2013
04
18

RDG レッドデータガール 第3話 「はじめてのお使い」 感想

RDG #3

それぞれの決意。

RDG #3
RDG #3

今回は泉水子と深行が和宮さとるの正体を知り、さとるを本来の在るべき山の神霊へと還したお話。深行が山伏としての自分の運命を受け入れてもっと強くなる、そして泉水子もいままでの自分を変えたい、強くなりたいとそれぞれの決意を見せた回でもありました。


RDG #3
RDG #3

山で巫女装束を纏って舞を踊る泉水子が可愛かった。その美しくて堂々とした振る舞いに泉水子の強さが見えた気がした。さとるを説得するときにも成長した心の強さを感じましたが、泉水子はこれからもっと強くなれますよね。

求める変化も強さも謎も青春もきっとぜんぶ鳳城学園にある。ここまでがプロローグで、いよいよ次回から物語が本格的にはじまるんだという期待感を感じました。今回の話もさとるの謎とサスペンス風味の展開が面白かったのですが、次からはじまる新しい舞台での物語に何だかわくわくしてきます。
さっそく寮の泉水子の同室の可愛い子、宗田真響が登場して、これはいろいろと来週以降の学園篇が楽しみですよ。


RDG #3

「可愛いぃ~」というあなたが可愛いです( ̄▽ ̄*) 真響も泉水子の理解者になってくれるといいな。



ブログ内の関連記事
RDG レッドデータガール エンドカード

過去の記事と次の記事
RDG レッドデータガール 第01話 「はじめての転校生」 感想
RDG レッドデータガール 第02話 「はじめての手のひら」 感想
RDG レッドデータガール 第03話 「はじめてのお使い」 感想
RDG レッドデータガール 第04話 「はじめてのルームメイト」 感想
RDG レッドデータガール 第05話 「はじめてのお化粧」 感想
RDG レッドデータガール 第06話 「はじめてのお泊り」 感想
RDG レッドデータガール 第07話 「はじめての迷子」 感想
RDG レッドデータガール 第08話 「はじめてのお願い」 感想
RDG レッドデータガール 第09話 「はじめてのお披露目」 感想
RDG レッドデータガール 第10話 「はじめての学園祭」 感想
RDG レッドデータガール 第11話 「はじめての拒絶」 感想
RDG レッドデータガール 第12話 「世界遺産の少女」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*RDG レッドデータガール 第3話「はじめてのお使い」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/04/18(Thu) 23:15

深行は東京行きの一件で。山伏の力を高めようと進学先を決定。 泉水子は修学旅行を欠席したクラスメイトの和宮にお土産を渡しに行くが… 今まで見せない険しさを見せる和宮は、ク

*RDG レッドデータガール 第3話「はじめてのお使い」 感想[ 気ままに歩く〜Free Life〜 ]
2013/04/19(Fri) 10:51

泉水子の心の変化から生まれた神霊のお話。 中盤まではドキドキハラハラしながら見ていました。 最後のシーンは本当に描写が綺麗で これぞP.A.WORKS!!って感じでしたね。

*RDG レッドデータガール 第3章「はじめてのお使い」[ MAGI☆の日記 ]
2013/04/19(Fri) 15:06

RDG レッドデータガールの第3話を見ました。 第3章 はじめてのお使い 「もういいのか?起き出して」 「うん、家で一晩寝たら良くなったみたい」 「そんなことだろうと思った

*RDG レッドデータガール 第3章「はじめてのお使い」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/04/20(Sat) 17:22

泉水子が祝詞を謡いながら舞うシーン、ここだけでも中の人が早見さんでよかった〜(というか澄んだ声質が出せて歌唱力のある声優さんがキャスティングされてよかった)とつくづく思...

*RDG レッドデータガール 感想 第3話 「はじめてのお使い」[ ひそか日記 ]
2013/04/21(Sun) 10:15

「はじめてのお使い」とはそういう意味だったのか!  面白いサブタイトルでした。 修学旅行に和宮が行かなかったことには,ちゃんと意味があったようです。 和宮を泉巫女を写...

*RDG レッドデータガール 第3章 「はじめてのお使い」[ 北十字星 ]
2013/04/22(Mon) 17:43

RDG レッドデータガール 第2巻 [Blu-ray](2013/07/26)早見沙織、内山昂輝 他商品詳細を見る 相楽深行に嫉妬した和宮さとるの逆襲の回。 人を操り相楽深行に攻撃を加えたり 鈴原泉

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ