えびてん #9

やはり最後は愛のチカラということなのでしょうか。

えびてん #9
えびてん #9

今週は、たたみかけるような伏線の回収と、衝撃のラストを迎えて来週へとつなげるお話でした。

戸田山家と野矢家の因縁や、響子が背負っていたものが明かされて、すれ違っていた姉妹の誤解が解けて、一樹の野望を止められたのは泉子の想いかもしれない、というわりと王道に則った展開が面白かったです。正直この作品にこんな背景と物語性があるとは思ってもいなかったけれど、これはこれで面白かったですね。バラ園のおばあさんが響子の祖母らしく、蓮實と結花ともつながっていたのも良かった。



えびてん #9
えびてん #9
えびてん #9

今週のパロディネタは『ドラゴンボール』。その展開や台詞がトンデモな一樹のフェロモン現象と重ねられていて楽しめました。
結花が響子のパワーアップのための犠牲になったのもお約束で笑いました。結花が残念可愛くて…もっと結花の出番があっても良かったと思うんだ。



えびてん #9
えびてん #9
えびてん #9

いつでも裸に剥かれる羽片は相変わらずエロ可愛いとして、今週はロリ化した羽片ちゃんと響子が可愛かった!(*´д`*) 幼女ハーレムを作ると言う一樹の野望にちょっと共感し(中略


えびてん #9
えびてん #9

泉子が流した涙と想いに我に返り、泉子の瞳を汚す自分が許せない、と決めていた言葉通りに自らを撃った一樹ですが、その弾はフェロモンブレイカー(仮)ですよね?
何となく見えていた結末だけれど、これで一樹が野矢家の宿命から逃れることが出来るのかまだ分からないけれど、たぶん最後には一樹と泉子とのふたりの想いが運命に打ち勝つはずです。そんな来週の展開に期待したいと思います。



えびてん #9
えびてん #9

ところでどーでもいいことですが、一樹が取るポーズにどことなく新條まゆさんの作品の匂いがしたのはわたしだけなのかな…( ̄▽ ̄;)



えびてん カテゴリの記事

えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第01話 「よみがえれ!天悶伝説」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第02話 「泣き虫はかたの華麗なる変身」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第03話 「金平糖より愛をこめて」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第04話 「刻印 2012」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第05話 「ここが奇跡の天悶部!メイドが舞い降りた!」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第06話 「ホシを狙え!愛を夢見る少女」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第07話 「ビバ天」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第08話 「TTR 天悶部特捜調査班 天悶スペシャル 果てしなき香草(フェロモン)」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第09話 「天悶部大勝利!明日に向かってレディーゴー!!」 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第10話 「ビューティフルドリーマーズ」(最終話) 感想
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第11話 OVA 「ギガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ