えびてん #10

一樹×泉子のいい感じの恋愛劇で締められた最終話でした。泉子の一途さが可愛い。

お話の下地としては『うる星やつら 劇場版 ビューティフルドリーマー』そのまんまでしたけど(笑)。

えびてん #10
えびてん #10
えびてん #10
えびてん #10
えびてん #10
えびてん #10

冒頭部分での学園祭の準備風景がそのまんまで笑えましたが、そこからおよそのシナリオの構成、数々の場面カットと台詞、そして終幕のエンディングと鐘まで…。これはパロディの域を超えてるよ! 怒られるよ!(^^; ま、カヴァー曲を作ったくらいだから制作者に話は通してると思いますけど。


えびてん #10

ネタとしては、保健室での結花の「トランキライザー?」の妙なアクセントまで再現した台詞がツボでした。
でもやっぱりカヴァー曲まで用意した最後のエンディングに笑いました。パネルでのタイトル表示とかカメラの引きがまったく同じ演出だと思う(笑)。



えびてん #10
えびてん #10
えびてん #10

今回は羽片のエロスな活躍がなかったのですが、代わりに泉子が過去話の中で見せてくれました。一樹の支配者フェロモン効果を受けて股間に手を伸ばし、ぱんつに指を掛けた泉子がエロいよ。表情がイイよ!(*´д`*)


えびてん #10

でもこのときから泉子は一樹のチカラを跳ね除けていました。泉子のその強さはきっと一樹を想う心と"上から目線"の性格が合わさったものなのでしょうね。振り返るとメイドでありながら主人を足蹴にしていたエリザベスはそのあたりにつながっていたのかもしれない。


えびてん #10
えびてん #10

そして回想の中で泉子が教室から落ちていく一樹の手を掴んだのと対比させるように、今度はその逆で一樹が泉子の手を掴みながら想いを打ち明けることになった構図が、なかなか良い演出だったと思います。
ついに体質も立場も超えて想いを結び合ったふたり…。瞳をうるませる泉子が乙女だったなぁ。泉子が可愛い。

ループを抜け出したふたりがいい雰囲気の中でキス寸前でみんなに邪魔されたのは、ベタな流れと言う以前に元ネタそのまんまだ(笑)。



えびてん #10

という訳で最終話は、一樹と泉子の過去の出逢いのエピソードを明かしつつ、ふたりの想いがすれ違いながらも結ばれていく結末を描いたお話でした。

ここまでほぼエロスとパロディのコメディ展開で好き勝手にやってきた作品だったけれど、最後がいい話になっていて、一樹や戸田山姉妹のことも解決したし、何となく話としても上手くまとめられた、ような気がする( ̄▽ ̄;)
羽片や泉子や結花が可愛くて、面白かったから、もう細かいことはいいかな、と思います。とても楽しめた作品でした。



えびてん #10
えびてん #10

最後まで残念可愛かった結花にもう少し出番があればもっと良かった、とだけ最後に書き残しておこうと思います。



えびてん カテゴリの記事

えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第01話 「よみがえれ!天悶伝説」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第02話 「泣き虫はかたの華麗なる変身」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第03話 「金平糖より愛をこめて」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第04話 「刻印 2012」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第05話 「ここが奇跡の天悶部!メイドが舞い降りた!」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第06話 「ホシを狙え!愛を夢見る少女」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第07話 「ビバ天」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第08話 「TTR 天悶部特捜調査班 天悶スペシャル 果てしなき香草(フェロモン)」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第09話 「天悶部大勝利!明日に向かってレディーゴー!!」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第10話 「ビューティフルドリーマーズ」(最終話) 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第11話 OVA 「ギガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ