2012
12
10

イクシオン サーガ DT 第10話 「HS (Home Sick)」 感想

DT #10

それぞれの仲間の絆が見えた、ような気がします。

DT #10

今回のインコグニートは完全に『男子高校生の日常』だった(笑)。

アヴァンタイトルと B パート冒頭、そして C パート、とお約束の繰り返しのコメディでもあるのですが、まだ陽が高いうちから夜になってもとにかくインコグニートの部下たちが話すのはエレクのことばかりなんですね。どれだけエレクのことが好きなんだよ、と(^^;
あと開き直った会話劇が各キャラの性格が出ていて面白いね。今回はバリアシオンのド S っぷりが光ってた。それは来週のバトルにもつながっているようなのでいろんな意味で楽しみです。



DT #10
DT #10

本編のほうは、タイトル通りに、ゲームやスナック菓子が懐かしくなった紺がホームシックにかかってしまった騒動のお話でした。異世界召還モノで主人公のホームシックをここまで生々しく、またバカらしくやるのが、この作品らしい。
紺は落ち込みを通り越して、もうほとんど壊れてた…(^^; 木彫りのゲームコントローラにエアテレビ、エアゲームに笑った。いろいろと細かいネタが面白かったです。小公女セイラ(セイラ・マス)とラルおじさん(ランバ・ラル)とか(笑)。


DT #10
DT #10

何だかんだでみんなが紺のことを心配して励まそうとするのが優しい。マリアンデールが紺の要望通りのハンバーガーとコーラを見事に再現して食べさせてあげたときの、ヒメの笑顔が良かったです。ヒメさま、優しくて可愛い。
裏の台所事情は考えない/汗。


最後はゲームという名の賭博地下闘技場でのショック療法で紺が立ち直った、というか気を強く持たないと身が持たない、というのがいいオチでした。たぶん変に頑固な紺にはこういう方法がいちばんだし、どこかズレてるのだけど結果的に上手くいくという雰囲気がこの作品の流れにも合ってる。
アルマフローラも紺に賭けていたらしいのも笑いました。こういうゆるくてくすっとくる締めも好きだ。

自虐気味なメタ発言もありましたが、このぐだぐだ日常感たっぷりの笑えるお話が楽しいです。



DT #10

ただひとつ残念だったのは、可愛いヒメの入浴シーンがまたしてもあっさり流されたことデス。おそらく最後までこんな描写なんだろうな。…という予想を裏切ってくれてもいいのですよ?



「イクシオン サーガ DT」カテゴリの記事

イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第05話 「BL (Beautiful Life)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第06話 「HG (Highness Guardians)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第07話 「KO (Keep On)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第08話 「SM (Shining Master)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第09話 「IT (Incognito Trial)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第10話 「HS (Home Sick)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第11話 「UV (Unexpected Victory)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第12話 「BE (Behavioral Examination)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第13話 「AC (Accidental Contact)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第14話 「EV (Evidence Veiled)」 感想
イクシオン サーガ DT (IXION SAGA DT) 第15話 「MT (Midnight Trial)」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*イクシオン サーガDT10話「HS」の感想[ 真実悪路 ]
2012/12/10(Mon) 18:14

異世界で男子高校生の日常。 もともとインドアオタクなのに異世界で冒険とかありえねーだろ、と、 様々なアニメにケンカを売りかねないことをボヤいてDTがホームシック発症。 木

*イクシオン サーガ DT 第10話「HK(Home Sick)」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2012/12/10(Mon) 22:49

1クールも終盤、紺はホームシックにw インドアの現代人には、野宿とか辛すぎですよね( ̄▽ ̄) コンビニがあれば食べ物にも困らないのに そんな異世界いやだw

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ