ソラノヲト #13

人は夢とともに強く生きてく。『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』第13話(番外編)の感想です。

ソラノヲト #13

番外編なのだけどホントの最終回という感じで、面白くていいお話でした。
時系列では本編の後、カナタが時告げ砦に来てからちょうど1年が経つくらいで、リオに手紙を届けることになったカナタが道中でみんなに夢を聞いて回るというお話。


ソラノヲト #13

水掛け祭りを迎えた街で、カナタとリオが語る炎の乙女の伝承と夢を通して描かれたものは、いつか世界が終わるとしても、人が夢を持つ限り未来はある、だから前を向いて強く生きていけるという人の持つチカラ。最後にもう一度この作品のテーマが上手くまとめられた感じで、滅びゆく世界の中で強く生きていくカナタたちの姿に感動を覚える、いい締め方でした。いやホント、この話を最終回として放送の最後に持ってきてもいいんじゃないかなー、と。


ソラノヲト #13
ソラノヲト #13

あと最後の最後で世界の秘密がより詳しく明かされることになりました。この世界の地図とリオの話によると、カナタたちのいるところはいまの日本あたりの位置で、かなり地形が変わってる。人の住める土地はかなり少ないらしく、かつてのユーラシア大陸はほぼノーマンズランドになっていて、砂漠化はいまも広がり続けてる。航空機の技術は失われてる…ということでした。

世界観を決定付けるような話は今回のような番外編で語られるくらいでいいかもね。本編では滅びゆく世界が舞台だということが分かればよかったから。



ソラノヲト #13
ソラノヲト #13
ソラノヲト #13
ソラノヲト #13
ソラノヲト #13

カナタに語るカタチでみんなの夢を聞くことができましたが、身近なものや微笑ましいものが多くて、だからこそみんなが精一杯に生きてる、これが生きてるってことなんだと思った。


ソラノヲト #13

夢を語ったノエルとユミナがかわいかった。ノエルはかわいくていい子だから、ノエルを好きになる人はきっといるよ!(^^;


ソラノヲト #13

そしてみんな目標や夢を持って、迷ったり決断したりしながら、それぞれの自分の道を進んでいく。「リオの夢に一緒についていく」と言ったカナタもいつか自分の夢を見つけて進んでいくことをリオが分かってたのがよかった。そうだよね。人が成長して進みながら掴んでいく夢や未来は無限の可能性があるのだから。



「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」カテゴリの記事

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第01話 「響ク音・払暁ノ街」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第02話 「初陣・椅子ノ話」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第03話 「隊ノ一日・梨旺走ル」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第04話 「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第05話 「山踏ミ・世界ノ果テ」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第06話 「彼方ノ休日・髪結イ」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第08話 「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第09話 「台風一過・虚像ト実像」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 「旅立チ・初雪ノ頃」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第11話 「来訪者・燃ユル雪原」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話 「蒼穹ニ響ケ」(最終話) 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07.5話 番外編 OVA 「饗宴・砦ノ戦争」 感想
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第13話 番外編 OVA 「空の音・夢ノ彼方」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ