2013
03
13

リトルバスターズ! 第22話 「わたし、必ず戻ってきます」 感想

リトルバスターズ! #22

わ、わふー…。

リトルバスターズ! #22

クドリャフカと恭介との会話がとても意味深に聞こえました。
「また同じ時間、同じ経験を繰り返す」
「クドリャフカがどんな選択をしても誰も責めない」
これはいまこの世界が何かループ的なものになっているということなのかな。

しかもドッグタグの存在を考えるとクドの母親の死が確定した世界や時間でループになっているのでは…? どちらを選んでも後悔、正解はない、という理樹の言葉が言い当てている気がする。クドが日本に留まっても、テヴァに行っても、どちらも悲劇しか待っていなくて、それどころかたぶん母親に逢うためにテヴァに行って真実を知るほうが辛くて、でもそうして逃げずに現実と向き合ってすべてを受け止めなければクドリャフカが前に進めない、ということなのかな、と思いました。

すべてを知った上で覚悟を決めてテヴァに向かったんだ、と思うとクドリャフカの決意と涙の重さが胸に堪えます…(´・ω・)

とよく分からないままに思ったまま書いてみましたが、次回予告を観ると、来週はもっと何だか分からない展開になっているようですね。クドの頑張りを見届けようと思います。



リトルバスターズ! #22

今週は最後にクドが「絶対に戻ってきます!」と泣いたときのカットがすごくいいなと思いました。絵に普通に色が乗っているのだけど、クドリャフカの髪や衣服の色、それと背景がぜんぶモノトーン気味に薄いグレー調の色ばかりで、それがとても美しく調和が取れていて、でもどこか儚いのです。まるでこの先のクドを待つ運命的な何かを暗示するように…。
物語的にはクドリャフカがみんなのもとへ戻ってこれると思うし、そう願っていますが、空を覆う暗雲以上にそういった雰囲気を感じて、とてもいい絵だなと思いました。



リトルバスターズ! カテゴリの記事

リトルバスターズ! 第14話 「だからぼくは君に手をのばす」 感想
リトルバスターズ! 第16話 「そんな目で見ないで」 感想
リトルバスターズ! 第20話 「恋わずらいをいやせ」 感想
リトルバスターズ! 第21話 「50ノーティカルマイルの空」 感想
リトルバスターズ! 第22話 「わたし、必ず戻ってきます」 感想
リトルバスターズ! 第23話 「あなたの大切なもののために」 感想
リトルバスターズ! 第24話 「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」 感想
リトルバスターズ! 第25話 「最後のひとり」 感想
リトルバスターズ! 第26話 「最高の仲間たち」(最終話) 感想
リトルバスターズ! 番外編 「世界の斉藤は俺が守る!」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*リトルバスターズ! 第22話 「わたし、必ず戻ってきます」[ 北十字星 ]
2013/03/13(Wed) 21:04

リトルバスターズ! 4 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray](2013/03/27)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る タイトルの「わ

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ