インフィニットストラトス #8

ここまでの感想は書いてませんが、『IS』第8話の感想です。

IS <インフィニットストラトス> 第8話 「ファインド アウト マイ マインド」

インフィニットストラトス #8
インフィニットストラトス #8
インフィニットストラトス #8 ED

一夏がまた女の子を攻略。難関に思えたラウラ・ボーデヴィッヒも堕としました。そして ED 映像にラウラを追加。さぁ次は誰だ。…という楽しみ方も出来るアニメです。

内容はともかくハーレムはこうあるべきというようなストレートな設定と作風は観ていて楽しい。じっとりと重いシナリオもキライではないのだけど。『IS』の場合は終盤でシリアス展開になっても雰囲気はこれまでとそんなに変わらないような気もします。

そういえば作中やサブタイトルに"セカンド幼なじみ"という言葉がありましたが、何だか作者さん(スタッフ?)の開き直りとセンスを感じました。



今回は 2 対 2 で行われるトーナメント戦でラウラの機体に積まれていた VT システム(ヴァルキリートレースシステム)が暴走、これを一夏が体を張って止めてラウラのハートをキュンとさせた、というお話。

一夏のせいで千冬が弱くなるのではなくて、一夏がいるから千冬は強くなれることにラウラが気付きました。そしてそれは一夏の強さも同じ。誰かを守ろうとするから強さが生まれるというのは熱いテーマですよね。
千冬の言葉は「わたしを追いかけてないでお前は自分の進む道を見つけろ」とラウラに言っているのでしょうか。重い過去を背負っているラウラだったけど、きっとラウラなら誰かに依存しない本当の自分を見つけられるというメッセージだと思いました。

憎悪は愛情の裏返しと言えないこともなく…。ラウラの一夏への態度の変わり様がスゴかった。まさか「俺の嫁」発言まで飛び出すとは( ̄▽ ̄;)


インフィニットストラトス #8

ラウラが一夏にキスしたときの箒の表情がツボでした。
箒って性格上、いちばん損な役回りですよね。素直になれないから愛情が暴力に変わる、そこが楽しいのだけど不憫な子。あ、鈴音も箒に似てるかも。


インフィニットストラトス #8

ヒロインの中ではセシリア・オルコットが好きです。セシリアのちょっぴりおバカっぽいところに癒されます。今週は出番が少なめで残念でした。



「IS インフィニットストラトス」カテゴリの記事

IS <インフィニットストラトス> 第08話 「ファインド アウト マイ マインド」 感想
IS <インフィニットストラトス> 第09話 「海に着いたら十一時! (オーシャンズ イレブン)」 感想
IS <インフィニットストラトス> 第10話 「その境界線の上に立ち (シン レッド ライン)」 感想
IS <インフィニットストラトス> 第11話 「ゲット レディ」 感想
IS <インフィニットストラトス> 第12話 「君の名は (ユア ネーム イズ)」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ