--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
06
25

氷菓 第10話 「万人の死角」 感想

  • 15:54 |  Category [氷菓]
  • Comment [ 0 ]
  • Trackback [ 22 ]
氷菓 #10

才能と失敗と可能性と。

氷菓 #10

最初とラストの落差が印象的でした。そこに今回のお話の意図があったのかも、と思いました。

奉太郎は入須冬実の言葉で自分の才能を受け入れはじめて、やる気を出し、ミステリー映画の中の犯人を特定しました。充実感や満足感みたいなものも感じたはず。だけどその解答が間違っているか不完全だということを最後に気付かされました。
「あなたは特別」だなんて冬実に言われたときの心情風景、謎解きを終えたときの澄み切った青空、それが最後に一転、彩度を失った教室に。分かりやすい奉太郎の心情の変化ですね。


氷菓 #10

だけど、それでもいいのではないでしょうか。
才能のある者と、ない者。そのあいだには分かり合えない、見えない壁があります。それは奉太郎と里志も同じことで、画で言えばふたりが話していたときのアーケードの支柱がその壁なんだと思います。里志の言うことがすべてではないと思うのだけど納得も出来た。
そして何となくですがたぶん里志は才能がある奉太郎が羨ましかったりして。広く浅くしか踏み込めない自分を諦めていたりして。よくは分からないけれど、里志が何かを感じていることは以前でも描写されていた気がします。

でもその才能のある奉太郎だって、ただ才能があるから良い、すべてが上手くいく訳でもないのですよね。間違えて失敗したり、苦労したり、悩むことだってある。才能があるならあるなりの何かが付き纏うと思うのです。きっとそうやって何度も転びながらその道を進んでいく。あるいは途中で道を降りてしまうこともある。才能のある者も、ない者も、その点ではたぶん同じなんです。


氷菓 #10

もしかしたらサブタイトルの"愚者 (The Fool)"は奉太郎のことで、またすべての人のことなのかな。間違うこともある。でもそれでいいんです。奉太郎には確かに才能があり、いまはそれで出来る何かをすることが大切で、それがすべての"可能性"につながっていくのではないでしょうか。

だから自分の思うまま、結果を恐れずに、自分を信じて、ただ前に進めばいいんだと思います。たとえそれが失敗作になったっていい。何かをやり遂げてそのエンドロールに名を連ねていかなければ、自分に何が出来て何が足りないのかさえ分からず、前に進むことだって出来ないのだから。



今回も感じたことをよく分からないまま適当に書き殴ってしまったのだけど(^^;、来週はエピソードの完結編で、真の解答が示されるのでしょうか。えるが奉太郎に言いかけたことも気になるし、脚本を書いた本郷まゆの想いが明かされるときに真実と一緒にこのエピソードのメッセージが見えると思うので、楽しみです。




氷菓 #10

冬実がまさに女帝という感じがしました。冷徹可愛い。
不意のお尻アングルにはちょっとそそられた( ̄▽ ̄*)


氷菓 カテゴリの記事
氷菓 第05話 「歴史ある古典部の真実」 感想
氷菓 第06話 「大罪を犯す」 感想
氷菓 第07話 「正体見たり」 感想
氷菓 第08話 「試写会に行こう!」 感想
氷菓 第09話 「古丘廃村殺人事件」 感想
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想
氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 感想
氷菓 第11.5話 「持つべきものは」 感想
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 感想
氷菓 第13話 「夕べには骸に」 感想
氷菓 第14話 「ワイルド・ファイア」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*氷菓 第10話 「万人の死角」 感想[ wendyの旅路 ]
2012/06/25(Mon) 17:01

慢心にはご注意を―

*氷菓 第10話「万人の死角!」[ 破滅の闇日記 ]
2012/06/25(Mon) 17:32

TVアニメ 氷菓 ラジオ 古典部の屈託 テーマソングCD(2012/06/27)阪口大助 佐藤聡美、佐藤聡美 他商品詳細を見る  入須 冬実。さすがは女帝です。上手くおだてながら、奉太郎をその気にさ

*氷菓 第10話[ 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) ]
2012/06/25(Mon) 18:43

「万人の死角」 君は特別よ…

*氷菓 第10話 「万人の死角」[ ムメイサの隠れ家 ]
2012/06/25(Mon) 19:07

「折木さん…わたし…えっと…」 今週のえるの出番SUKUNEEEEEEEEEEEE(゚д゚;) しかしこのまま最後まで出てこないのかもと頭を過ったけどちょこっとだけでも見れたことは良かったw

*氷菓 第10話 「万人の死角!」[ つれづれ ]
2012/06/25(Mon) 19:28

 えるの出番……

*氷菓 第10話[ まぐ風呂 ]
2012/06/25(Mon) 20:08

関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第10話 万人の死角冬実に呼び止められた奉太郎まぁ説得されるのでしょうねw少し高そうなお茶を飲みに来てしまった奉太郎そこで冬実に全てを却下してし

*氷菓 第10話「万人の死角」[ 妄想詩人の手記 ]
2012/06/25(Mon) 20:32

これは、決して完璧ではいられない青年たちの群像劇。とってもミステリーしてて面白かった。

*氷菓 10話「解決編かと思いきや、折木の見落とし」(感想)[ 失われた何か ]
2012/06/25(Mon) 20:46

折木の推理にも見落としがあった。 彼の推理能力を見せつけられた上でこの展開。 なかなか面白い展開です。  

*氷菓 第10話「万人の死角」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2012/06/25(Mon) 21:30

入須先輩からお茶へのお誘い! (*゚∀゚)  いや本当に 和ぽいお店でのお茶でしたw お高そうなお店って 奉太郎の馴れない場所。 古典部でなく 奉太郎個人の才能に期待して

*氷菓:10話感想[ しろくろの日常 ]
2012/06/26(Tue) 00:14

氷菓の感想です。 犯人は…。

*氷菓〜10話感想〜[ ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。 ]
2012/06/26(Tue) 12:34

「万人の死角」 学校の帰り道に入須先輩にお茶に誘われた奉太郎。 2年F組の探偵達の評価を聞くが、どうやら最初から奉太郎を誘い込むのが目的のようだった。 夏休みの...

*氷菓 第10話「万人の死角」 感想![ もす! ]
2012/06/26(Tue) 18:05

やっべぇ、面白すぎる!

*『氷菓』 第10話 観ました[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]
2012/06/26(Tue) 21:46

今回はえるちゃんのお休み回ですねぇ〜 這い寄るえるちゃんが見られなくてちょっと残念。 その代わり、女帝こと切れ長ロングヘヤー美人の入須先輩の出番は多め。しかも正座した足の

*アニメ感想 氷菓 第10話「万人の死角」[ 往く先は風に訊け ]
2012/06/26(Tue) 21:49

折木奉太郎の高校生活はバラ色になり得るのか

*氷菓 #10 「万人の死角」[ 戯れ言ちゃんねる ]
2012/06/26(Tue) 22:14

才能と決定的な欠陥  どうも、管理人です。発売日から数日過ぎたところでポ○モンを買いに行くなんて、中々舐めたことをしてやがってますが、考えてみると買ったところでやる時

*氷菓 第10話 「万人の死角」[ 北十字星 ]
2012/06/26(Tue) 22:39

氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  入須冬実にかどわかされて、映画の中の犯人探しをする 奉太郎。千反田えるの「私、気になります。」

*氷菓 第10話「万人の死角」[ 明善的な見方 ]
2012/06/26(Tue) 23:58

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]『君には技術があった、他の誰にも無い力が』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:

*(アニメ感想) 氷菓 第10話 「万人の死角」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2012/06/27(Wed) 20:40

氷菓 限定版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのら...

*2012年02クール 新作アニメ 氷果 第10話 雑感[ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]
2012/06/28(Thu) 23:32

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第10話 「万人の死角」 #kotenbu2012 #ep10 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか

*氷菓~#10「万人の死角」[ ピンポイントplus ]
2012/06/29(Fri) 00:22

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第10話 2年生...

*氷菓 -HYOUKA- 第10話 感想[ 荒野の出来事 ]
2012/06/29(Fri) 18:44

 氷菓 -HYOUKA-  第10話 『万人の死角』 感想  次のページへ

*氷菓 第10話「万人の死角」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2012/06/30(Sat) 17:25

ゆかな女帝サイコーー!!w OPを挟んでの茶店での奉太郎と入須のやりとりの描写がとても良かったですね。アバンの切り方とAパートに入るタイミング、8話では使わなかった入須が最初

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。