2011
05
18

神のみぞ知るセカイII 第6話 「10%の雨予報」 感想

神のみぞ知るセカイ S2 #6 小阪ちひろ

今回でちひろ篇が終わると思っていたら、中篇でした。

神のみぞ知るセカイII FLAG 6.0 「10%の雨予報」

神のみぞ知るセカイ S2 #6 小阪ちひろ

恋に恋する1人の少女がホントの恋に気付きはじめた、あるいはそれに近いものを感じはじめた…のでしょうか。

ちひろはこれまで、ただその男の子がカッコイイから好きになっていたように見えました。だけどちひろは協力してもらうカタチで桂馬と一緒に行動するうちに、桂馬のことを知り、仲良くなって、いつのまにか桂馬と過ごすことが楽しくなっていたみたいですね。

それを恋と呼ぶのかどうかは分からないけれど、少なくともいまのちひろには桂馬と過ごす時間が大切なものになっていて、だから「告白は明日だぞ」と桂馬から念を押されたときに寂しそうな顔をしたのかな。
告白に自信がないのかもとも思ったのだけど、それよりもちひろは桂馬と一緒にいる楽しい時間が終わってしまう…と思ってしまったのかな、と。告白作戦そっちのけで桂馬をじっと見つめている様子からもそんな感じがしたのです。ちひろの気持ちはいまは桂馬に向いていると思いました。

1カットだけ映ったタンポポはどうなのでしょ、都合良く考えすぎでしょうか。タンポポの花言葉は"飾り気のない"、"真心の愛"ですよね。

ちひろは何だかんだで桂馬と一緒にいることが楽しそうなのです。TV 番組の話は桂馬と共有できなかったけれど、そんなどうでもいいようなことでも話をすることが楽しいのですよね。
そういえばエルシィは傍目にはいがみ合ってるような桂馬とちひろを見て何度か微笑んでいましたよね。きっとエルシィはそういうふたりの仲の良さを感じ取っていたと思います。


神のみぞ知るセカイ S2 #6 小阪ちひろ

「雨も…いいもんだね、たまにはさ」というちひろのセリフが印象に残りました。それはたぶんニュースの天気予報に対してつぶやいた「雨ばっか…」と対比させたもので、ちひろの心境の変化だと思うのです。
これまでずっと雨(涙)ばかりだけど、前回の涙(振られたこと)があってちひろは今回こうやって桂馬と一緒に過ごしている、だから涙(雨)も悲しいことばかりではなくて、たまにはいいことだってある、…ということだと感じました。


ちひろはユータへ告白するのかしないのか、その結果がどうなるのかということよりも、ちひろ自身が何かを決めて行動することでちひろの心は前を向けるような、心の隙間は埋められるような、そんな気がしました。雨の中を頑張っていた歩美の姿はきっとそういうことだと思います。大事なのは結果よりもそれに向かう心や意志なのですよ、きっと。たぶん。



神のみぞ知るセカイ S2 #6 エンドカード


神のみぞ知るセカイII カテゴリの記事
神のみぞ知るセカイII 第01話 「一花繚乱」 感想
神のみぞ知るセカイII 第02話 「一拳落着」 感想
神のみぞ知るセカイII 第03話 「地区長、来たる。」 感想
神のみぞ知るセカイII 第04話 「地区長、誇りを取り戻す。」 感想
神のみぞ知るセカイII 第05話 「たどりついたらいつも雨ふり」 感想
神のみぞ知るセカイII 第06話 「10%の雨予報」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ