2012
03
13

あの夏で待ってる 第10話 「先輩と僕らの。」 感想

あの夏で待ってる #10

良かった。という思いと、実質これでもう最終回ダナというアレ。

あの夏で待ってる 第十話 「先輩と僕らの。」

うん。良かった。柑菜が海人にちゃんと想いを伝えられて、ずっと想い続けた恋を自分で終わらせることが出来て。

「大好き!」と、想いを伝えた柑菜の表情がとても良かったです。いままででいちばん可愛いと思いました。そして泣けました。
悩んで、傷付いて、思いっきり泣いたけれど、その分だけ柑菜はきっと強くなれるし、また次の恋に歩き出せます。
ずっと柑菜を応援していたので悲しいけれど、それでもやっぱり柑菜には、良かったね、と伝えたいです。ステキな笑顔をありがとう、と言いたいです。

ちゃんと返事をした海人も、たとえ届かなくても気持ちを伝えることが大事なんだと背中を押してあげた哲朗も良かった。柑菜に想いを言えた後の哲朗のすっきりとした表情がいいなぁと思いました。哲朗にもいろいろあっただけにね。そしてその哲朗の背中を押したのが海人や美桜でした。それぞれにそれぞれの想いはあるけれど、こうやってみんなで成長していくのがいい仲間なんだと思います。青春なのです。恋に笑うのも泣くのも悩むのも、みんなそう。いいですよね。眩しいです。


とにかく今回は個人的に柑菜の想いに決着が付いて良かったです。想いの深さの分だけまた寂しくなったりするかもしれませんけど、前を向けた柑菜ならもうだいじょうぶですよね。
強くなった柑菜の笑顔はいままでよりもずっと可愛いよ!


ということで、わたしの中では一区切りとゆーかほぼ最終回な気持ちになっちゃったりしていますが、物語はまだ続きます。



あの夏で待ってる カテゴリの記事

あの夏で待ってる 第02話 「先輩といっしょ…」 感想
あの夏で待ってる 第03話 「先輩が言っちゃう…」 感想
あの夏で待ってる 第04話 「先輩はすごかった。」 感想
あの夏で待ってる 第05話 「先輩はヒロイン。」 感想
あの夏で待ってる 第06話 「先輩にライバル。」 感想
あの夏で待ってる 第07話 「先輩の気持ち。」 感想
あの夏で待ってる 第08話 「先輩がPINCH.」 感想
あの夏で待ってる 第09話 「せんぱい」 感想
あの夏で待ってる 第10話 「先輩と僕らの。」 感想
あの夏で待ってる 第11話 「行かないで、先輩。」 感想
あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」(最終話) 感想
あの夏で待ってる 特別篇 OVA 「僕達は高校最後の夏を過ごしながら、あの夏を待っている。」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*前へ進むために【アニメ あの夏で待ってる #10】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2012/03/13(Tue) 22:29

あの夏で待ってる 2 (初回限定版) [Blu-ray](2012/04/27)戸松遥、島崎信長 他商品詳細を見る アニメ あの夏で待ってる 第10話 先輩と僕ら。 バカップルは置いといてw 青い子達がとりあえずスタートラインでした

*あの夏で待ってる 第10話「先輩と僕らの。」 感想[ 日刊アニログ ]
2012/03/13(Tue) 22:35

大切にするのよ。この奇跡のような出会いを 例え相手に届かないと分かっていても言葉にして伝えることって大事ですね。 柑菜も哲朗も素直になったことでようやく前へ進めるんじゃないかな。

*あの夏で待ってる 第10話 「先輩と僕らの。」 感想[ wendyの旅路 ]
2012/03/13(Tue) 23:00

気持ちを伝えよう―

*アニメ あの夏で待ってる 第10話「先輩と、僕らの。」簡易感想[ とっくりん ]
2012/03/13(Tue) 23:03

先輩を自主映画に誘ったり、柑菜は海人の関係を進展させないことを望んだのに、海人にバラしたり哲郎の行動は、何となく察しがついていました^^; そして今回は哲郎の告白、柑菜の告白と一気に進展しました...

*あの夏で待ってる:10話感想[ しろくろの日常 ]
2012/03/13(Tue) 23:10

あの夏で待ってるの感想です。 これでスッキリできたんでしょうかね。

*あの夏で待ってる 第10話「先輩と僕らの。」[ SERA@らくblog ]
2012/03/13(Tue) 23:18

カップリングが成立した主人公など興味ありませんw  ラブコメものでも そうなったら 主軸は他のキャラに変わったりしますからね~。 すっかりバカップル化した海人たちは置いといて 今回のメインが 柑...

*あの夏で待ってる 第10話「先輩と僕らの。」[ 明善的な見方 ]
2012/03/14(Wed) 00:09

あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]海人とイチカの関係が決着したことで、 柑菜と哲朗と美桜の関係も答えが導き出されました。 やっぱり女の子は強いですね! 

*あの夏で待ってる 第10話 先輩と僕らの。[ ゲーム漬け ]
2012/03/14(Wed) 00:40

柑菜は自分でイチカをけしかけたくせに、泣いて腫れた眼を隠すため、夏風邪という事にしてしばらく家にこもります。 美桜はお見舞いのためにケーキを焼きますが、流石は裸族。 ...

*あの夏で待ってる 第10話[ ニコパクブログ7号館 ]
2012/03/14(Wed) 02:27

第10話『先輩と、僕らの。』あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]今回は・・・なんかみんな吹っ切れました。

*あの夏で待ってる #10 「先輩と僕らの。」[ ゆる本 blog ]
2012/03/14(Wed) 02:51

明暗はっきりだけどそこから立ち上がる。若いって良いなぁ。 「あの夏で待ってる」の第10話。 両思い成立の二人、(クソ暑い夏なのに)縁側で二人シーツにくるまるラブラブっぷり。 一方、泣きじゃく...

*【アニメ】あの夏で待ってる 10話 大切に、この奇跡の様な出会いを[ おもしろくて何が悪い ケの人集会所 ]
2012/03/14(Wed) 05:33

あの夏で待ってる 10話「先輩と僕らの。」 の感想を 涙の数だけ人は強くなる、強い想いが人を素直にさせる 上手くいかなくても悲しくても、それでもだとしても人は変わり続ける 自分は止められない嘘を付けない、正直な素直な自分へ 『 あの夏で待ってる 』の...

*「あの夏で待ってる」 第10話[ HARIKYU の日記 ]
2012/03/14(Wed) 08:47

「あの夏で待ってる」 第10話 晴れて両想いとなった「海人」と「イチカ」ですが、この2人を差し置いて今回も「柑菜」や「哲朗」たち脇役級の片思い描写が多く、哲朗→柑菜 美桜→哲朗 柑菜→海人という告白大会になっていまして、「イチカ」を噛ませ犬にした ...

*あの夏で待ってる~10話感想~[ ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。 ]
2012/03/14(Wed) 14:44

「先輩と僕らの。」 思いが届かなかった柑菜は、夏風邪だということで部屋で休むことに。 目がはれているので、みんなの前に出たくないという。 海人とイチカのところに、なぜか檸檬先輩が登場。 檸檬先輩からのプレゼント。 これは、コンドーさ?...

*2012年01クール 新作アニメ あの夏で待ってる 第10話 雑感[ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]
2012/03/14(Wed) 16:15

[あの夏で待ってる] ブログ村キーワード あの夏で待ってる 第10話 「先輩と僕らの。」 感想 #Ichika2012 #ep10 ある夜、霧島海人は趣味の8mmカメラで湖周辺の夜景を撮っていたが、突然光り始め...

*アニメ感想 あの夏で待ってる 第10話「先輩と僕らの。」[ 往く先は風に訊け ]
2012/03/14(Wed) 23:59

「どうしろってんだよ、何が出来るんだよ!」

*あの夏で待ってる #10「」[ がっちの言葉戯び ]
2012/03/15(Thu) 00:13

「 三国志12」がまたまた発売延期になりました。 次は4月20日だそうです。 まぁPCゲームなんて、むしろ延期しない方が不思議じゃないか程度のノリなので、別に。 流石に言いすぎですが、実際延期な...

*あの夏で待ってる 第10話 『先輩と僕らの。』[ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2012/03/15(Thu) 05:10

いいよな~お前等は幸せでよ~~~。なんてイヤミの一つも言いたくなるほどラブラブ、イチャイチャっぷりの激しい二人。影で友達が三人泣いてるんですが。ただ海人の気持ちは終始一貫してるし、キチっと告白もしてる。基本モテモテなのに本命には何も言えずにいる哲朗より...

*あの夏で待ってる  ♯10[ 烏飛兎走 ]
2012/03/15(Thu) 21:31

「・・・これは私からのプレゼントよ。」 遠慮なく頂きます。 '`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

*あの夏で待ってる 第10話「先輩と僕らの。」・・・最後の最後でイチカのお姉ちゃんが飛んで来ちゃいました[ ボヘミアンな京都住まい ]
2012/03/16(Fri) 21:26

これはあれですね、視聴者が壁を殴る代わりに自らの右足を犠牲にして柵を蹴ってくれたんですね(違)。 ・・・ってそうですね、キスまでしちゃったら次はコレ・・・って檸檬さんプレゼントと称してナニ渡してるんですか!(爆) 一方、こちら側はそれぞれなりに気持ちに区...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ