2013
04
06

デート ア ライブ 第1話 「四月一〇日」 感想

精霊とデート #1

空間震という人類を脅かす災害が発生するようになって約 30 年。ある日、五河士道は自身の秘密と課せられた使命を知る…。
というバトルと恋愛のファンタジー冒険譚かと思っていたら、空間震を引き起こす謎の美少女精霊たちとデートして仲良くなって世界を救う、というバカバカしいラヴコメ作品だったのでした。


精霊とデート #1
精霊とデート #1
精霊とデート #1
精霊とデート #1

いろいろとベタな要素が詰まってて、物語の開始時と最後のエンディングのギャップまでも定番の落差ですが、シリアスの中のちょっとシュールな感じで笑えるシチュエーションが面白そうです。派手なバトルもありそうだし、いちおうファンタジーな要素もあるし、女の子たちが可愛いし、何よりぱんつ。


精霊とデート #1
精霊とデート #1

ええ、そうですよ、狙っててもぱんつだから正しくぱんつ枠として期待したいと思います。


いちおう精霊の正体や主人公に眠るチカラのほかに謎解きみたいなものもあるのかな。「やっと逢えた。もう間違わない」と士道に語りかけた子は誰? でもやっぱりそんなことよりも(ハーレム系?)学園ラヴコメになってそうな話が楽しみです。笑って萌えて楽しめれば、それでいいのです。おバカ系作品は必要なのです。シリアスな部分と上手く混ざっていれば楽しめそう。


精霊とデート #1

妹の琴里が司令官の立場ではまるきり態度が違ってますが、どちらにしても士道にデレてるかと思うとそんな妹にも期待してる。



「デート ア ライブ」カテゴリの記事

デート ア ライブ 第01話 「四月一〇日」 感想
デート ア ライブ 第02話 「再接近遭遇」 感想
デート ア ライブ 第03話 「空分かつ剣(つるぎ)」 感想
デート ア ライブ 第04話 「不機嫌な雨」 感想
デート ア ライブ 第05話 「凍て付く大地」 感想
デート ア ライブ 第06話 「恋する温泉」 感想
デート ア ライブ 第07話 「来訪者達」 感想
デート ア ライブ 第08話 「三重狂想曲」 感想
デート ア ライブ 第09話 「狂乱の悪夢」 感想
デート ア ライブ 第10話 「炎の精霊(イフリート)」 感想
デート ア ライブ 第11話 「カウントダウン」 感想
デート ア ライブ 第12話 「譲れないもの」(最終話) 感想
デート ア ライブ 第13話 OVA 「DATE TO DATE」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*デート・ア・ライブ 第1話「四月一○日」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/04/06(Sat) 23:05

大災害・空間震が起こるようになり30年後。 五河士道が住む震災から復興した街は、空間震が頻発していた…。 また空間震が起き、妹の琴里を探しに行った士道は、一人の少女に出会う...

*デート・ア・ライブ 第一話「四月一〇日」[ がっちの言葉戯び ]
2013/04/07(Sun) 20:12

色々あって何かアニメ感想記事を今日明日で書かなきゃいけなくなったので、 今期3作目はまぁ、当初から少し言ってはいましたがこちらにします。 出かける時に作業用データの入っ

*デート・ア・ライブ 第1話 「四月一〇日」[ アバトーンの理想郷 ]
2013/04/07(Sun) 20:26

精霊とデートしてデレさせろ! EDのぶっ飛びぶりがアホすぎて逆に素晴らしいですが、あれでこの作品の内容半分ぐらい説明してるから困るw しかし、つなこ絵の作品がついにアニメ

*[新]デート・ア・ライブ 第1話[ 刹那的虹色世界 ]
2013/04/07(Sun) 23:45

[新]デート・ア・ライブ 第1話 『四月一〇日』 ≪あらすじ≫ 精霊――異世界より舞い降りし、謎に包まれた存在。かの存在は、空間震と呼ばれる凄惨な災害を伴って出現する。だが

*アニメ感想 デート・ア・ライブ 第1話「四月一○日」[ 往く先は風に訊け ]
2013/04/08(Mon) 19:09

妖精との接近遭遇

*デート・ア・ライブ 第1話 四月一〇日[ ゲーム漬け ]
2013/04/09(Tue) 12:27

30年前、ユーラシア大陸中央部を巨大空間震が襲い、1億5000万人という未曽有の被害を引き起こす事に。 主人公の五河 士道は高校生で、妹の五河 琴里と2人暮らしなのですが、暴力女 ...

*デート・ア・ライブ 第1話「四月一〇日」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/04/09(Tue) 21:20

「どうしてこの娘は、こんなに強いのに・・・そんな顔をするんだろう」 ・・・いやぁ、ネット上ではテンプレの寄せ集めだの焼き直し何だのといろいろ叩かれているようですし、私も

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ