超速変形ジャイロゼッター #2 カケルとりんね

絶望的にりんねちゃんが可愛い。

ロゼッタストーンの秘密がある程度語られて、りんねがジャイロゼッターの搭乗者として仲間になりました。
安定の王道展開に小ネタやコメディがほどよくミックスされていて、観るのが楽しい。こういう少年向けアニメってやっぱり面白いね。

そしてキッズアニメといえば、ほんのりと漂うお色気成分…なんだけど、この作品はほんのりどころかかなりフェチ気味に濃厚な香りがする。でもそれがいい!(゚∀゚) どこからか苦情が来たり怒られたりして自重する方向になるなんてことにはならないでほしいと切に願ってる。


超速変形ジャイロゼッター #2
超速変形ジャイロゼッター #2

なにせ赤名先生が先生なのにこんな格好だものな!( ̄▽ ̄*) 下乳見えてますよ。


超速変形ジャイロゼッター #2

そしてわたし的にはりんねちゃんがしゃがんだときのお尻にエロスを感じました。観た瞬間「マジで?!」と思った。何がマジでなのか自分でもよく分からないのだけどそう思ったのです。いやぁ、何でもないような絵に見えて不意にエロス脳に訴えかける構図と動きが素晴らしい。

なんて書くと、自分が汚れたオトナになってしまったのか、それとも少年向け作品のあるべきテイストを味わっているだけなのか、よく分からなくなってきた。



超速変形ジャイロゼッター #2
超速変形ジャイロゼッター #2 りんね
超速変形ジャイロゼッター #2 りんね
超速変形ジャイロゼッター #2
超速変形ジャイロゼッター #2

りんねは最初は"選ばれたドライバー"であることに戸惑っていたけれど、じゃああんた(カケル)は誰が守るのよ?、という自分の想いに押されたのが良いね。過去の回想のロリりんねとカケルの描写でふたりの関係とフィギュアスケートのことも分かって、しっくりときた。
りんねはカケルに振り回されるけれどお姉さん役の立ち位置なのも良くて、わたしがカケルを守るから!と言えちゃうヒロインもステキだ。

カケルとりんねが同じ寮で一緒に過ごすことになったのも定番だけどまた楽しそうで。まだまだ仲間も増えるし、可愛い子がいっぱいだし、これからの展開もすごく楽しみです。



「超速変形ジャイロゼッター」カテゴリの記事
超速変形ジャイロゼッター 第01話 「ライバード 駆ける!!」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第02話 「ロゼッタグラフィーの秘密」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第03話 「華麗なる第三のドライバー」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第04話 「対決!レーシングバトル」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第05話 「登場!イレイザー01」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第06話 「激闘!ライバード VS ギルティス」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第07話 「転校生サトリ」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第08話 「疾走!エーアイカー失踪事件」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第09話 「盗まれたジャイロコマンダー」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第10話 「ギルティス再び!」 感想
超速変形ジャイロゼッター 第11話 「ライバードのいない日」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*超速変形ジャイロゼッター 第2話 「ロゼッタグラフィーの秘密」 感想[ ひえんきゃく ]
2012/10/10(Wed) 21:08

プリウスもロボットに変形。 トヨタの技術もここまできましたか(笑) カケルの幼なじみのりんねは小学六年生の女の子、 フィギュアスケートでオリンピックに出ることが夢。 あ

*超速変形ジャイロゼッター2話「ロゼッタグラフィーの秘密」の感想[ 真実悪路 ]
2012/10/11(Thu) 02:41

ヘソ見せたり胸元開いたり、誘ってるだろ女教師。 予言でどうのこうのという話とは無関係に、秘密組織に出入りする母親は、 あの教育に悪い教師に対してなんか言うことはないのだ...

*アニメ感想 超速変形ジャイロゼッター 第2話「ロゼッタグラフィーの秘密」[ 往く先は風に訊け ]
2012/10/11(Thu) 22:20

新ジャンルイナバウアーヒロイン

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ