--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
04
25

さんかれあ 第3話 「さんか…れあ」 感想

さんかれあ #3

礼弥ちゃんが可愛すぎて…これなら責任も取れる気がする!( ゚∀゚)=3

さんかれあ #3

礼弥が崖から落下して命を落とし、ゾンビとして蘇ったお話でした。

礼弥の蘇生とともに降り出した雨が止み、こんな状況なのに紫陽花の青や空の青、森林の緑が色鮮やかで、舞い上がる花びらときらめく反射光が咲き乱れ、その風景がとても眩しく美しく描かれていたのは、そのまま礼弥の再生を意味付けた演出だったのでしょうね。暗く重い過去を捨て去り、礼弥は新しく生まれ変わることが出来た。悲しい出来事の先にはきっと希望や幸せが待っているはず…。そんな印象を与えてくれたように思いました。


でも、変な話なんだけれど、抑えられていたとは言え礼弥の死亡の描写がある程度ちゃんとグロかったのがいいなと思いました。中身(内臓)も見えているような死体描写も含めて。
もちろんお話的には、テーマがゾンビホラーだし、登場人物や視聴者が礼弥の死をはっきり受け入れるためのものだと思うのですが、何て言うか、状況はともかくとして、現実から逃げることになる死を軽く思えてしまうような描写はダメだと思うのです。メッセージ的に。死はやっぱりどこまでいっても死なんですよね。…何を言っているのか自分でもよく分からないのだけど。はぅん。


死んでしまう前に礼弥が父親に反抗して自分の意思をはっきりと言えたのが良かった。ちょっと嬉しかった。こういう意志がいろんなカタチでこれからの自分の運命を変えていくのだと思います。
事故に遭っちゃったけれど、礼弥はよく頑張った。そして可愛い。こんな子なら、ゾンビになっても責任取れるよ!ヽ( ̄▽ ̄*)ノ

さんかれあ #3

たぶん取れるよ!ヽ( ̄▽ ̄)ノ


ゾンビになってしまった礼弥と千紘のこれからがどうなるのか、礼弥に執着している父親の団一郎がどういう行動に出るのか、…波乱の物語はまだまだはじまったばかりで続きが楽しみです。



さんかれあ #3

そういえば蘇生したばーぶが紫陽花の葉を求めて食べていたのですが、たしか千紘のおじいちゃんも紫陽花の葉を食べるとかいう台詞がなかったですか。妙に顔色が悪いように見えるし、まさかおじいちゃんも…?(^^;



さんかれあ #3

今回の蘭子の不意をつかれたパンモロにちょっと笑いました。


さんかれあ #3

礼弥 「きょ、去勢…されちゃう……」
いいえ礼弥ちゃんはちっとも変なことは言ってませんよ!( ゚∀゚)=3 モジモジと恥ずかしそうにする礼弥ちゃんが可愛すぎる。


さんかれあ #3
さんかれあ #3

ゾンビになっても礼弥のフトモモと絶対領域を断然支持します。( ゚Д゚)



さんかれあ カテゴリの記事

さんかれあ 第01話 「私が…ゾンビに…なったら」 感想
さんかれあ 第02話 「成功…してた」 感想
さんかれあ 第03話 「さんか…れあ」 感想
さんかれあ 第04話 「普通の…女の子…」 感想
さんかれあ 第05話 「ゾンビって…コトは…」 感想
さんかれあ 第06話 「あなたに…出会えたから」 感想
さんかれあ 第07話 「おさな…なじみ…」 感想
さんかれあ 第08話 「偽りの…自由…」 感想
さんかれあ 第09話 「母の…手…」 感想
さんかれあ 第10話 「強い…思い…」 感想
さんかれあ 第11話 「特別…なんかじゃ…ない」 感想
さんかれあ 第12話 「あの瞬間…俺は…」(最終話) 感想
さんかれあ 第14話 OVA 「身はゾンビに…心は…」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*[さんかれあ]さんかれあ 第03話 『さんか…れあ』 【TBS】[ 日々是深夜アニメ ]
2012/04/25(Wed) 21:33

放送から時間が経った感想シリーズその3さんかれあ 第03話 『さんか…れあ』 萌路タソ(;´Д`)ハァハァ 手を…振っている?テレビの向こうで萌路ちゃんが僕に手を振っている?テレビの

*2012年02クール 新作アニメ さんかれあ 第03話 雑感[ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]
2012/05/02(Wed) 22:27

[さんかれあ] ブログ村キーワード さんかれあ 第03話 「さんか...れあ」 #sankarea2012 #ep03 『別冊少年マガジン』(講談社)2010年1月号から連載中。ゾンビと青春ラブストーリー

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。