ジュエルペット てぃんくる☆ #47

想像以上にアルマが様変わりしちゃっててドッキ☆ドキ。

ジュエルペット てぃんくる☆ 第47話 「謎の少女にドッキ☆ドキ!」

アルマは変装してグランプリに出場してるのかなと思ってたら、バッデストからいくつか禁呪を取り込んだせいで様子が変わり、心もどんどん冷たくなっているのでした。
何となく軽く考えていたので事実を知ってちょっぴり衝撃。でもそのぶんだけ今後の展開が楽しみになるというものです。


ジュエルペット てぃんくる☆ #47

ルビーの叫びにグッときました。

ルビー 「パートナーのダイアナがアルマを止めなくちゃ。パートナーを幸せにするのがジュエルペットなのに!」

レアレア(人間)とジュエルペットの想いや在り方をここまでたくさん見てきただけに、この言葉には重みも感じますし、共感も出来ます。そんな関係を大切にしてきたルビーが訴える台詞なので余計に。

ダイアナの気持ちが揺れたのはやはり伏線で、最後にはパートナーのダイアナこそがアルマの心の解放に重要な役割を果たすのでしょうね。それがパートナー同士の絆なのですから。きっとイイお話になってるはずで、楽しみです。
何より黒髪ロングのアルマが可愛かったので、早く彼女を救って戻してあげたい(゚∀゚)
あかりとアルマがラヴラヴするのを見たい!(゚∀゚)



ジュエルペット てぃんくる☆ #47
ジュエルペット てぃんくる☆ #47

準決勝進出をかけたレオン vs ライア(=アルマ)の試合は、ま、レオンの敗退は見えていたので(^^;

それよりもアルマの強さを印象付けた結果でした。剣術はレオンが得意としていたのに…。
勝負の内容もそうだし、アルマが見せた氷の精霊のような姿からも、彼女の圧倒的なチカラが伝わってきます。今回はそのための魔法剣を使ったガチバトルだったのでしょうね。小細工なしの戦いで、再会したアルマのより強くなった魔力と、より冷たくなった心が見えました。

復讐心に囚われたアルマを誰が止めることが出来るのでしょうか。
どこかのんびりと見ていたジュエルスターグランプリに緊迫感が出てきた気がします。さすがに最終回が近くなると違いますね。



ジュエルペット てぃんくる☆ #47

次回、第48話は「あかりとミリアでドッキ☆ドキ!」。
その前に来週はあかりとミリアのラヴラヴが見れそうです。全裸待機でドッキ☆ドキ。



「ジュエルペット てぃんくる☆」カテゴリの記事
ジュエルペット てぃんくる☆ 第21話 「どっちがどっちでドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第22話 「夏だっ!海だっ!でドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第31話 「沙羅とサフィーでドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第45話 「ラブラブ大作戦でドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第46話 「逆転また逆転でドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第47話 「謎の少女にドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第48話 「あかりとミリアでドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第49話 「沙羅のピンチにドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第50話 「最後の魔法にドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第51話 「輝く奇跡にドッキ☆ドキ!」 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 第52話 「3つの願いにドッキ☆ドキ!」(最終話) 感想
ジュエルペット てぃんくる☆ 特別篇 OVA 「ほほえみの虹にドッキ☆ドキ!」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ