2012
03
16

ブラック★ロックシューター 第7話 「闇を駆ける星に願いを」 感想

ブラック★ロックシューター TVA #7

この先にある光が見えたような。想いに駆られて駆け出した少女の姿が熱かったです。

BLACK★ROCK SHOOTER (ブラック★ロックシューター) TVA 第七話 「闇を駆ける星に願いを」

ブラック★ロックシューター TVA #7
ブラック★ロックシューター TVA #7
ブラック★ロックシューター TVA #7
ブラック★ロックシューター TVA #7
ブラック★ロックシューター TVA #7
ブラック★ロックシューター TVA #7

ブラック★ロックシューターはマトの負の心そのままだったのですね。
マトはいい子だけど、それは悩みや痛みから逃げていただけでした。自分が傷付きたくないから、他人に嫌われたくないから、まともに他人とぶつかってこなかった。それは悩みの全否定で、マトはいい子を演じていただけなんだ。誰かが言った「いい子なんだけど印象が薄い」という台詞がマトを上手く表していると思いました。つまり裏を返せば"まっすぐ"で、でも"周りの人の気持ちがよく見えない、見ようとしなかった"マトなのですね。

でもマトはもう分かってきたのかな。もう少しなのかな。逃げなくてもいい、傷付いてもいい、ということに。ブラック★ロックシューターを拒否して出ようとするのではなく、彼女を、間違っていた自分の心を受け入れればいいということに。
生きるってことは痛い思いをするってこと。痛い思いをするから成長できるのだと思います。他人とぶつかれば傷付いたり相手を傷付けたりもするけれど、きっとお互いに分かり合えるし、もっと大切なものを手に入れたはず。
その答えがヨミやカガリでしょうか。ヨミは捨てたはずのマトへの想いを再び取り戻しました。マトのことで悩んだ痛みよりも、マトを忘れてしまうほうが、大事な友だちを失ってしまうことのほうがもっと胸が痛いことをヨミは感じたと思います。

傷付いて泣いても友だちが支えてくれる、変わらずに友だちでいてくれる、お互いに成長できる、その想いをマトが実感できたときにマトの声がブラック★ロックシューターに届くのかな。そしてそれが同じく逃げていたユウにも届くことで、ユウが現実に向き合うきっかけが出来るのかな。
次回予告映像ではブラック★ロックシューター(=マト?)と暴走したブラック★ロックシューターが戦っていたりでよく分からなくて、いろいろと想像なのだけど、辿り着く先の光が見えたような気がします。



サヤ先生が"あの子"を必死に守ろうとする意味と、ユウがなぜまだ中学生なのかが分かりました。ユウとストレングスが入れ替わっていたのでした。
何ていうかもう、ユウにはそれほどに現実が酷くツライものだったのですよね。確かにユウは逃げてしまったのだけど境遇を思うと責められないし、入れ替わる前の、苦しみと憎悪しかないユウがそれを失くしてしまったら…という台詞にも思わずいろいろと考えてしまいました。

それだけに来週でマトがどういうふうにユウを救ってくれるのかが楽しみです。期待したいです。もう一度、今度はみんなで、マトとヨミもカガリもユウもみんなが仲良く笑う姿を見たいです。



ブラック★ロックシューター TVA カテゴリの記事

ブラック★ロックシューター 第1話 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 感想
ブラック★ロックシューター 第2話 「夜明けを抱く空」 感想
ブラック★ロックシューター 第3話 「こらえた涙があふれそうなの」 感想
ブラック★ロックシューター 第4話 「いつか夢見た世界が閉じる」 感想
ブラック★ロックシューター 第5話 「ブラック★ロックシューター」 感想
ブラック★ロックシューター 第6話 「あるはずもないあの時の希望」 感想
ブラック★ロックシューター 第7話 「闇を駆ける星に願いを」 感想
ブラック★ロックシューター 第8話 「世界を超えて」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ブラック★ロックシューター 第7話[ あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w ]
2012/03/16(Fri) 21:50

「闇に駆ける星に願いを」 あの世界だけがあの子のシェルター… さやちゃん先生が守りたかったあの子は結局のところユウだったww   ユウが作った世界… だから老いる事がなかったのかもしれない?(ぇ 消えないよマトもあの子も、どっちも消えない?...

*ブラック★ロックシューター 第七話 闇を駆ける星に願いを[ つれづれ ]
2012/03/17(Sat) 00:00

 ラストのヨミがなんだかヒロインな感じでよかったです。

*ブラック★ロックシューター #07 「闇を駆ける星に願いを」[ ゆる本 blog ]
2012/03/17(Sat) 03:25

「ブラック★ロックシューター」の第7話。 次回の最終回、3/22は24:50~。 マトの呼びかけに失敗したサヤ先生。 なおもBRSとストレングスの激しい戦いは続くがBRSが圧倒している様子。 サヤ先...

*ブラック★ロックシューター 第7話「闇を駆ける星に願いを」[ SERA@らくblog ]
2012/03/18(Sun) 00:42

ストレングスは 現実のユウと入れ替わっていたのね(^^;  現実が辛すぎてユウは 裏世界のストレングスと心が繋がってしまった。 ストレングスたちには感情などなく ただ現実の少女たちの痛みを引き受...

*ブラック★ロックシューター EPISODE 07 闇を駆ける星に願いを レビュー[ ゴマーズ GOMARZ ]
2012/03/18(Sun) 11:57

朝になってもサヤはもう裏世界に入れなくなっていた。 ブラックゴールドソーが裏世界に囚われているから…とかなんとか 言ってるけど、ブラックゴールドソーは完全にBRSに敗れたという わけではないと思ったんだけど、なんかストレングスによって 隠された感じ? わけわ?...

*B★RS #7「闇を駆ける星に願いを」[ がっちの言葉戯び ]
2012/03/18(Sun) 14:20

2月も相当でしたが、3月もまぁ飴多いですねぇ。 梅雨かというレベルで降りしきっています。 好きか嫌いかで言えば雨は好きなので、そこは良いのですが。 単純に移動や仕事的には晴れの方が良いので、悩...

*2012年01クール 新作アニメ ブラック★ロックシューター 第07話 雑感[ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]
2012/03/27(Tue) 18:28

[ブラック★ロックシューター] ブログ村キーワード ブラック★ロックシューター 第07話 「闇を駆ける星に願いを」 感想 #BlackRockShooter2012 #07 ■概要 元々はhukeが2007年12月26日にpixivや自...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ