2011
04
14

神のみぞ知るセカイII 第1話 「一花繚乱」 感想

神のみぞ知るセカイ S2 #1 楠

原作は未読で、アニメ版の第1期は視聴済みです。

神のみぞ知るセカイII FLAG 1.0 「一花繚乱」

"好き、だけど届かないから、遠ざけたいから、憎しみへと変わる。"

憎悪はときに愛情の裏返し。人がいる限り普遍なテーマだと思えます。つい最近でも可愛いモノ好きの気持ちを素直に出せない武道家の女の子がいた作品がありましたが、そんなことは関係なくて、昔からわりとよく描かれるテーマですよね。それにこの『神のみぞ知るセカイ』という作品では、物語の転換期が来ない限り、とにかくキャラに萌えつつお話を楽しめばいいかなと思います。


神のみぞ知るセカイ S2 #1 楠

その通りの女の子が最初のエピソードから登場しました。
楠 「可愛いものが多すぎる…」
いやいや あなたのほうが何倍も可愛い です。胸に押し込めた可愛いもの好きな気持ちがいまにも飛び出しそうで、それをガマンして、でも耐え切れずにちょっと弱気になった、そんな心の揺れが見えるようにトーンの少し変わった口調もとってもとっても可愛かったです。


神のみぞ知るセカイ S2 #1
神のみぞ知るセカイ S2 #1
神のみぞ知るセカイ S2 #1 楠

楠はデートの流れになると心から反対が出来ず押し切られ、当日は作戦だと自分に言い聞かせつつフリルの可愛いミニワンピース。ピンク色がちょっと記号的だけど、これはカワイイな。何よりもフトモモですよ、フトモモ。

望んでいたホントの自分の姿になれた楠がこれからはじけるかもしれない来週のお話が楽しみですね。ニヤニヤと、攻略的にちょっとキビシイ展開の両方が待っているはずなので。



神のみぞ知るセカイ S2 #1

桂馬が弟子入りのときに心意気を見せたシーンに笑いました。武道 vs 萌えの対決も絵も BGM もシュール。一芸に秀でている者はすごいなぁ(棒読み)。
でも、笑えたけれど、たしかにそういう信念のカタチみたいなものは大切かもしれないと思ったりしました。ギャルゲーはともかくとして、ね。



神のみぞ知るセカイ S2 #1 エンドカード (640x360)


神のみぞ知るセカイII カテゴリの記事
神のみぞ知るセカイII 第01話 「一花繚乱」 感想
神のみぞ知るセカイII 第02話 「一拳落着」 感想
神のみぞ知るセカイII 第03話 「地区長、来たる。」 感想
神のみぞ知るセカイII 第04話 「地区長、誇りを取り戻す。」 感想
神のみぞ知るセカイII 第05話 「たどりついたらいつも雨ふり」 感想
神のみぞ知るセカイII 第06話 「10%の雨予報」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*神のみぞ知るセカイII FLAG 1.0 「一花繚乱」[ つれづれ ]
2011/04/14(Thu) 21:58

 猫、大ピンチ。

*神のみぞ知るセカイII 第1話「一花繚乱」[ 空色きゃんでぃ ]
2011/04/14(Thu) 23:01

相変わらずエルシィかわいい(*´ω`*) 赤くなる神兄さまもかわいい♪ 怖いお兄さんをパセリ呼ばわりする姿はカッコイイ、と思ったら瞬殺w リアルではダメ兄さまだった(ノ∀`*) リアルもゲームみたいに簡...

*神のみぞ知るセカイII 第1話 「一花繚乱」[ SERA@らくblog ]
2011/04/14(Thu) 23:44

桂馬が不良にからまれれるの『助けて』くれた凛々しい春日楠♪ 助けられるって出会いフラグが桂馬らしいですねw 情けない桂馬を軟弱と叱る楠さんが、今回の攻略対象でした。 まさか攻略方は、『戦う』なの...

*神のみぞ知るセカイII FLAG 1.0『一花繚乱』 感想[ てるてる天使 ]
2011/04/15(Fri) 10:21

やりたいこととやるべきことが一致しない。

*神のみぞ知るセカイII FLAG 1.0『一花繚乱』[ 本隆侍照久の館 ]
2011/04/15(Fri) 10:30

ふっかつのじゅもん。 かみの みぞし るせかい 桂馬たちの世界が再び始まる。

*神のみぞ知るセカイII 第1話 「一花繚乱」 感想[ wendyの旅路 ]
2011/04/15(Fri) 20:32

強さと弱さ―

*(感想)神のみぞ知るセカイ? 第1話「一花繚乱」[ aniパンダの部屋 ]
2011/04/17(Sun) 19:06

(感想)神のみぞ知るセカイ? FLAG 1.0「一花繚乱」 1期の頃と何ら変わらず良さをそのままに、落とし神とエルシィ活動開始☆w 最初のヒロインは・・・堅物格闘家!?でもその子、心のなかにはとっても女の子が・・・

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ