2012
02
08

夏目友人帳 肆 第6話 「硝子のむこう」 感想

夏目友人帳 肆 #06

わりとコメディ回だったけれど、今週も思ったことを書き殴り。

貴志が小瓶に閉じ込められて妖に奉納されそうになったお話。前編で、全体的にコメディ色が強かったです。

夏目友人帳 肆 #06
夏目友人帳 肆 #06
夏目友人帳 肆 #06

貴志の姿になったニャンコ先生が引き起こす面倒事が観ていて楽しかった。
ニャンコ先生は自由に振舞いすぎ。塔子さんカワイイ。偽貴志に迫られて赤くなる委員長が可愛い。もうずっと多軌に押されているけどね(汗)。貴志が委員長に言い訳する後日談はあるのでしょうか。見たい。

とにかく楽しかった、だけどそれだけで『夏目友人帳』が終わる訳もなくて。
貴志が友人と自分との関係や距離をあらためて見つめ直すことになるのが今回のエピソードなのかなと思いました。ちなみに貴志にとっては妖もある意味人と変わらない"友人"なのですよね。これまでも語られてきたように。

妖が見え、ときには妖に狙われる貴志が、これから先どうやって、どんなふうに友人たちと付き合っていくのか。でもほとんど答えは出ているのですよね。貴志はいまの幸せで温かな時間を失うのが怖いのです。失うのが怖いと思うほどに貴志は友人という大切なものを手に入れているのです。
だけど人には妖が見えないから、貴志が自分のことを理解してもらうことがむつかしい。そこでまずは田沼なのでしょうか。田沼は貴志や妖のこと、ニャンコ先生のことを知っていますから。

貴志は田沼を巻き込んでしまうことが嫌でした。でも田沼はそんなことは関係なく、ただ友だちだから、貴志を助けたいと思った。逆の立場なら貴志だってそうすることを知っています。
だから貴志も同じようにもう少し深く踏み込んでみればいいのです。自分のせいで友人が傷付くのは誰だって見たくない、でも見たくないから遠慮したり微妙に距離を取ったままなのは本当の友人なのでしょうか、そのことに気付くべきなんだと思います。第3期でも同じようなことがあった気もしますけれど。


夏目友人帳 肆 #06

その橋渡しがニャンコ先生でした。きっとニャンコ先生は分かっていて、田沼を信用もしていて、最初から田沼に事情をバラすつもりだったはずです。
こうして田沼もニャンコ先生と一緒に鬼猿面の妖怪を探すことになりました。友人のその思いの意味を、貴志は閉じ込められた硝子のビンの中から見て、感じることになると思います。あるいは貴志が友人との間に作っているものがガラスなのかな。お互いに相手の姿は見えるけれど、手を伸ばしても決して触れられない壁。…そんなものは本当の友人とのあいだには要りませんよね。

そして人とも妖とも仲良くなれる貴志なら、その貴志だけの立場で何か出来ることもあるはず。それを見つけていけばいいと思います。

まずは妖に理解のある友人から。そのあとはたぶん時間がかかるだろうけれど、妖のことを知らない友人とも。とても大切に思っている彼らと本当の意味での友人になれる日が、いつかきっと来ますよね、貴志くん。そしてそのあとには"家族"とも…



関連する記事
続 夏目友人帳 感想

「夏目友人帳 肆」カテゴリの記事
夏目友人帳 肆 第04話 「代答」 感想
夏目友人帳 肆 第05話 「過ぎし日の君に」 感想
夏目友人帳 肆 第06話 「硝子のむこう」 感想
夏目友人帳 肆 第07話 「人と妖の間で」 感想
夏目友人帳 肆 第08話 「惑いし頃に」 感想
夏目友人帳 肆 第09話 「月分祭」 感想
夏目友人帳 肆 第10話 「祀られた神様」 感想
夏目友人帳 肆 第11話 「一枚の写真」 感想
夏目友人帳 肆 第12話 「記憶の扉」 感想
夏目友人帳 肆 第13話 「遠き家路」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*夏目友人帳 肆 第6話 「硝子のむこう」 感想[ crystal cage ]
2012/02/08(Wed) 01:25

それはほんの少しの力で割れてしまいそうな硝子のようで・・・ 夏目友人帳 肆 第6話 感想です。

*夏目友人帳 肆 第六話 「硝子のむこう」[ つれづれ ]
2012/02/08(Wed) 06:29

 笹田もドキドキ。

*夏目友人帳 肆 第06話 感想[ 荒野の出来事 ]
2012/02/08(Wed) 08:18

 夏目友人帳 肆  第06話 『硝子のむこう』 感想  次のページへ

*夏目友人帳・肆 第6話「硝子のむこう」[ 破滅の闇日記 ]
2012/02/08(Wed) 09:00

夏目友人帳 150ピースミニパズル ニャンコぐらし 150-344(2011/12/25)エンスカイ商品詳細を見る  田沼に将棋を教えてもらった夏目は、友人に勝って得意満面。いい感じに明るくなっています。次回へと続く一...

*夏目友人帳 肆 第6話「硝子のむこう」[ のらりんすけっち ]
2012/02/08(Wed) 17:23

夏目型ニャンコ先生吹いたwww 女子高生以外にも変身できるじゃなイカ。 和彦さん3パターン演じ分けお疲れさまでした~ アヤカシに目をつけられちゃった夏目はビンの中に閉じ込められてしまい。 ニャ...

*夏目友人帳 肆 第6話「硝子のむこう」[ WONDER TIME ]
2012/02/08(Wed) 20:33

「自分を思ってくれる気持ちが 強ければ強いほど不安になる、いつか取り返しのつかない事になってしまうんじゃないかと――」 妖に狙われ 瓶に捕らわれてしまった夏目! 瓶から出られるまでニャンコ先生が夏...

*夏目友人帳  肆 第六話[ あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w ]
2012/02/08(Wed) 20:37

「硝子のむこう」 どうよ! どうよ! どうよぉぉぉぉ!!! 夏目に化け自画自賛?のニャンコ先生 いつもと違う、チョイ悪な夏目にワロタww  てか、ニャンコ先生調子乗りすぎ注意www 妖によって瓶に入れられてしまった夏目、ニャンコ先生でも開けれ...

*夏目友人帳 肆 第6話 硝子のむこう[ ゲーム漬け ]
2012/02/08(Wed) 21:14

友人達と祭に出かけた貴志。 妖力の強さから妖だと思われ、妖にビラを渡されそうになりますが、人間だとバレて連れ帰ろうと襲われる事に。 そこで声をかけられた事で難は逃れます ...

*夏目友人帳 肆 第06話 『硝子のむこう』[ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2012/02/09(Thu) 15:35

夏目と笹田が急接近!?アニメオリジナル展開でしょうか。何しろ笹田は原作じゃ一発キャラ、既に転校しちゃってます。アニメではヒロイン不足故か続投してますが、原作の雰囲気を壊さない為か付かず離れず。モブ以上サブキャラ未満の微妙なポジション。それだけにこういう...

*夏目友人帳 肆  第6話「硝子のむこう」[ にきログ ]
2012/02/11(Sat) 16:41

さて、今回は前後編ものですね 原作既読者による感想です その前に5話について感想を書いていなかったので少し 前半が原作、後半がオリジナルでしたが個人的には綺麗にまとまっていたと思います まぁあ...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ