2011
03
11

君に届け 2ND SEASON 第9話 「告白」 感想

君に届け 2ND SEASON #9

言葉で届けられる想い、言葉では届けられない想い。
第2期がはじまってからここまでずっとじらされてきましたが、ようやくですよ。・゚・(ノД`)・゚・

君に届け 2ND SEASON episode.9 「告白」

君に届け 2ND SEASON #9

あぁ良かった。爽子がついに風早に想いを伝えられたことが嬉しいです。爽子はすごく頑張った。涙の告白に胸がグッときました。でも完全な Happy End にはまだちょっとだけ遠そうなことにも安心しました(^^;

両想いの2人なのだけど、向き合えなくて、すれ違って、誤解して、少しどこかで逃げていて、教室と廊下でお互いに扉を挟んだ立ち位置がそのまま2人の心だったのですよね。
もちろん扉越しだから爽子が気持ちを言えたというのもあるのだけど、この触れるほど近いのに扉を隔てているという描写が、そのまま2人の心の距離感だったと思います。

だけど風早は諦めていなかったし、爽子も勇気を出して必死に伝えました。
感謝も想いもぜんぶ風早にぶつけて、だけどそれではぜんぶ伝えきれないなんて爽子は言ったけれど、そんな爽子のもどかしい気持ちも含めて「好き」という言葉で想いは確かに伝わりました。
爽子が勇気を出してちゃんと言えました。よく頑張った。それが風早に届いたから扉が開き、言葉では伝えられない想いは抱きしめることでつながって、2人の心の距離が埋められたと思うのです。

風早が爽子を引き寄せて抱きしめるシーンも、ちょっとした爽子の手の動きも、とても良かったです。
風早が「正面から見れてなかった」のは爽子の顔と心の両方だと思いました。でももうだいじょうぶ。

…いちばんいいところで邪魔されちゃったけどな!(# ̄▽ ̄;)

何だか2人の想いはとくに爽子のほうで通じたようでまだ通じてない、まだ完全にくっつくには少し時間がかかるようだけど、ようやく2人の恋が恋として本格的にはじまったような気がします。リアルだとこのあたりの頃がいちばんドキドキ出来て濃い時間かなと思いますよ。大切にしてくださいね。



今週の爽子はいつも以上に可愛かったです。

君に届け 2ND SEASON #9
君に届け 2ND SEASON #9




――したごころがあってもいいじゃないか。にんげんだもの。  (ぴんを)

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ