2011
03
17

ダンボール戦機 第3話 「降臨 地獄の破壊神」 感想

ダンボール戦機 #3

我王砲(ガオーキャノン)はオモチャの範囲を超えていると思ったけど毎回のことなのでグッと呑み込みました。

山野博士 「新たなテクノロジーに携わる者こそ、人間の良心を忘れてはならない」

兵器自体は悪ではないという言葉もありますね。科学技術は人間の使い方しだいでその善悪が変わるという考え方。
AX-00 に積まれたモノがほかに類を見ない、世界を左右するほどのテクノロジーで、科学者が生み出す本来は中立であるはずのその技術を悪用しようとする者とそうでない者が対立する、それがこの作品の世界観の1つ。その策謀の渦にバンが巻き込まれました。


物語としては LBX のバトルそのものや、バトルを通して子供たちが成長する姿が描かれるのかな。むしろ個人的にはそれを期待してますけど。

ダンボール戦機 #3

例えば今回のカズですね。カズはバンのために戦いましたが、その結果自分のウォーリアを破壊されて失ってしまいました。
「あんなバトル、やんなきゃよかったぜ」。たしかにそうかもしれないけど、でも友だちのために戦ったことは無駄だったのでしょうか? LBX を失うこと以上に何か大切なことがあったのでは? ということにカズが気付いてくれればいいなと思いました。
カズが再び自分の LBX を手にすることは見えてますが(よく見ると OP 映像でハンターと一緒に紹介されてます/汗)、大事なのはそういう心の部分だと思いました。



ダンボール戦機 #3
ダンボール戦機 #3
ダンボール戦機 #3

バンチーム VS 郷田ハンゾウのバトルは郷田がアキレスを持っていた背景、バンがアキレスを手に入れたこと、カズの LBX が破壊されたこと、がポイントかな。
破壊王が強くて、バトルはよく動いていたし、クノイチを囮にする連係プレイもあったのだけど、結局アキレスを装着した AX-00 の強さがものを言っただけのような気がしてしまったので(汗)。だって我王砲があっても斬りかかることは出来たのだし。

ダンボール戦機 #3

むしろ状況を把握して作戦を立て、「冷静になれ」とバンにアドバイスしたり、相手 LBX の弱点を見抜く目を持つカズの有能さが印象的かも(^^;
ま、バンの成長はきっとこれからですよね。


次回、第4話は「呪われた黄金の騎士」。
今週は2話連続放送です。第4話の感想はあとで観てから書きます。



ダンボール戦機 カテゴリの記事

ダンボール戦機 第01話 「小さなマシンとの出会い」 感想
ダンボール戦機 第02話 「奪われたアキレス」 感想
ダンボール戦機 第03話 「降臨 地獄の破壊神」 感想
ダンボール戦機 第04話 「呪われた黄金の騎士」 感想
ダンボール戦機 第05話 「闇の暗殺者」 感想
ダンボール戦機 第06話 「対決 狙撃手 VS 狙撃手」 感想
ダンボール戦機 第07話 「その名はイノベーター」 感想
ダンボール戦機 第08話 「大迷宮エンジェルスター」 感想
ダンボール戦機 第09話 「鋼鉄の怪物イジテウス」 感想
ダンボール戦機 第10話 「謎の転校生 海道ジン」 感想
ダンボール戦機 第11話 「箱の中の魔術師」 感想
ダンボール戦機 第12話 「闇の戦場 アングラビシダス」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ