プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいらと天宮りずむ

この作品の妙な面白さにわたしの胸の変な動悸が止まりません。助けて! いまなら何か必殺技が使えてしまいそう!

プリティーリズム オーロラドリーム Pretty Rhythm Aurora Dream 第4話 「イースターは胸キュン体験!」

プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいらと天宮りずむ
プリティーリズム オーロラドリーム #04
プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいらと天宮りずむ

あいらとりずむの恋がスタートしたお話でした。ものすごいやっつけ気味だったけれど。

あいらは第1話でおでこ CHU イヴェントがあったからまだ少しは緩和された気もしますが、りずむのほうの取ってつけたような胸キュンはいったい何デスカ(笑)。
だけどりずむは顔を真っ赤にして湯気まで出すほど純情可愛いのに、かなり前向きに方向転換出来るんですね。そこはりずむらしいかな。あいらもあいらで戸惑ったように胸のトキメキに無理やり違う理由を見つけようとするのがカワイイです。
そうか、結局ふたりとも可愛いんだ。

恋愛パートは正直いろんな意味で心配ではあるけど、たぶんどうあってもどこかぶっとんだコメディの範疇に収まる予感がするのできっとだいじょうぶ、楽しく観れると思います。リアリティや生々しさの欠片もありませんから。ぎゃふん。



プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいら

"プリズムジャンプは心の飛躍、心のトキメキはジャンプのキラメキ。"
何かが掴めたような気がします。言葉の通りに心が大事なんですね。コーディネイトだけではなく恋のトキメキだってプリズムジャンプのチカラになるんだ。

それにしてもマネージャーはホント毎回笑わせてくれるセリフを吐きますね。面白すぎます。純さんの「青春…ですね」にはホント笑いました。こんなのもう狙っているとしか思えません。

今回はあいらが壁を1つ乗り越えるお話でもありました。運動がダメな自分がプリズムショーに出ることに自信がなくて悩んだけれど、自分のチカラを認めてくれるショウに自信をもらい、あいらは踊ることが出来ました。…これがイケメンのチカラですネ。



今週はふたりでデュエットダンス。ふたり揃って並んでちゃんと踊るのはこれがはじめてです。何だかいい感じ。そのうち身体を組んだりするデュエットもあるのかな。観たいです。

プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいらと天宮りずむ
プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいらと天宮りずむ
プリティーリズム オーロラドリーム #04 天宮りずむ
プリティーリズム オーロラドリーム #04 天宮りずむ
プリティーリズム オーロラドリーム #04


胸キュンあいらの新ジャンプキタ━━(゚∀゚)━━!!!

プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいら
プリティーリズム オーロラドリーム #04
プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいら
プリティーリズム オーロラドリーム #04
プリティーリズム オーロラドリーム #04
プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいら
プリティーリズム オーロラドリーム #04
プリティーリズム オーロラドリーム #04 春音あいら

胸からハートのカタチの何かが飛び出すし、スケーティングの軌跡がハート型になってるし、パニエ(アンダースカート?)がパンチラのようにフトモモの奥にチラリとしちゃって、もういろいろと大変デス!

ダンスシーンはやっぱり可愛くて好きだし何回も観てしまうなぁ。3DCG のあいらもりずむもカワイイ。



プリティーリズム オーロラドリーム #04

ラビチとベアチの幸せを運ぶイースターバニーはもっと大変です。こんなに大量に作っちゃって、これ売れるのかなぁ?( ̄▽ ̄;) なんてことは思ってても言わないのがお約束ですか。



「プリティーリズム オーロラドリーム」カテゴリの記事
プリティーリズム オーロラドリーム 第01話 「スタア誕生!」 感想
プリティーリズム オーロラドリーム 第02話 「りずむ、心のジャンプ!」 感想
プリティーリズム オーロラドリーム 第03話 「これがコーチ!? ラビチとベアチ」 感想
プリティーリズム オーロラドリーム 第04話 「イースターは胸キュン体験!」 感想
プリティーリズム オーロラドリーム 第05話 「パパにはナイショでファッションショー」 感想
プリティーリズム オーロラドリーム 第06話 「プリズムの輝きはいつもここに」 感想
プリティーリズム オーロラドリーム 第07話 「絶交!? あいらとりずむの大ゲンカ」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ