2012
05
09

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想

  • 17:16 |  Category [氷菓]
  • Comment [ 0 ]
  • Trackback [ 8 ]
氷菓 #3

文集のバックナンバーを探し出したことで、えるの抱えている謎の解決へと物語が進みはじめたお話でした。

氷菓 #3 千反田える
氷菓 #3 千反田える
氷菓 #3

45年前の古典部で何が起こったのか。えるの叔父(伯父?)は何をして"語られない英雄"になったのか。それを知る手掛かりの文集の創刊号だけがなぜか欠けていました。

そもそもえるは幼い頃に聞いた叔父の言葉を思い出したくて古典部へ入ったということを合わせて考えると、この謎解きはこの作品の重要な位置付けになっているエピソードのようですね。知らないほうがいい真実があるかもしれない、すべての出来事は主観性を失った古典になっていく、というような語りもあって、何かしら考えさせられるようなお話になっているのかも。時間を遡る必要のある大きな謎で、わりとミステリーな感じがして面白そうです。

あとそれと、なぜ文集のタイトルが"氷菓"なのか、わたし気になります。



氷菓 #3
氷菓 #3

前回で奉太郎は「えるといっしょにいて疲れないならそれでいい」とか考えたりしたのですが、今回も結局、えるの悩みを解決することを引き受けたのでした。

奉太郎は推理すること自体には興味がないように見えるから、それ以外の何かの感情が後押ししたのですよね。やっぱりえるのことが気になっているのか。話を聞いて可哀想だと思ったのか。同情なのか。えるちゃんがカワイイから何とかしてあげたくなるのか(←普通なら大きな要因だと思えるのだけどね)。えるは個人的な事情を誰にでも打ち明けて相談する訳ではないというのだから、つまり奉太郎はえるに能力と人を信用されて頼られたということで、もしかしたらそれも嬉しいのかな。

とにかく"省エネ"のはずの奉太郎が謎解きを引き受けるだけの何かをえるに感じていると思うのですよ。
それが何なのかははっきり分かりませんが、ただひとつ、いまわたしが言えるとすれば…奉太郎の灰色生活は、えると出逢ったときにとっくに終わりを告げて、すでに色付きはじめている!( ゚Д゚)



氷菓 カテゴリの記事
氷菓 第01話 「伝統ある古典部の再生」 感想
氷菓 第02話 「名誉ある古典部の活動」 感想
氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 感想
氷菓 第04話 「栄光ある古典部の昔日」 感想
氷菓 第05話 「歴史ある古典部の真実」 感想
氷菓 第06話 「大罪を犯す」 感想
氷菓 第07話 「正体見たり」 感想
氷菓 第08話 「試写会に行こう!」 感想
氷菓 第09話 「古丘廃村殺人事件」 感想
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想
氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」[ ムメイサの隠れ家 ]
2012/05/09(Wed) 18:54

「私、折木さんに頼みがあるんです!」 えるの奉太郎への頼みとは?えるが古典部に入った目的や今後追っていく大きな謎など本筋が明かされいよいよ物語が動き出した。

*氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2012/05/10(Thu) 00:14

えるちゃんからのお願い (p*>ω<q) 好きだった叔父から聞いた古典部のことを思い出させて欲しい 話を聞き泣いてしまったえるを あやしもしなかった理由とは? 奉太郎も さす

*『氷菓』 第3話 観ました[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]
2012/05/10(Thu) 02:33

ちょっと感想をアップするのが遅れました… 今回、アバンが長めでOP無し。 その代わり、えるちゃんから愛の告白がされるのではとドキドキしている奉太郎の気持ちの代弁として時計...

*氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」[ 北十字星 ]
2012/05/10(Thu) 21:39

 折木に愛の告白でなく、頼みを聞いいて欲しいと訴える千反田える。 あの眼力でこの台詞を言われたら、折木は断れませんね。 と思っていたら省エネ主義の折木は、なかなか同意

*氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想[ wendyの旅路 ]
2012/05/10(Thu) 23:32

謎が謎を呼ぶ―

*氷菓~#3「事情ある古典部の末裔」[ ピンポイントplus ]
2012/05/10(Thu) 23:43

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 高校でおこる事件?を解決していくミステリー、第3話場面1 ...

*氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」[ 9_ppm 最近気になるもの ]
2012/05/11(Fri) 00:00

実は わたし ・・・・・・・お願いがあるんです。 ・・・・・・え。 お願いかw 伯父がなぜ、古典部に関してした質問の答えを渋ったのかが知りたい。 過去の文集を探しに

*2012年02クール 新作アニメ 氷果 第03話 雑感[ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]
2012/05/16(Wed) 09:48

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 #kotenbu2012 #ep03 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ