2013
06
08

とある科学の超電磁砲S 第9話 「能力追跡(AIMストーカー)」 感想

レールガンS #9

沈利がいい悪役キャラだ。

レールガンS #9
レールガンS #9
レールガンS #9

今週は美琴と麦野沈利のレベル 5 同士の対決へ向けて舞台が整った回。
もともとここ数日間ずっと関連施設を破壊するために休まず動きっぱなしで、さらにアイテムたちとの遭遇と激しい戦闘で疲労困憊の美琴。一方、戦う相手が"超電磁砲"の御坂美琴だと気付いてまるで戦闘狂のような嬉々とした表情を見せる沈利。この二人の激突ははたしてどうなる!? という、ある意味でタメ回のようなお話でした。面白かったけれど、来週がもっと気になる。


沈利がいい敵キャラですね。沈利は仲間思いのいいリーダーかな、と思ったら数で圧倒していたと思われるのが嫌というプライドだった(^^; そうすると沈利が理后を気遣ったのも理后の身体を心配したのではなくてあくまでも任務のためなのでしょうか。
ま、最後の沈利の悪い顔を見ればそれでいまはじゅうぶんなのですけどね( ̄▽ ̄;)

レールガンS #9

『禁書目録』シリーズを考えると、沈利の抱えたものや今後どうなるかは展開を見守っていく、ということで。



レールガンS #9
レールガンS #9

砥信が頑張ったのは、たとえ擬似的でも感情プログラムをシスターズにインストールすることで科学者たちやアクセラレータに心境の変化が現れるかもしれない、というものでした。以前の回想で砥信がミサカに感じた人間らしさが行動の源泉と意図になっていて、視聴者としても納得できた。あの回想シーンはグッときたものなぁ…。

それに砥信の行動は間違ってなかった、といまは分かります。『禁書目録』のレベル 6 進化篇を観てるから。だけどロリミサカという存在があって砥信の試みは上手く行かなかったのですね。いやむしろロリミサカがいたからこそアクセラレータは……、いやこの部分の話は過去にすでに書いたし、それにこの『超電磁砲S』ではまだ先の話なので。美琴視点では語られないかもですが。



レールガンS #9

対象の AIM 拡散力場を確認すれば地球の裏側にいても相手の位置情報を捕捉できるという滝壺理后の"能力追跡(AIM ストーカー)"が地味にスゴイと思うのだけど(汗)。その発動のために飲む錠剤に副作用があるのは物語と設定上のリミッターなのでしょうね。


レールガンS #9
レールガンS #9

フレンダは今週も可愛かった。でもダメージを負った理后とともに最愛と合流して戦線から離脱かな。次にフレンダちゃんの黒ストッキングのおみ足を見れるのはいつですか。



ブログ内の関連記事
とある魔術の禁書目録 感想

過去の記事と次の記事
とある科学の超電磁砲S 第01話 「超電磁砲(レールガン)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第02話 「寿命中断(クリティカル)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第03話 「超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第04話 「妹達(シスターズ)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第05話 「絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第06話 「あたし…みんなのこと見えてるから」 感想
とある科学の超電磁砲S 第07話 「お姉さまの力になりたいですの」 感想
とある科学の超電磁砲S 第08話 「Item(アイテム)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第09話 「能力追跡(AIMストーカー)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第10話 「原子崩し(メルトダウナー)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第11話 「自動販売機」 感想
とある科学の超電磁砲S 第12話 「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第13話 「一方通行(アクセラレータ)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第14話 「約束」 感想
とある科学の超電磁砲S 第15話 「最弱(かみじょうとうま)」 感想
とある科学の超電磁砲S 第16話 「姉妹」 感想
とある科学の超電磁砲S 第17話 「勉強会」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. 2013/06/09(Sun)  10:20TS  #- [] [編集]

    >麦野
    このころの麦野は…………ねえw 次回は更に凶〇モードが出るでしょうし。
    後の本編で浜面は「テレビゲームをノーミスクリアできないと気が済まず、少しでもミスがあったら怒り狂って、たとえエンディングを見ても納得しない人間。それを帳消しにするためにハイスコアを更新して満足するタイプ」と言い表してます。

    滝壺に関してはちょっとノーコメント。 次回にもまだ小イベントがある(はず)ので。


    >砥信
    実は原作だとこれ以降登場してない…。

    感情プログラムは打ち止めが原因で拡散が阻止されちゃいましたが、実はあの場にいた『妹達』にはインストール成功してたみたいです。
    で、その個体は………後の「ミサカ19090号」だとか。(←隠れダイエット成功個体)
    ちなみに打ち止めには感情プログラムの影響は全くありません。 あれは素の性格です。


    >絹旗最愛

    能力『窒素装甲(オフェンスアーマー)』 レベル4

    大気中の窒素を自由に操る事が出来る能力。 ただし、射程距離は彼女の身体から数センチ程度と極端に短い。
    攻撃にも防御にも転用出来るが、絹旗最愛の場合は防御に特化しており、磁力狙撃砲程度なら弾丸の方がひしゃげる。 攻撃を行う際には拳で直接殴る必要があるが、手加減無用で放てば威力はガトリング砲に匹敵する程。
    窒素越しに重量物を持ち上げたりもできるが傍目には怪力であるように見える。原作でも自動車や大理石のテーブルをブン投げて攻撃したりもしている。
    なお『窒素』を操る能力の為、自身の周りに『窒素』が無ければ能力は使えない。
    能力が無ければ超か弱い普通の女の子と本人弁。


    『暗闇の五月計画』という某1位が持つ演算方法の一部を、意図的に他の能力者に植え付けて、能力を向上させようという計画の被験体の1人。(これは人格、思考などにも当然影響を及ぼす非人道的なものだが、絹旗はその悪夢を乗り越えた。)
    それにより一方通行のような常に能力が展開された自動防御機能があり、例えば狙撃などの不意打ちであっても彼女には効かない。
    ブチ切れた時には口調がやや一方さん風になることが有る。(字面で見ないと分かりづらいけどねw)
    具体的には「ぁぃぅぇぉ」(小文字)と「ん」がカタカナになったり、「クソ」とか言っちゃう風に。
    ※本編より
    「……掌から噴射するしか能のねェ超クソ野郎が、私に勝てるとでも思ってンですか」

    ちなみに『暗闇の五月計画』自体は絹旗とは反対に攻撃性に特化した被験体の1人が研究者を皆殺しにしたため消滅したとの事。


    ……と、凄惨な過去とアニメでの冷静な仕事人っぷりのせいで冷めた人間に見えがちだが……、実は本編での彼女は―――――

    ●日頃から丈の短いセータのようなウール地のワンピース&スカートを着用しており、常にパンチラ寸前と言う状態。「見えそうで見えないギリギリの角度で計算しているから問題無い」との事。 本人曰く『そこらのビッチとは角度が超違うんです』。
    その言葉を証明する如く彼女のイラストは確かに「見えてない」。(が、浜面弄りからの自爆と車からの緊急脱出の計2回「見えた」ことが有る)

    ●映画鑑賞が趣味だが、ハリウッド超大作には興味が無く、超マイナーなB級C級映画を好む。更に、制作段階からC級の匂いがプンプンするC級映画では無く、超本気でハリウッド映画に挑んだが、結果的にC級映画となってしまった天然の物が好み。

    ―――――と、意外にギャグ要素を持つ明るいキャラだったりする。
    浜面曰く「実は知り合いに依存するタイプ」



  3. Re:

    2013/06/10(Mon)  23:05Chel  #uWMNODuI [] [編集]

    ▼ TS さま
    >砥信 実は原作だとこれ以降登場してない…。
    Σ( ̄□ ̄;) なんですとー

    >あの場にいた『妹達』にはインストール成功
    そういえば『禁書目録』のほうで少し個性的な妹がいたようないなかったような? よく分からないけれどそれは情報の並列化で共有できる部分なのかな? 根っこの部分?

    >そこらのビッチとは角度が超違うんです
    変なこだわりがすてきだ! ぜひに画面で実演してほしいところ。
    しかし知るにつれ学園都市って怖いところですね(



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*とある科学の超電磁砲S 第9話 「能力追跡(AIMストーカー)」 感想[ wendyの旅路 ]
2013/06/08(Sat) 20:38

悪戦苦闘―

*とある科学の超電磁砲S 第9話[ アニメなので ]
2013/06/08(Sat) 22:25

とある科学の超電磁砲S第9話です。 先週に引き続きアクションシーン多めでした。 砥信ちゃんの住んでいるマンションでしょうか。

*とある科学の超電磁砲S 第9話「能力追跡(AIMストーカー)」[ のらりんすけっち ]
2013/06/09(Sun) 05:46

フレンダを追い詰めた所で援軍到着、美琴一気に劣勢へ。 麦のんはやっぱりレベル5でしたか。第4位とランクでは美琴の次なんですね。 滝壺ちゃんはレベル4、しかしドーピングしない

*とある科学の超電磁砲S 第9話『能力追跡(AIMストーカー)』 感想[ キャラソニ! ]
2013/06/09(Sun) 18:52

とある科学の超電磁砲S 第9話『能力追跡(AIMストーカー)』の感想です。 むぎのんキター!戦闘シーンがめちゃカッコよすぎてヤバイ! (以降ネタバレ注意)

*とある科学の超電磁砲S TokyoMX(6/07)#09[ ぬる~くまったりと ]
2013/06/09(Sun) 18:58

第9話 能力追跡(AIMトレーサー) 脳神経応用分析所から呼び出された布束。計画の関連施設が襲撃されて残り2か所であることを 知って美琴の決意を理解する。覚悟を決めてUSBメモリを持

*とある科学の超電磁砲S〜第9話感想〜[ ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。 ]
2013/06/10(Mon) 07:58

「能力追跡(AIMストーカー)」 フレンダを助けに来た麦野。 強力な攻撃が繰り出される。 麦野の攻撃をかわしつつ反撃する御坂美琴。 そして、滝壺は能力を発揮。 「...

*2013年02クール 新作アニメ とある科学の超電磁砲S 第09話 雑感[ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]
2013/06/10(Mon) 21:09

[とある科学の超電磁砲S] ブログ村キーワード とある科学の超電磁砲S 第09話 「能力追跡(AIMストーカー)」 #railgun2013 『とある魔術の禁書目録』のヒロインの1人である御坂美

*とある科学の超電磁砲S 第9話「能力追跡(AIMストーカー)」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/06/10(Mon) 23:26

フレンダを追い詰めた美琴だったが、麦野たち残りのアイテムメンバーが現れる。 レベル5の学園都市4位の麦野と拡散力場追跡能の滝壷のコンビは強力。 戦いで消耗した美琴はしだ

*【アニメ】とある科学の超電磁砲S 感想 第9話「能力追跡(AIMストーカー)」[ 今日から明日へ(仮) ]
2013/06/15(Sat) 00:38

遅れに遅れて申し訳ありませんorz いよいよ美琴の戦いが本格的に始まりました。 可愛いけれども強敵なフレンダを何とか退けた美琴に、更なる強敵が立ちはだかります。 ( ゚∀゚)o彡...

*とある科学の超電磁砲S 第10話 『原子崩し(メルトダウナー)』 麦野役:小清水亜美のチンピラ演技最高。[ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2013/06/16(Sun) 15:51

勝ったかと思っちゃったかにゃー?麦野のチンピラ声が禁書シリーズの持ち味「顔芸」と相乗効果出してますね。小清水亜美のガラ悪い演技は素晴らしい。アニメ「BLOOD+」で謝花真央(ヤ...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ