2013
03
10

AKB0048 第23話 (next stage 第10話) 「絶叫パラダイス」 感想

AKB0048 #23

心はつながる。想いはきっと届く。

AKB0048 #23

緊急キララドライヴで離脱したフライングゲットが不時着した惑星は原生の森が深く生い茂る星フンギスターでした。ここでの固有生物フンギーを交えた冒険譚のような調査を通して、AKB0048 たちが今後の道筋を見つけられる流れになったのが今週のお話。



AKB0048 #23
AKB0048 #23
AKB0048 #23

1つは、フンギーの大切な場所を守ろうとした AKB0048 メンバーみんなの想いがデュアリウム結晶と反応、キララを強く輝かせて大きなチカラを生んだこと。ひとりひとりがデュアリウムを最大限に共鳴させることが出来ればアキバスター奪還のチカラとなる、というものでした。

でもこれって必要な対抗手段ではあるのだけど、武力であるという点、そしてセンターノヴァ現象にも近いかも、ということで危険な感じがします。そのあたりは今後の含みになってきそうですけど。


AKB0048 #23

もう1つは、言葉が通じなくても心は通じ合える、逃げずにぶつかれば分かり合えるんだ、と勇気をもらった智恵理が父親と会って話をする決心をしたこと。智恵理と凪沙がふたりだけでゾディアック本社のある射手座星に潜入する展開がちょっと熱いのですが、はたして智恵理の想いは父親に届くのでしょうか。親はやっぱり子の親なのでしょうか。
残りは3話…? 今後の展開がどうなるのか、どこに落ち着くのかが楽しみです。



今週は、AKB0048 がアキバスターという大切な場所を失ったことや、かつて幼い凪沙が父親とぶつかって分かり合えたことが話の下地になっていて、いい話の流れになってると思いました。

フンギスターの調査でも、鈴子が幻覚を見たり、楚方が可愛かったり、織音が癒し系柔らかオーラを発揮して活躍したり、と面白かったです。メンバー同士がそれぞれ助け合ったり支え合っているのも見えて良かった。

言葉が通じなくても歌で心を通じ合えるというのがベタでも普遍的なメッセージで良いですよね。この作品的に。フンギーたちと踊るライヴも一体感が出てくる様子になかなか雰囲気が出ていて良かったです。


AKB0048 #23
AKB0048 #23

でもやっぱり今週でいちばん良かったのは織音かもしれない。幼い頃から悲しい境遇にあっても元気に前を向いて、嬉しいことも楽しいこともたくさんもらってきた、そんな大切な場所を失うことの悲しみを誰よりも知っている織音だから、必死にゾディアックの手からフンギーとこの星を守ろうとしたんだと思う。悲しみの分だけ人は優しくなれる、そんなふうに思うと織音ちゃんがとてもいじらしい。
やっぱりみんな可愛いよ。



「AKB0048」カテゴリの記事
AKB0048 第01話 「消せない夢」 感想
AKB0048 第02話 「選ばれし光」 感想
AKB0048 第14話 (next stage 第01話) 「少女裁判」 感想
AKB0048 第15話 (next stage 第02話) 「衝撃の新展開!?」 感想
AKB0048 第16話 (next stage 第03話) 「アイドルの夜明け前」 感想
AKB0048 第17話 (next stage 第04話) 「新選抜総選挙」 感想
AKB0048 第18話 (next stage 第05話) 「禁じられた星」 感想
AKB0048 第19話 (next stage 第06話) 「輝きを継ぐ者」 感想
AKB0048 第20話 (next stage 第07話) 「美森革命」 感想
AKB0048 第21話 (next stage 第08話) 「決戦アキバスター」 感想
AKB0048 第22話 (next stage 第09話) 「青い裏切り」 感想
AKB0048 第23話 (next stage 第10話) 「絶叫パラダイス」 感想
AKB0048 第24話 (next stage 第11話) 「扉の向こう側」 感想
AKB0048 第25話 (next stage 第12話) 「劇場への道」 感想
AKB0048 第26話 (next stage 第13話) 「NO NAME...」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ