DMF #44

グレイトフルシンフォニアのセンターを賭けた"シンフォニアセレクション ファイナル"が開幕。

みあのシンフォニア衣装の覚醒、それと最後にあいらが見せた涙が良かった。

DMF #44
DMF #44
DMF #44

回想描写を挟みつつ再び燃え上がったみあの情熱で、きらめきフューチャースターレヴォリューションが高みへと登り、みあのシンフォニア衣装が覚醒する流れにはやはり燃えるものがありましたよね。みあの代名詞とも言えるきらめきフューチャースターで壁を越えたのもこれまでの成長の到達点という感じがして良かったです。その名に相応しいプリズムジャンプだったのではないでしょうか。


DMF #44
DMF #44

あいらはセンターを賭けた勝負ではなく、プリズムショーへの想いと希望を込めて、この思い出の横浜ステージでオーロラライジングドリームを跳んだと思いました。そのジャンプこそが「ハピ☆ラキをみんなに届けたい」というあいらの原点で夢そのものだから。それがみあの情熱を呼び覚ますことになりました。

それはまるであいらが先輩として後輩のみあを導くかのようでもあって。そしてあいらは嬉しかったんだよね。かつての自分が誰かにハピ☆ラキを届けることが出来た、そして自分を目指して追いかけてきてくれて、追いつき並び、あるいは追い越した、そのみあが今度は誰かにドキドキと夢を届けてくれる…。あいらはいままで自分がやってきたことの1つの答えをみあを通して実感できたのだと思う。それが嬉しくて思わず涙ぐんでしまったと思いました。

『ディアマイフューチャー』の物語としてはみあが勝ち上がるのは分かっていたけれど、今回は第1期を踏まえてのあいらとみあの関係と想いを描いたということで良かったと思います。MARs の3人が負けてしまった意味もあるというものです。

みあが勝てたのは採点ではなくてファンコールでの得票だからというのもあると思いますけどね。でもみあの「みんなにもっとすごいドキドキを感じてほしい」というほとばしるまでの情熱がいま危機にあるプリズムショー界を救う光とチカラなのだから、これでいいんだと思う。
みあと、そして次回で覚醒するはずのもうひとりのヒロインのヘインに期待してます。



DMF #44

「あいらさんがここまでつれてきてくれた」とあいらにありがとうを言ったみあも良かった。ちゃんとこういう大事な想いを素直に言えるから、みあは可愛い。
先週から続けてみあがヒロインでとても可愛い。



「プリティーリズム ディアマイフューチャー」カテゴリの記事

プリティーリズム ディアマイフューチャー 第39話 「沈黙のプリンセス」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第40話 「シンフォニア誕生の秘密」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第41話 「友情のプリティーリメイク」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第42話 「宇宙の果てへ Go! スカイハイ」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第43話 「立ち上がれスタァ!」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第44話 「情熱レボリューション」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第45話 「星空のプレリュード」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第46話 「センター争奪!ライバルは友達?」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第47話 「ワガママみあ 前代未聞のドタキャン騒動」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第48話 「開演!グレイトフルシンフォニア」 感想
プリティーリズム ディアマイフューチャー 第49話 「失われる明日」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ