2013
03
14

たまこまーけっと 第10話 「あの子のバトンに花が咲く」 感想

もち屋の娘 #10

文化祭と悩める少女のお話。

もち屋の娘 #10

みどりの泣き顔と涙がいいなと思った。たくさん悩んで、強がって、友だちの優しさが嬉しくて、もともとたいした悩みでもなかったかもしれない、バカな自分で、でも本当にどうしようもなく悩んだ、我慢してた、開放された、…いろんな思いが混じった涙だったと思う。

みどりが踊りの振り付けがちっとも考え付かないことをみんなに相談出来なかったのも分かる気がする。あんな引き受け方をしたのにカッコ悪いから。部長だから。みんなで作る文化祭の出し物だから。友だちだから。電話でみんなの状況を訊いたときにほかの子も進展してなかったらきっとみどりも「実はわたしもぜんぜんダメで~」とか言えたんだと思う。でもそんなきっかけさえ失ってしまった。そして焦れば焦るほどどんどん深みにはまる悩みスパイラル。
こういうのって周りから見るのと自分がその立場に置かれるのとは違うんですよね。


もち屋の娘 #10

でもそうやって何でもないことにも悩んで、笑って、みんなと一緒に過ごす日々が青春なのです。

みどりの部屋にあるオモチャ箱とメイクアップセットが棚に上げられて並んでいたのが印象的でした。これってたぶんだけど、コドモとオトナの象徴なんじゃないのかな。捨てられない子供時代の思い出、背伸びするオトナの憧れ、それらが共存して交じり合って、ときにせめぎ合ったりして、コドモでもないしオトナにもなりきれない、そんなあやふやだけど煌いている悩み多き青春のカタチなんだと思いました。

楽しくて笑えて、どこかちょっぴり微笑ましくて切なくなるような、そんな青春が詰まっていたお話が今週も面白かったです。




しかし今回の個人的な見どころは文化祭でのバトントワリング部のステージです。ミニスカコスチュームが可愛い(*´д`*)ハァハァ

もち屋の娘 #10
もち屋の娘 #10
もち屋の娘 #10
もち屋の娘 #10
もち屋の娘 #10
もち屋の娘 #10

いつか見れるはずだと第1話で書きましたが、マーチング衣装を着たたまこたちの姿が見れて良かったです。堪能した。



もち屋の娘 #10

そしてお話は王子の嫁探しのクライマックスへと。たまこのホクロが伏線だとは思いませんでしたが、チョイが気に留めた香りは何のどんな話につながっているのかも楽しみしたいと思います。



過去の記事と次の記事
たまこまーけっと 第01話 「あの娘はかわいいもち屋の娘」 感想
たまこまーけっと 第02話 「恋の花咲くバレンタイン」 感想
たまこまーけっと 第03話 「クールなあの子にあっちっち」 感想
たまこまーけっと 第04話 「小さな恋、咲いちゃった」 感想
たまこまーけっと 第05話 「一夜を共に過ごしたぜ」 感想
たまこまーけっと 第06話 「俺の背筋も凍ったぜ」 感想
たまこまーけっと 第07話 「あの子がお嫁に行っちゃった」 感想
たまこまーけっと 第08話 「ニワトリだとは言わせねぇ」 感想
たまこまーけっと 第09話 「歌っちゃうんだ、恋の歌」 感想
たまこまーけっと 第10話 「あの子のバトンに花が咲く」 感想
たまこまーけっと 第11話 「まさかあの娘がプリンセス」 感想
たまこまーけっと 第12話 「今年もまた暮れてった」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*たまこまーけっと 第10話「あの子のバトンに花が咲く」[ MAGI☆の日記 ]
2013/03/14(Thu) 22:00

たまこまーけっとの第10話を見ました。 第10話 あの子のバトンに花が咲く 文化祭での出し物の時間をくじ引きで引いたみどりはゴールデンタイムを引き当て、出し物で何をする

*たまこまーけっと 第10話「あの子のバトンに花が咲く」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2013/03/14(Thu) 22:16

文化祭で一番いい時間帯を引いたみどり。 曲と振りつけも張りきって引き受けますが…。 まるで振りつけを思いつかなく一人で困ってしまう。 みどりちゃん回。 そして最初で最後

*たまこまーけっと 第10話「あの子のバトンに花が咲く」感想![ くろくろDictionary ]
2013/03/15(Fri) 00:30

たまこまーけっと 第10話「あの子のバトンに花が咲く」 文化祭とみどりちゃんとバトン部。

*(アニメ感想) たまこまーけっと 第10話 「あの子のバトンに花が咲く」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2013/03/15(Fri) 00:49

投稿者・ピッコロ たまこまーけっと (2) [Blu-ray](2013/04/17)洲崎綾、金子有希 他商品詳細を見る 文化祭。バトン部は、ステージ発表のくじ引きで一番注目される時間帯を引き当てる。

*たまこまーけっと #10 「あの子のバトンに花が咲く」[ ゆる本 blog ]
2013/03/15(Fri) 01:41

バトン部大活躍!! 「たまこまーけっと」の第10話。 文化祭の準備期間から、バトン部は良い時間帯のステージを当てて盛り上がる。 それぞれに担当を決めて準備をするはずだった

*たまこまーけっと 第10話「あの子のバトンに花が咲く」[ のらりんすけっち ]
2013/03/15(Fri) 03:36

みどりちゃん青春絵巻、文化祭でバトン部も日頃の練習成果を発表。 振り付けはまかせてと意気込むみどりちゃんでしたが、思うようにいかず大ぴんち。 一人で抱え込んじゃうタイプ

*たまこまーけっと10話における、みどりと史織の逆転する関係性と、みどりの脚描写の考察[ 失われた何か ]
2013/03/15(Fri) 07:02

たまこまーけっと10話が良かった。 みどり好きな私にとっては、幸せな時間を過ごすことができた。 この作品にけいおんを求めていた人は、こういう話展開を望んでいたのではとふと思...

*たまこまーけっと 第10話 「あの子のバトンに花が咲く」 感想[ wendyの旅路 ]
2013/03/15(Fri) 14:00

友情は正義―

*たまこまーけっと 第10話[ 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) ]
2013/03/15(Fri) 22:06

「あの子のバトンの花が咲く」 もっと上手になって王子の妃となる方の婚礼衣装を手がける事が私の夢…

*たまこまーけっと〜第10話感想〜[ ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。 ]
2013/03/16(Sat) 00:37

「あの子のバトンに花が咲く」 文化祭の季節となった、たまこ達の学校。 所属するバトン部で、発表をすることになった。 みどりを中心に準備が進められることに。 みど

*その失敗も葛藤も【アニメ たまこまーけっと #10】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2013/03/16(Sat) 13:08

たまこまーけっと (1) [Blu-ray](2013/03/20)洲崎綾、金子有希 他商品詳細を見る アニメ たまこまーけっと 第10話 あの子のバトンに花が咲く その失敗も葛藤も 全てが素敵な想い出へ変わ...

*たまこまーけっと 第10話「あの子のバトンに花が咲く」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2013/03/17(Sun) 00:03

今回はみどりメインの文化祭ネタで終わりかな・・・と思いながら見はじめてたのですが、チョイがたまこの香りとか首筋のホクロとかを妙に気にするカットがあったので、何の伏線だろ...

*たまこま―けっと 第10話「あの子のバトンに花が咲く」[ Old Dancer's BLOG ]
2013/03/18(Mon) 02:48

 ……これはこれは……。  ある種のフェティシズムですなぁ。画面の切り取り方っつーのか、見せ方っつーのか、或いはカットの挟み方っつーのか…。絵コンテ・演出なんでしょう...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ