2012
02
10

ブラック★ロックシューター 第2話 「夜明けを抱く空」 感想

BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2

歩みは少しずつ、ということなのかな。

BLACK★ROCK SHOOTER (ブラック★ロックシューター) TVA 第二話 「夜明けを抱く空」

小鳥遊ヨミと出灰カガリの関係はおおよそ前回で感じた通りのようで、今回はそこからマトの想いと叫びがヨミに自分の間違いに気付かせ、ヨミが前を向くことができたお話でした。
助けを求めながらもブラック★ロックシューターを拒絶していたデッドマスターが最後に心を取り戻して囚われていた鎖を引き千切ったのが分かりやすくてなかなか熱かったです。


BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2

カガリに嫌われるのは怖い、でもヨミと仲良くなりたい。ヨミに突き放されても傷付いてもまだヨミと向き合おうとするマトはわりと強い子でしたね。あるいは友だちのために頑張ったんだ。

だけどどうなのだろう? 首をはねられたチャリオットとどこか人が変わってしまったようなカガリの姿。カガリは微笑んだけれど、どこか違う、何かを無くしてしまった感じが…。
そもそもまだカガリは何も救ってもらっていませんよね。マトはヨミのために行動したけれど、カガリのことを、何が正しいか間違っているかではなくてその前の、本当に抱えている気持ちまで考えてあげられたのでしょうか。ヨミの言葉はカガリに届いていたのでしょうか。

ヨミは間違いに気付けた、でも経緯はどうであってもカガリにとってはもはやヨミがそばにいることがすべてで、いっしょに歩き出そうと言われてもそんなに簡単に心が受け入れるとは思えませんでした。いまのカガリには歩き出す足も勇気も心もないのだから。少しずつ沈んでいった心の闇は深く根を下ろしているはずで、ヨミはちょっと急ぎ過ぎたような気がしますよ。

でもマトやヨミが悪いのではなくて、こういったことも経験して、そしてみんなでまた前へ歩いていけばいいのですよね。たまには間違ったことをするけれど、大切なのはその先をどう進んでいくのか、ということ。
ここから今度はヨミとマトがカガリを鎖から解き放つのでしょうか。カガリの足には異常はないからたぶん精神的なもので、カガリが前を向けたらそのときはきっと歩けるようになるはず。
今後の少女たちの頑張りと成長に期待です。


BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2

色の話で、祭りでマトがヨミを待つ描写がちょっと印象に残りました。
最初に見上げた空の澄んだ青、それから夕日のオレンジ、そして紫。色というよりも情景のイメージかな。マトの気持ちと重なっているようでした。ヨミと一緒に遊ぶお祭りを想像して期待して、いつまで待っても来ないことに寂しくなってきて、最後にはほうっておかれた現実を突き付けられて。
「ごめんなさい」という返信があって、そのときに携帯電話のディスプレイに写り込んだ花火がまた切ないのです。キレイな花火なのだけれど、それはガラスに反射した別の世界で、ヨミと過ごすはずの楽しい時間は虚構の世界だったのですよね。見上げる花火の華やかさと落ち込むマトの対比がとても切なかったです。
マトはここからよく頑張った。



BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2
BLACK★ROCK SHOOTER TVA #2

ところで虚の世界とのリンクや"誰かが代わりに痛みを引き受けてくれる"ということには直接的な意味はないと思っているのだけれど、どうなのでしょうね。裏世界に物語性を感じないこともないのですが。

虚の世界の時系列が入れ替わることはあっても、そのバトルの決着がこちらの世界の人間関係を変えることはたぶんないように思うのです。少女たちが傷付きながら成長して、答えを見つけたとき、あるいは失敗したときに、そのときはじめてバトルに決着が付くと思っています。
バトルは視覚や心情的に訴える演出でもあり、同時にある意味この作品の中でこのキャラクターたちを動かすための設定かな、と。

先生が言う「傷付くのは本当のあなたじゃない」というのも、受けた傷や現状を望まないのなら、立ち向かって努力して状況を変えて、本当に大切だと思うことを望みなさい、変えなさい、というようなことだと思いました。心の持ち方、捉え方の話なのかなぁ、と。
伝えたい気持ちが夢で通じるのもそういう想いや出来事があるというだけで。
簡単に言うとあれですよ、自分の気持ちを信じればいい。いま見えているものではなくて、心で感じた大切なものを胸に前へ歩き出して。きっと正解はそこにあるから、みたいな。

…そんな妄想をしたのだけど、じゃあブラックゴールドソーは?と訊かれると言葉をごにょごにょしてしまいますけれど。マトを導いたようにも見える納野サヤ先生にも何かあるような気もします。



関連する記事

BLACK★ROCK SHOOTER (ブラック★ロックシューター) OVA 感想

ブラック★ロックシューター TVA カテゴリの記事

ブラック★ロックシューター 第1話 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 感想
ブラック★ロックシューター 第2話 「夜明けを抱く空」 感想
ブラック★ロックシューター 第3話 「こらえた涙があふれそうなの」 感想
ブラック★ロックシューター 第4話 「いつか夢見た世界が閉じる」 感想
ブラック★ロックシューター 第5話 「ブラック★ロックシューター」 感想
ブラック★ロックシューター 第6話 「あるはずもないあの時の希望」 感想
ブラック★ロックシューター 第7話 「闇を駆ける星に願いを」 感想
ブラック★ロックシューター 第8話 「世界を超えて」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ブラック★ロックシューター 第二話 夜明けを抱く空[ つれづれ ]
2012/02/10(Fri) 20:57

 カガリはやはり怖いです。

*ブラック★ロックシューター 第二話「夜明けを抱く空」 感想![ もす! ]
2012/02/10(Fri) 23:30

夜明けは来たのだろうか?

*ブラック★ロックシューター 第2話 「夜明けを抱く空」 感想[ crystal cage ]
2012/02/10(Fri) 23:45

壁を取り払って。 ブラック★ロックシューター 第2話 感想です。

*ブラック★ロックシューター #02 「夜明けを抱く空」[ ゆる本 blog ]
2012/02/10(Fri) 23:48

ちょっと控えめな女の子、ヨミとの出会いから始まった、「ブラック★ロックシューター」。 縁日でヨミを待つマト、しかしヨミが来ることはなかった。 カガリに半ば軟禁されていたヨミ、「行きたかった」と...

*ブラック★ロックシューター 第2話「夜明けを抱く空」[ SERA@らくblog ]
2012/02/11(Sat) 01:22

親しい人同士の夢は 奥の奥で繋がってる――。 マトは ヨミがお祭りに来るのを待っていましたが、 ごめんってメールをして来てくれず…。 マトもさすがに ヨミに当たってしまいますね。 ▼ ブラック★ロ...

*(アニメ感想) ブラック★ロックシューター 第2話 「夜明けを抱く空」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2012/02/11(Sat) 01:57

ブラック★ロックシューター 1000ピース デッドマスター 1000-163(2010/10/02)エンスカイ商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪...

*ブラック★ロックシューター 第2話「夜明けを抱く空」[ 破滅の闇日記 ]
2012/02/11(Sat) 07:09

ブラック★ロックシューター 1000ピース デッドマスター 1000-163(2010/10/02)エンスカイ商品詳細を見る  何だかよく分からない展開でしたけど、病んでる要素に注目すると楽しめたりします。ジャンルは厨二+...

*ブラック★ロックシューター 2話「黒衣マトと小鳥遊ヨミと出灰カガリの物理的・精神的距離感に注目」(感想)[ 失われた何か ]
2012/02/11(Sat) 08:39

カガリとヨミの二人の 誰も立ち入れない世界を変えたのがマト。 ヨミの心を開こうとしています! 今回も人間関係のバトルと BRSの物理的バトルのバトル尽くしです! CGの使い方がとても気になる作品です。  

*ブラック★ロックシューター 第2話[ あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w ]
2012/02/11(Sat) 10:10

「夜明けを抱く空」 ヨミが悲しくないように 掘ってあげる♪ 本当の友達ならば友達を傷つける事なんてしない、ましてや体に傷を負わせるなんてありえないです(`Д´) アメブロから削除されてしまったので ミラーブログの方へ飛ばしますw 続きを閲?...

*2012年01クール 新作アニメ ブラック★ロックシューター 第02話 雑感[ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]
2012/02/16(Thu) 01:49

[ブラック★ロックシューター] ブログ村キーワード ブラック★ロックシューター 第02話 「夜明けを抱く空」 感想 #BlackRockShooter2012 #ep02 ■概要 元々はhukeが2007年12月26日にpixivや自身の...

*ブラック★ロックシューター フジ(2/09)#02[ ぬる~くまったりと ]
2012/02/16(Thu) 11:43

第2話 夜明けを抱く空 公式サイトから マトは半ば強引にヨミをお祭りに誘ったが、約束の場所にヨミは現れなかった。一言「ごめんなさい」とだけメールを残して・・・。次の日、マトはヨミの家を 訪ねる。窓からマトが訪ねてきたのを目にしたヨミ、思わず部屋を飛び出そ?...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ