だから僕は、Hができない。 #7

それぞれの戦いへ。

美菜を連れ去ったガルダーブロウグを追って良介たちがグリムワールドへ来たことで、それぞれの想いが折り重なって動きはじめて、今回のお話がいろいろと面白くなってるかも。


だから僕は、Hができない。 #7
だから僕は、Hができない。 #7
だから僕は、Hができない。 #7

良介はこのグリムワールドの地で、魔物とはどういうものか、そして魔物と戦うことの恐怖を知りました。チカラを持つがゆえに調子に乗っていたこともあって、その反動がきついですね。
だけど良介はそのトラウマを克服しないといけません。現に死神界で反乱は起きてリサラたちは戦っているから。そして仮契約という責務以前に、良介は女の子を、リサラたちを守りたいと思うはずだから。リサラを支えるためには良介は自分の中の恐怖に勝たないとダメなのです。



だから僕は、Hができない。 #7

その良介の復活の手助けをするのがキュールなのでしょうか。
王家の血を引くものとして後を託されたキュールはリサラを信じて待つことがやるべきことのはず。ならいまのキュールに出来ることは、良介を戦える騎士に戻して、リサラのもとに送り届けること、かな。キュールはそのために身体を張って、良介に戦う自信と意志とエナジーを与えようとしている、と思います。…ま、良介を好きな気持ちも後押ししてると思いますけど( ̄▽ ̄;)


だから僕は、Hができない。 #7
だから僕は、Hができない。 #7
だから僕は、Hができない。 #7

服を脱いで、目を潤ませながら「抱いてください」なんて言っちゃうキュールがエロ可愛い(*´д`*)
これはもう抗えない破壊力を持つエロスなシチュエーションです(*´д`*)ハァハァ



だから僕は、Hができない。 #7

美菜は2年生になったとき、勇気を出して思い切って良介に告白していたのでした。だけど電車の騒音で良介には聞こえなくて…。しかもあらためて「これからも女の子を大切にしていく!」という良介の決意を聞かされちゃって。その想いはいいことだし、そんな良介だから美菜は好きになったんだよね。でも美菜にとっては切ない出来事で…。
それ以来美菜は良介への想いを表に出すことに臆病になってしまったのでしょうか。自分だけの良介でいてほしいと願うことを諦めてしまったのでしょうか。前回の意味ありげな電車の挿入カットはそういうことだったのですね。美菜の性格や言動の理由が分かった気がする。

そんな美菜が何かを決意したような表情に。よく分からないけれど、良介が自分のために危険な目に遭うのが嫌で、守られてばかりの自分が嫌で、自分で何とか脱出しようと頑張っちゃうのかな。



だから僕は、Hができない。 #7
だから僕は、Hができない。 #7

イリアはメルロー人生保障に籍を置いていることでガルダーブロウグとつながりがあり、今回はリサラを誘導するという命令を受けています。だけど自分の保身とお家騒動のためにリサラを騙すようなことをしていいのかという悩みを抱えました。

きっとイリアにとって、リサラはいいライバルなのですよね。相手を陥れるのではなく、お互いに競いながら高め合っていく存在、それがライバルのはず。リサラを認めているからこそ、イリアはリサラとずっとそんなライバルでいたいはず。
イリアも自分の気持ちと戦っているんだ。


だから僕は、Hができない。 #7

イリアは訛り口調もいいよね。可愛いと思う。



今週は、真意は見えないけれど少し分かってきたガルダーブロウグの目的と今後の展開よりも、はじまった良介たちのそれぞれの戦いが面白いと思いました。
良介とキュールはどうなっちゃうのか、そしてイリアがどんな答えを出すのか、来週が楽しみです。



だから僕は、Hができない。 #7
だから僕は、Hができない。 #7

それにしてもキュールの髪の毛ガードだけは相変わらず堅いです。これはもう見せないよということでいいのでしょうか( ̄▽ ̄;)



次回は、第8話「好敵胸(ライバル)、揺れる」。
いいサブタイトルだと思いました。揺れるのは偽乳ではなくて、その胸の奥にある心のほうなのですよね。可愛いイリアを信じてる。



関連する記事

だから僕は、Hができない。 エンドカード

「だから僕は、Hができない。」カテゴリの記事

だから僕は、Hができない。 第01話 「運命の赤い糸!?」 感想
だから僕は、Hができない。 第02話 「エロは環境にやさしい」 感想
だから僕は、Hができない。 第03話 「危険なアイドル」 感想
だから僕は、Hができない。 第04話 「胸囲の格差社会」 感想
だから僕は、Hができない。 第05話 「invisible dictionary」 感想
だから僕は、Hができない。 第06話 「ひとつになっちゃった」 感想
だから僕は、Hができない。 第07話 「いかせてあげたい」 感想
だから僕は、Hができない。 第08話 「好敵胸(ライバル)、揺れる」 感想
だから僕は、Hができない。 第09話 「奮い勃つ剣(キングダム)」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*アニメ感想 12/08/17(金) はぐれ勇者の鬼畜美学 #7、 だから僕は、Hができない。 #7、カンピオーネ! #7[ ニコパクブログ7号館 ]
2012/08/18(Sat) 02:37

はぐれ勇者の鬼畜美学 第7話『渚の鬼畜パニック!』今回は・・・水着回でした。なんて言うか、典型的な水着回でした。ポロリというか・・・モロ出しです(笑)ただ、せっかくのA ...

*だから僕は、Hができない。 第7話「いかせてあげたい」レビュー・感想[ ヲタブロ ]
2012/08/18(Sat) 07:10

私を、抱いてください・・・ ガルダーブロウグに連れ去られた美菜を追ってグリムワルドに侵入した良介たち、一刻も早く救出しようと焦る気持ちが仲間たちをもピンチに巻き込んで ...

*だから僕は、Hができない。第7話「いかせてあげたい」感想など[ だから明日に向かって走れ ]
2012/08/18(Sat) 07:10

大丈夫さ むこうがグリムワールド最強なら こちらは伝説の剣 グラムを覚醒させたヒーローだ ガルダーブロウグなんか正義のエロパワーで ぶっ倒してやる!! ガルダーブロウグ

*だから僕は、Hができない。 第7話 「いかせてあげたい」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2012/08/18(Sat) 22:14

ガルダーブロウグにさらわれた美菜ちゃんを追ってグリムワルドへ! 伝説の剣グラムを覚醒させたヒーローだとか息巻いてる良介ですが... 戦いはそんな簡単なものじゃなかった。 恐

*だから僕は、Hができない。 第7話 『いかせてあげたい』 何か駆け足だったけどキュールのサービスは良かった。[ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2012/08/19(Sun) 04:15

リサラのママは巨乳。何故娘に遺伝しなかったのだろう。父親が貧乳の家系だったのかな。あとキュールの乳首はアウトだけど、下着はOKというのが分かりました。 増長、犠牲、トラウマ...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ