2013
06
22

デート ア ライブ 第12話 「譲れないもの」(最終回) 感想

精霊とデート #12

俺の義妹がこんなに可愛い。『デート ア ライブ』最終話の感想です。

精霊とデート #12
精霊とデート #12

琴里 「お兄ちゃん、大好き! 世界でいちばん愛してる!」

とうとう琴里が士道への想いを打ち明けました。思えば中盤あたりで琴里のことが気になりはじめてからわたしはずっとこの言葉を待ってた気がする。それが最終話で叶った。嬉しかった。作品を見届けた感じがした。
そういう意味でもやはり今回の士道と琴里のデートイヴェント回は物語最後のクライマックスに相応しかったと思う。デレ琴里が可愛かった。とても可愛かった。



精霊とデート #12
精霊とデート #12
精霊とデート #12

デート中の琴里の、想いが先走って恥ずかしい返答をしてしまって慌てるのも、ちょっぴり声が裏返る「はい」も可愛かった。士道が封印のキスをするときに琴里の高感度を心配していたけれど、「いやもう最初からラヴ度は振り切ってるから!」と視聴者として念のために突っ込みましたが、デート終了後に令音から「琴里の高感度はずっと MAX のままだ」とはっきり言われてて、知ってた( ̄▽ ̄*) とさらににまにました。


精霊とデート #12
精霊とデート #12

キスのときの「愛してる」という士道の想いをもう一度確かめる琴里にも悶絶しそうになりましたが、妹としてという補足に突っ込みを入れるお約束のオチも良かった。妙に安心した。




精霊とデート #12
精霊とデート #12

本編ではイフリートと琴里と士道の過去の真相がある程度見えて良かった。
どうやら琴里はダメージを受けた士道を助けるために、宿した精霊のチカラを士道に与えた(封印させた)のですね。これって封印を考えるとつまりこの頃からすでに琴里はお兄ちゃんのことが好きで、このとき琴里は士道を助けるためにキスをして、そして今回で士道は琴里を助けるためにキスをした、という訳で…。その対比のように重なった行為もまた何かしら感じるところがあって、うん、やっぱり士道と琴里が結ばれればいいんじゃないかな。琴里は義妹だからだいじょうぶだよね!



精霊とデート #12
精霊とデート #12
精霊とデート #12

折紙は、彼女自身はまだ納得は出来ないでしょうけれど、琴里への憎しみは解消の方向性が見えた感じかな。十香の想いは折紙の心にだいぶ伝わったはず。
ホワイトリコリスを持ち出してまで仇を討とうとした折紙の暴走はここまでを考えると分かる気がする。折紙的にはブレてない。


精霊とデート #12

受けた恩や想いを胸に折紙を止めようと戦った十香と四糸乃も優しい。士道の想いは彼女たち精霊に届いてる。士道のやってきたことは間違っていないんだと分かりますよね。



精霊とデート #12
精霊とデート #12

最後はいい雰囲気になった士道と十香をみんなが邪魔をする、という見事なハーレムラヴコメ空間で締め。とくに琴里の嫉妬ににまにまする。四糸乃も可愛い。

狂三のこともあるし、第2期があってもいいんじゃないかな。と思いました。そして再び琴里の可愛いツンデレと凛々しい可愛らしさを観たいです。

…というところで第2期制作決定の告知があることを後で知りました。ヽ( ̄▽ ̄)ノ わふー!


精霊とデート #12
精霊とデート #12
精霊とデート #12
精霊とデート #12

琴里かわいいよ琴里。



「デート ア ライブ」カテゴリの記事

デート ア ライブ 第01話 「四月一〇日」 感想
デート ア ライブ 第02話 「再接近遭遇」 感想
デート ア ライブ 第03話 「空分かつ剣(つるぎ)」 感想
デート ア ライブ 第04話 「不機嫌な雨」 感想
デート ア ライブ 第05話 「凍て付く大地」 感想
デート ア ライブ 第06話 「恋する温泉」 感想
デート ア ライブ 第07話 「来訪者達」 感想
デート ア ライブ 第08話 「三重狂想曲」 感想
デート ア ライブ 第09話 「狂乱の悪夢」 感想
デート ア ライブ 第10話 「炎の精霊(イフリート)」 感想
デート ア ライブ 第11話 「カウントダウン」 感想
デート ア ライブ 第12話 「譲れないもの」(最終話) 感想
デート ア ライブ 第13話 OVA 「DATE TO DATE」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. 承認待ちコメント

    2013/07/14(Sun)  11:09-  # [] [編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*デート・ア・ライブ 第12話[ アニメなので ]
2013/06/22(Sat) 15:51

デート・ア・ライブ第12話です。 注目の発表もありましたね。 日常の中で 思いはいつも交錯する 真実を忘れた赤い炎 事実を知った白い炎 二つの炎まみえるとき 全ては焼き尽く...

*デート・ア・ライブ TokyoMX(6/21)#12終[ ぬる~くまったりと ]
2013/06/22(Sat) 19:05

最終回 第12話 譲れないもの 遊園地で琴里と遊ぶ士道。ジャングルクルーズを楽しむ十香と四糸乃。実は琴里の状況を聞いていた四糸乃。二人の邪魔は出来ないと二人を呼びたい十香を...

*デート・ア・ライブ 第12話「譲れないもの」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/06/22(Sat) 19:37

琴里の精霊の力を封印するためにデートする士道。 しかし、琴里を両親の仇・イフリートして狙う折紙が攻撃してくる! 士道は 戦い合う妹と友達を助けることが出来るのか? 最終

*デート・ア・ライブ 最終話「譲れないもの」(終)[ がっちの言葉戯び ]
2013/06/23(Sun) 16:35

この記事を書く直前での私のブログのアップロード総容量。 もうそろそろ限界が近いですね、気が付けば1年半で9万ファイルも上げたんかいって感じですが。 要するに平均で約50

*デート・ア・ライブ 第12話「譲れないもの」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/06/25(Tue) 12:19

狂三が士道に執着する真の理由とか5年前に琴里と士道の運命を変えた謎の存在とか肝心な部分をカットしてどうすんの?!と最後の方は怒りを抑えながら見てたんですが、これ分割2クー

*デート・ア・ライブ[ Kurze Notiz ]
2013/06/28(Fri) 23:35

作品情報ジャンルSF、ラブコメ、戦闘美少女原作ライトノベル(富士見ファンタジア文庫)原作者橘公司監督元永慶太郎制作会社AIC PLUS+放送期間2013年4月-6月話数全12話キャスト島﨑信長井

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ