2013
04
11

RDG レッドデータガール 第2話 「はじめての手のひら」 感想

RDG #2

つないだ手と、近付いた二人の距離。

RDG #2
RDG #2

姫神が泉水子の身体に降りてきて「泉水子が最後の器になる」と告げた真意や謎が今後への興味を惹いたのですが、それでも今回はやっぱりサブタイトルにもなった泉水子と深行のつないだ手が印象に残りました。得体の知れない黒いモノが迫っている恐怖と不気味さの中、人と触れ合って感じる温もりが少しでもチカラになることが伝わってきて、そしてこれからの泉水子と深行の恋物語がはじまる予感と期待をさせてくれて良かったです。もともとの原作からそうなのでしょうけれど、かなり少女向けの恋愛物語の雰囲気がします。


RDG #2

今回の修学旅行で文字通りに死活問題だから深行は泉水子と紫子が逢うことを手伝ったのですが、黒い影に本気で怯える泉水子の様子や憑依のチカラを目の当たりにし、握り合った手に泉水子という少女を感じ、か弱くて何にも出来ない泉水子のことを面倒だけどほうっておけないと思うようになったんじゃないかな。
そして追い討ちとなったのは「深行の手に負えないから護衛の責務を解く」という雪政の言葉。深行の性格を知っているから雪政はそう言ったんだろうなと思う。
これで深行は泉水子と同じ高校へ行くことになりそうですね。


RDG #2

泉水子に眠るチカラを狙う無数の悪意。そんな黒いモノが迫っている恐怖と圧迫感を感じる雰囲気がよく出ていたと思いますが、雨が降り出した中、突然の大きな雷鳴に深行は驚いたのに泉水子は黒い影に震えるばかりで反応しなかったのがいい演出だなと思いました。泉水子にとってはそれほどの恐怖、だからこそ手のひらの温もりを感じたいという泉水子の言葉につながってゆくのが良かった。


RDG #2

最初は携帯越しの受け渡し、そして最後につなぎ合った二人の手。不気味な影に怯えてそれどころではなかったけれど、それは小さなことだったかもしれないけれど、二人の距離が確かに少しばかり近付いた大きな出来事だったと思います。



RDG #2

泉水子が可愛いし、来週でのさとるの秘密(?)、そしておそらく高校編からはじまる本格的な泉水子と深行の成長と恋物語が楽しみです。



ブログ内の関連記事
RDG レッドデータガール エンドカード

過去の記事と次の記事
RDG レッドデータガール 第01話 「はじめての転校生」 感想
RDG レッドデータガール 第02話 「はじめての手のひら」 感想
RDG レッドデータガール 第03話 「はじめてのお使い」 感想
RDG レッドデータガール 第04話 「はじめてのルームメイト」 感想
RDG レッドデータガール 第05話 「はじめてのお化粧」 感想
RDG レッドデータガール 第06話 「はじめてのお泊り」 感想
RDG レッドデータガール 第07話 「はじめての迷子」 感想
RDG レッドデータガール 第08話 「はじめてのお願い」 感想
RDG レッドデータガール 第09話 「はじめてのお披露目」 感想
RDG レッドデータガール 第10話 「はじめての学園祭」 感想
RDG レッドデータガール 第11話 「はじめての拒絶」 感想
RDG レッドデータガール 第12話 「世界遺産の少女」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*まずはその存在を認めて【アニメ RDG レッドデータガール #2】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2013/04/11(Thu) 21:15

RDG レッドデータガール 第2巻 [Blu-ray](2013/07/26)早見沙織、内山昂輝 他商品詳細を見る アニメ RDGレッドデータガール 第2話 はじめての手のひら 世界遺産に認定された熊野古道の奥深

*RDGレッドデータガール TokyoMX(4/10)#02[ ぬる~くまったりと ]
2013/04/11(Thu) 21:18

第2章 はじめての手のひら 公式サイトから泉水子のクラスに転校してきた深行。二人は雪政から、一緒に東京の鳳城学園へ進学するように言われ、落ち着かない日々を過ごしていた。や

*RDG レッドデータガール 第2話 はじめての手のひら 感想[ crystalcage ]
2013/04/11(Thu) 21:36

なんかいきなりこの話の最重要人物が出てきたような。 本当に少しだけ深行との距離も縮まったような感じでしたね。 それでもまだ1歩進んで半歩下がっちゃったような感じではありま

*RDG レッドデータガール 第2話「はじめての手のひら」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/04/11(Thu) 22:19

深行がクラスに転校してきて落ち着かない泉水子。 東京にいる母・紫子から携帯を贈られた泉水子は、母に相談しようと決意。 深行にも協力してもらい修学旅行で東京に行った際に会

*RDG レッドデータガール 2章 はじめての…[ うっかりトーちゃんのま〜ったり日記 ]
2013/04/11(Thu) 22:32

RDG(レッドデータガール)の2章を見ました。 いやー、良かったですね! 交通機関を麻痺させる 泉水子さんな!(コラ! 東京への修学旅行で母の紫

*RDG レッドデータガール 第2話 「はじめての手のひら」 感想[ ひえんきゃく ]
2013/04/11(Thu) 22:51

展開が読めないですね。 それだけにこれからどうなっていくのか楽しみです。 泉水子のクラスに転校してきた深行。 二人は雪政から、一緒に東京の鳳城学園へ進学するように言われ

*RDG レッドデータガール:2話感想[ しろくろの日常 ]
2013/04/11(Thu) 23:17

RDG レッドデータガールの感想です。 見えない恐怖。

*RDG レッドデータガール 第2話「はじめての手のひら」[ WONDER TIME ]
2013/04/11(Thu) 23:54

「よかったら 手、繋いでもいいかな  少しだけ怖くなくなったの さっき」 修学旅行で母親の紫子と落ち合う約束をした泉水子と深行 しかし、東京で泉水子を狙う黒い影が――!  

*RDG レッドデータガール 第二章「はじめての手のひら」[ おたく中心 ]
2013/04/12(Fri) 00:35

憑依体質ってあれだよね、移植した片腕から意識が乗り移ったのは憑依体質の所為っぽい事を言っておきながら 後でいきなり「あれは演技でした」とか、そんな台無しなぶっちゃけ方す

*RDG レッドデータガール 第2話[ 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) ]
2013/04/12(Fri) 01:26

「はじめての手のひら」 良かったら手繋いでもいいかな

*RDG レッドデータガール 2話「田舎から都会へ」[ 失われた何か  ]
2013/04/12(Fri) 06:00

1話で田舎(故郷)を描き、2話では都会という異邦を描いた展開。 舞台が一変し、田舎から東京という都会へ移り変わったのが面白かった。 今後は東京がメインになっていくのであろ

*RDG レッドデータガール 感想 第02話 「はじめての手のひら」[ ひそか日記 ]
2013/04/12(Fri) 07:14

泉水子(いずみこ)は名前の通りに いず「巫女」 のようですね。 巫女と言えばヒミコ。邪馬台国における巫女の卑弥呼。 井沢元彦さんの本によれば,卑弥呼(ひみこ)という漢字...

*RDG レッドデータガール 第2章「はじめての手のひら」[ MAGI☆の日記 ]
2013/04/12(Fri) 10:06

RDG レッドデータガールの第2話を見ました。 第2章 はじめての手のひら  転校してきた深行は眉目秀麗で外面が良いこともあって女子から人気がある中、泉水子は和宮さとるに話...

*RDG レッドデータガール 第2話「はじめての手のひら」 感想[ 気ままに歩く〜Free Life〜 ]
2013/04/12(Fri) 10:27

結局なんなんだーーー!? これはなかなか難しいぞ? まだまだわからないことばかりです(汗)

*『RDG レッドデータガール』第2話[ ウサウサ日記 ]
2013/04/12(Fri) 12:27

第2話「はじめての手のひら」東京の学校に進学したくない泉水子は、母に会おうとするが… RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)作者: 荻原 規子出版社/メーカー...

*レッドデータガール 第02話「はじめての手のひら」 感想[ ハイカラ(笑)BLOG ]
2013/04/13(Sat) 05:48

「レッドデータガール」第2話の感想です。 良い感じで意味がわかりませんww 先が気になります。

*RDG レッドデータガール 第2章「はじめての手のひら」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/04/13(Sat) 17:03

雪政はやっぱり息子共々山伏という設定だったのねと思ったのも束の間、“姫神”が泉水子に初めて憑依。あの雪政がサッと臣下の礼をとり言葉遣いまで一変したのを見ても、その存在の...

*RDG レッドデータガール 第2章 「はじめての手のひら」[ 北十字星 ]
2013/04/16(Tue) 05:48

RDG レッドデータガール 第2巻 [Blu-ray](2013/07/26)早見沙織、内山昂輝 他商品詳細を見る 鈴原紫子と修学学旅行で訪れた東京で会うことになった 鈴原泉水子。方向音痴に機械音痴。...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ