妖狐×僕SS #13

『妖狐×僕SS』の特別編の感想です。りりちよさまー。

特別編はいくつかの短編を集めた構成ですが、ネタ的にも濃くて笑える日常回で楽しかった。おもに変態という意味で。ひさしぶりに観てみるとこの作品はやっぱり個性的で面白くていいキャラが揃ってたなぁと思います。おもに変態という意味で。



妖狐×僕SS #13
妖狐×僕SS #13

まずは「御狐神くん変化」。付き合いはじめたばかりで二人きりだと緊張してばかりの凜々蝶のために、双熾が様々な姿に変化して凜々蝶の緊張をほぐしたり慣れてもらおうとするお話。という建前で、ひたすら双熾が凜々蝶を弄って反応を楽しむお話でした。うん、双熾はこういう男ダヨナー( ̄▽ ̄;)


妖狐×僕SS #13
妖狐×僕SS #13
妖狐×僕SS #13

とにかくりりちよさまが可愛い! 双熾じゃないけど凜々蝶の反応や表情が可愛くて、見てるとキュンとくるというかもっとイジメたくなるというか…あぁ、双熾の気持ちが少し分かる…。


妖狐×僕SS #13

そしてやはり脚やフトモモが良い。



2つめは「スイッチ」。身体のどこかを指で突付くと何かのスイッチが入る遊びが流行るというお話。
反ノ塚連勝が面白いわぁ。カッコ良くてわりと物静かなのにノリノリな連勝がいい。残夏とのコンビも仲が良さそうで、楽しい。


妖狐×僕SS #13

カルタと卍里とのイチャイチャ仲良しっぷりには、カルタが可愛すぎて、卍里は爆発しろと言いたくなるわー( ̄▽ ̄;)
カルタがなんとか神拳のごとく卍里の胸(スイッチ)を指で突きまくったことに笑ったけれど、これって「これ以上わたしを好きになれないくらいに好きでも、もっともっとわたしのことを好きになって」と言ってるようなものですよね。はぁん。やはり卍里は爆発しやがってください。


妖狐×僕SS #13

青鬼院蜻蛉は…書くまでもなく(笑)。ちゃんと遊びに付き合ってあげてる変態ド S がいい奴で面白いね。
双熾は凜々蝶への歪んだ愛情と性格がアレということで(^^;


妖狐×僕SS #13
妖狐×僕SS #13

そしてりりちよさまのちっぱ…スレンダーなおムネとフトモモが良い。




妖狐×僕SS #13
妖狐×僕SS #13

最後のエピソードは「おままごと」。子供のためのおままごとなのに子供には見せられない昼ドラマの展開と情事に笑えた。みんなノリノリで、双熾と野ばらは相変わらずで面白くて、カルタは演技以前の素のままに見えるし、ひとり真面目な凜々蝶さまが可愛い。


妖狐×僕SS #13
妖狐×僕SS #13

押し倒されるりりちよさまが可愛すぎる…。何て素晴らしいおままごとなんだ…(汗)。



妖狐×僕SS #13

ということで、ニヤニヤしつつたくさん笑えた特別編でしたが、結局妖館の住人たちは仲良く暮らしてると分かるお話が面白かったです。
出来れば第2期でまた彼らの物語を観たいと思いましたが、最後にひとつだけ願うことは、りりちよさまはそのままの永遠のロリ可愛さでいてください。



「妖狐×僕SS」カテゴリの記事

妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第04話 「妖館ウォークラリー」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第05話 「春の蜻蛉」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第06話 「考えるよりも」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第07話 「ふたりのよる」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第08話 「お茶と距離」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第09話 「約束の日」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第10話 「裏切りの妖狐」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第11話 「陽炎」 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第12話 「二人になった日」(最終話) 感想
妖狐×僕SS (いぬぼくシークレットサービス) 第13話 特別編 「御狐神くん変化 / スイッチ / おままごと」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*妖狐×僕SS 特別編[ 刹那的虹色世界 ]
2013/04/11(Thu) 09:09

妖狐×僕SS 特別編 『御狐神くん変化』『スイッチ』『おままごと』 ≪あらすじ≫ 凜々蝶と双熾が結ばれて少しした頃、凜々蝶は双熾との距離感が掴めずに右往左往したり、動揺した...

*妖狐×僕SS 第13話 感想[ かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 ]
2013/04/12(Fri) 07:00

こら!22歳成人男性! メニア~~~~ック!! 一昨日、テレビ番組表をみて??と

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ