--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
06
11

黄昏乙女×アムネジア 第10話 「喪失乙女」 感想

黄昏乙女×アムネジア #10

60年前の悲しすぎる真実。
それと小指をぶつけると死ぬほど痛いのも過去から未来へと続く永遠の真理というお話( ̄□ ̄;)



黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10

いままでにあった描写の通りに、夕子が死んだのは疫病という祟りを鎮めるための人身御供なのでした。状況からみると疫病というのも鉱毒に思えます。祟りだというのも時代背景的に微妙なのですが、それこそ恐怖や絶望感の中で生まれる人間の心理だったのでしょうね。でもそれよりも、とにかく夕子の悲しい過去の真実が胸に詰まります。

夕子は優しい子でした。アサにも、妹の紫子(霧江の祖母)にも、おそらく誰にでも。優しくて、美しい少女でした。心の強ささえ感じるほど。姉妹の喧嘩だって、どちらも相手を想う優しさがすれ違ってしまっただけですよね。

そんな夕子が、銅人(アカヒト)に選ばれたアサも悪くない、夕子自身も悪い訳がないのに、祟りに怯えた村人によって地下の祠に閉じ込められ、誰も救えるはずのない生贄として捧げられたのでした。
閉じ込められて、身体を震わせながらも、自分が犠牲になればアサも紫子も人柱にならなくて済む…と自分に言い聞かせるようにつぶやく夕子が優しすぎて切ない。・゚・(ノД`)・゚・ はーん。


黄昏乙女×アムネジア #10

だけど鏡で自分の表情を見て、本当の気持ちと非情な現実に気付いてしまって、助けて、ここから出して!と必死に叫ぶ夕子を見るのが、もっともっと辛くて、悲しかったです。優しさだけで納得できるはずのない理不尽さを前にした、普通の中学生の少女としての反応が、とても人間的で、だからこそ胸が痛かった。

こんな酷い仕打ちを受けても誰のせいにもしたくないという優しさと、自分の醜い感情を認めたくないという思いが、夕子から切り離されて、影夕子を生みました。想像は出来ていてもその過程と事実を目の当たりにするときついものがありますね。


そしてわたしが思うことはやはり前回と変わりません。いまの夕子ならきっと貞一やみんなの想いをチカラにして自分と向き合うことが出来る。自分の醜い部分を受け入れられる。前へ進めるはず。
憎しみや悲しみや未練と、忌まわしい記憶しかない影夕子は、夕子にしか救えません。夕子にはもうひとりの過去の自分を救ってあげてほしい。
すべてを受け入れることで、今回貞一が感じたように、本当の自分を夕子が取り戻すことが出来ますよね。それを期待しています。
そして再び夕子と貞一がきゃっきゃうふふする姿を心から期待してます。



今週のサービスカットは着替えとお風呂。

黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10
黄昏乙女×アムネジア #10

普通の着替えなんだけど裾をめくり上げてのパンチラにはどこかいけない感じがして(*´д`*)ハァハァしてしまいます。貞一くんは目を背けちゃダメだ。
わたしはこのエロい感情を切り離して捨てたほうがいいのでしょうか、いや、そうではなく、ありのままの自分を受け入れるべきだと思うのです(反省の色なし)。



関連する記事

黄昏乙女×アムネジア Dusk maiden of Amnesia 次回予告イラスト

「黄昏乙女×アムネジア Dusk maiden of Amnesia」カテゴリの記事

黄昏乙女×アムネジア 第01話 「幽霊乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第02話 「邂逅乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第03話 「昏黒乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第04話 「払暁乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第05話 「憧憬乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第06話 「復讐乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第07話 「忘却乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第08話 「追憶乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第09話 「怨念乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第10話 「喪失乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第11話 「紅涙乙女」 感想
黄昏乙女×アムネジア 第12話 「黄昏乙女」(最終話) 感想
黄昏乙女×アムネジア 第13話 OVA 「退魔乙女」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*黄昏乙女×アムネジア 第10話の感想[ ただなんとなく・・・・・ ]
2012/06/12(Tue) 00:03

捨てた記憶。 黄昏乙女×アムネジア 第10話「喪失乙女」の感想です。 黄昏乙女×アムネジア 枕カバー 庚夕子新品価格¥2,625から(2012/6/11 22:21時点)

*アニメ感想 黄昏乙女×アムネジア 第10話 「喪失乙女」[ 往く先は風に訊け ]
2012/06/12(Tue) 00:32

人の想いの恐ろしさ

*黄昏乙女xアムネジア #10「喪失乙女」[ がっちの言葉戯び ]
2012/06/13(Wed) 03:41

良い子の皆、あむねじあー! というわけでやってまいりました「十ノ怪」。 今回は過去編、“生”な夕子さんの出番ですよ。 まぁ幽霊状態でも物理的干渉が可能なので、正直何が変

*黄昏乙女×アムネジア 10話[ アニメ・マンガ ]
2012/06/13(Wed) 19:35

10話 黄昏乙女×アムネジア 「十ノ怪 喪失乙女」 テイイチはユウコさんの 60年前の記憶を見ていた。 ユウコさんの目線で・・・ ということで、 ユウコさんの体を目が逸らせな

*黄昏乙女×アムネジア 第10話[ 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) ]
2012/06/16(Sat) 18:14

「喪失乙女」 夕子さんって本当はこんなに感情豊かな人だったんだ    普通のオンナノヒトだった…

*黄昏乙女×アムネジア 十ノ怪「喪失乙女」[ 無限回廊幻想記譚 別館 ]
2012/06/18(Mon) 19:48

新谷貞一は影夕子を通じて庚夕子の捨てた過去の記憶を覗く事になる。 何故かいきなり着替えシーンからスタート。 夕子の視点で全てを見ることになるため、夕子の感じた感覚もその

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。