけっち ]
2013/06/24(Mon) 03:59

まさかの1話で王女奪還^^; キングジコチューって動けないんだ そしてまさかまさかの次週キュアエース登場。 フレプリの時のような感じですが、二番煎じになっちゃうので何かひとひ

*ドキドキ!プリキュア 21話「トランプ王国へ!王女様を救え!」の感想[ 真実悪路 ]
2013/06/24(Mon) 05:21

キングジコチューは流石にジコチューだった! そもそもジコチューがどうして娘なんか持つことになったのかというか、 おそらく存在するであろう母親の存在が話の鍵になってくる?...

*ドキドキ!プリキュア テレ朝(6/23)#21[ ぬる~くまったりと ]
2013/06/24(Mon) 08:58

第21話 トランプ王国へ!王女様を救え! アン王女とレジーナが連れ去られた。キングジコチューの下に連れていくはず。でも私達にはトランプ王国へ行く術がない。 それでも何とかな

*ドキドキ!プリキュア 第21話感想[ Msk-Mtnのブログ ]
2013/06/24(Mon) 13:23

 「ドキドキ! プリキュア」第21話「トランプ王国へ! 王女様を救え!」の感想です。  なお、今回から、テキスト形式をちょっと変えました。トップページから来られた方は、「

*ドキドキ!プリキュア 第21話 相田マナ、潜入!トランプ王国!? であります[ しるばにあの日誌 ]
2013/06/24(Mon) 14:18

相田マナ、潜入!トランプ王国!? でありますー>潜入!イースター社!?(しゅごキャラ!どきっ! 第81話のサブタイトル)

*ドキドキ!プリキュア第21話感想&考察[ あおいろ部屋 ]
2013/06/24(Mon) 15:39

ようやく見つけ出したアン王女。そしてクリスタルへの 執着がなくなり、マナの友達に戻ったレジーナ。 2人ともがジコチュー側に渡ってしまいました。 プリキュアさん勢、万事休す

*ドキドキ! プリキュア 第21話「トランプ王国へ!王女様を救え!」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/06/24(Mon) 21:06

氷に閉じ込められたアン王女がトランプ王国に連れ去られた。 レジーナもいっしょにキングジコチューに謁見するが、その胸中にはマナたちのことが。 人間界も攻撃するという言葉に

*ドキドキ!プリキュア 第21話 「トランプ王国へ!王女様を救え!」[ attendre et espérer ]
2013/06/25(Tue) 21:51

「それは…人を思いやる気持ち。“愛”だよ」 この世界つなぐもの それは愛だよ 鳥か?隕石か!?いや、プリキュアだ! 本当の山場は、きっとここから始まる。「ドキドキ!プリ

*[ヲタ話][ドキドキ!プリキュア]あの程度の穴、初代なら壁ジャンプで何の苦もなく脱出できたものを…[ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]
2013/06/26(Wed) 19:12

 あらゆる敵をステゴロで粉砕してきた、花山イズム正統継承者たるあの二人とは根本的ポテンシャルから違うとはいえ、まだまだ修行が足りないようだな。ここは一つ、某ツルッパゲも...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ